wfc 株価 バフェットの買い増しによる株価上昇の光

ウェルズファーゴ ロゴ

wfc 株価 バフェットの買い増しによる株価上昇の光

ウエルズさんとファーゴさんによって設立された銀行です。

銀行ランキングの記事でウエルズファーゴを取り上げましたが、時価総額でアメリカ3位の銀行です。

大手の銀行が、商業銀行と、投資銀行を柱にしているのに対し、ウエルズファーゴは商業銀行に特化し、極めて保守的な経営を行っています。

この数年は株価は50ドル近辺でウロウロしています。

1位のJ.P.モルガンは2015年から株価が70%近くまで上昇しました。2位のBank of Americaも75%の上昇です。

ウエルズファーゴの株価がこの数年において今一つなのは、顧客に無断で口座を開設したり、クレジットカードを発行するなどの不正が原因です。

ただ、2008年付近におけるリーマンショック直前の株価と比較すると、株価は40%程度上昇しています。

PERは10.5と非常に割安です。

配当は3.78%と立派な数字です。

ウェルズファーゴの収益と今後

ウェルズファーゴの売り上げと利益を示します。

売り上げは増加していますが、利益はほぼ一定です。

利益の増加が欲しいところですね。

利益率は33%と良好です。

J.P.モルガンにおける2018年の利益は33%程度増加しており、
Bank of Americaは55%上昇しています。これが、株価増加につながっています。

以下に時価総額1位のJ.P.Morgan、2位のBank of America、3位のWells Fargoの比較を示します。

利益率は、Wells Fargoが4%ほど負けています。

ただ、配当はWells Fargoが一番出していますね。

項目J.P.MorganBank of AmericaWells Fargo
時価総額ランキング123
経常収益77,442.0066,769.0064,647.00
税引前当期利益40,764.0034,584.0028,538.00
当期利益32,474.0028,147.0022,393.00
税引き前利益率(%)37.3937.933.03
PER(倍)12.5511.3610.95
配当(%)2.791.993.78

最後にまとめとして、Wells Fargoは利益の増加がないことが予想され、 パウエル議長による業務制限命令が今年いっぱい続く見通しで、依然として厳しい状況が続く見通しです。

ただ、2019年の2月に富豪のウォーレンバフェット率いるバークシャーハサウェイがウエルズファーゴなどの銀行株の買い増し*を公表していることから、ここは少し希望が持てるでしょう。

(*J.P.モルガン、バンクオブアメリカ、ウェルズファーゴ、USバンコープなど)