アメリカ株 ウェルズファーゴの今後の株価!

ウェルズファーゴ ロゴ

ウェルズファーゴとは

ウエルズさんとファーゴさんによって設立された銀行です。

大手の銀行が、商業銀行と、投資銀行を柱にしているのに対し、ウエルズファーゴは商業銀行に特化し、極めて保守的な経営を行っています。

時価総額でアメリカ3位の銀行です。

ウエルズファーゴのInvestor Relations

ウエルズファーゴの株価

この数年は株価は50ドル近辺でウロウロしています。

1位のJ.P.モルガンは2015年から株価が70%近くまで上昇しました。2位のBank of Americaも75%の上昇です。

ウエルズファーゴの株価がこの数年において今一つなのは、顧客に無断で口座を開設したり、クレジットカードを発行するなどの不正が原因です。

ただ、2008年付近におけるリーマンショック直前の株価と比較すると、株価は40%程度上昇しています。

PERは10.5と非常に割安です。

配当は1.8%です。

ウェルズファーゴの売り上げと利益

ウェルズファーゴの売り上げと利益を示します。

売り上げは増加していますが、利益はほぼ一定です。

利益の増加が欲しいところですね。

利益率は33%と良好です。

以下に時価総額1位のJ.P.Morgan、2位のBank of America、3位のWells Fargoの比較を示します。

利益率は、Wells Fargoが4%ほど負けています。

項目J.P.MorganBank of AmericaWells Fargo
時価総額ランキング123
経常収益77,442.0066,769.0064,647.00
税引前当期利益40,764.0034,584.0028,538.00
当期利益32,474.0028,147.0022,393.00
税引き前利益率(%)37.3937.933.03
PER(倍)12.5511.3610.95
配当(%)2.791.991.8

以下は収入の内訳です。

21年の4Qは約2兆円の収入です(Net interest income + Noninterest income)。

支出も大きく1.3兆円もあることが分かります(Noninterest Expense)。

mmの単位は日本円で億円です。

こちらは支出の内訳です。

人件費だけで約9000億円もあります。

ウエルズファーゴの今後と株価予想

パウエル議長による業務制限命令が解除され、業績は少しずつ上がっていくと思います。

これに従い、株価も回復していくでしょう。

おすすめのアメリカ株に関する記事は下記を参考にしてください。

マクドナルドに関する記事は下記をどうぞ。

P&Gに関する記事は下記を参考にしてください。

コカコーラに関する記事は下記をどうぞ。

ユニリーバに関する記事は下記をどうぞ。

この記事の執筆者:ユウ

投資歴20年以上。アメリカ株(米国株)をメインに投資を行っており、世の中に役に立つ情報の発信を行っている。アメリカ株、日本株、REIT、外国通貨の投資運用を経験。ボロアパート住まいから、投資額として数億円を運用するようになる。経済的自由を得ながら質素な生活を楽しみつつ、世の中のためになるしくみを構築中。

アメリカ株 個別銘柄
ユウカレッジ
タイトルとURLをコピーしました