トリアによる髭(ひげ)への効果!頻度も解説!

髭の濃さで悩んでいて、トリアの脱毛器を検討されていると思います。

今回、自宅で使えるトリアの脱毛器と髭(ひげ)への効果についてご紹介します。

また、どのくらいの頻度で使用したら良いかについても説明します。

髭(ひげ)脱毛器のメリット

自宅でひげ脱毛ができるので、好きな時に行うことができます。

このため、サロンやクリニックに行かずに済ますことができます。

ひげが薄くなるまで1週間から1か月ほどかかりますが、長い目で見ればひげを剃ったりする手間がかかりません。

メンズクリームと比較して少しお金が掛かりますが、長期的に見た場合はお得です。

ひげ脱毛の詳細なメリットは下記を参考にしてください。

髭(ひげ)脱毛器の種類は?

ひげ脱毛器の種類には光(フラッシュ)脱毛器とレーザー脱毛器の2種類があります。

基本的に両者とも脱毛原理は同じであり、毛が作られる部分にエネルギーを与えて熱破壊させます。

光(フラッシュ)脱毛器に比べてレーザー脱毛器の方が高エネルギーのため、より破壊力があります。

ネットなどで多く販売されているのは光(フラッシュ)脱毛器になります。

光脱毛器に関する記事は下記を参考にしてください。

トリアによる髭(ひげ)への効果!

男性です。ひげの脱毛のために購入しました。氷で冷やすとよいと聞き、ひやしてみたら痛みがずいぶんかるくなりました。やっていく中には、毛がそのままスルっとぬけるものもあり、早速効果でてきたのかとかんじました。よい脱毛器にめぐりあえて本当うれしいです。これからも使っていきたいと思います。

中年男性の顔をドアップで写真に出すわけにいかないので見せられないのが残念ですが口ヒゲとあごヒゲに使っています。1週間後の現段階では、完全脱毛ではなく「ヒゲがやたらと細くなった」感じです。あと驚いたのがヒゲ剃ったあとのヒドい肌荒れが無く、深剃りが出来るようになりました。人生の楽しさを知りました。

たしかに痛みはあるけど、レベル1からでも効果はあるし、髭も生えるのが減ってきている

脱毛の力は割とえげつないです。産毛程度であれば痛みはほぼなしです。が、しかし、髭の脱毛であればあまりにも痛いので、塗るタイプの麻酔クリームなどが必須かと。

髭への使用を開始して1ヶ月が経ちます。初回の使用から2週間程度で鼻下の髭の一部がポロポロと抜けて生えてこなくなりました。照射レベル4で行ったので痛みは強かったですが、効果が目に見えて分かるので引続き頑張ろうと思います。また、使用後の肌ケアを怠ると赤みがなかなか消えないので注意すべきだと感じました。

トリアの特徴と使用頻度

トリアは唯一のレーザー脱毛器です。米国FDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けています。

ダイオードレーザーを搭載しており、より効果的に髭の毛根にダメージを与えます。2週間に1度の照射頻度で3か月程度で効果を実感できます。照射レベルは5段階。価格は約4万円です。

デメリットとしては照射する面積が直径1㎝と小さく、体への照射にはあまり向いていません。体への照射も可能ですが照射面積が小さいために時間が掛かります。

トリアは、いかなる理由でも30日間返金可能なので安心です。

タイプレーザー脱毛
冷却機能無し
照射回数無制限
値段約4万円

トリアと一般的な光脱毛器との違い

以下に同価格帯の光脱毛器の違いを示します。

光脱毛では照射回数が制限されますが、レーザー脱毛のトリアでは制限なく照射が可能です。

トリアは高い強度のレーザー使っています。

より高強度のレーザー照射により、照射エネルギーを髭の毛根に吸収させることで細胞を熱破壊します。

米国FDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けており、価格も4万円と他の脱毛器と比較すると手ごろです。

30日間返金可能なので安心です。

トリアBiiTOOpus
タイプレーザー
冷却機能
照射回数無制限35万発35万発
値段約4万円約6万円約4万円

トリアの他にもあるひげ脱毛器

パナソニック 光美容器

  • 価格は約6万円。
  • コードレス のES-WH96-Sより ハイパワーなES-WP81-S がおすすめ。
  • 髭はもちろんボディーまで使えます。
  • 髭には3日に一度の照射でOK。
  • Wランプの連続発光でハイパワーなのに、肌にやさしい。

KENON

【ケノン公式

  • 価格は約7万円。
  • 高エネルギーの光で毛根にダメージを与え、髭の成長を妨ぎます。
  • 2週間に1回ピカッと光を当てるだけで、痛みがありません。
  • 髭だけでなく、体にも使えます。
  • 照射範囲は業務用クラス3.5cm×2.0cmのワイド照射
  • 出力設定は10段階から選択可能

【ケノン公式

フィリップス ルメア

  • 価格は約3万円。
  • 高エネルギーの光で毛根にダメージを与え、髭を薄くします。
  • サイズ:14×18×9.5cm
  • 本体重量:360g
  • 電源コードの長さ:1.95m

YAMAN

  • 価格は約4万円。
  • 顎や頬へのフィット感が良く、気になる部分に照射しやすい設計。
  • 5段階調整
  • パワーモード搭載
  • 15.2X7.3X5.8㎝
  • 本体重量250g

Hatsubi

  • 価格は約1万3000円
  • 髭はもちろん腕や足など全身脱毛が可能。
  • 毛のメラニンに作用して毛根を弱らせます。
  • 使いやすさを追求した人体工学設計。
  • 3.1ç㎡のちょうど良い出光面積。
  • パワー5段階調整。70万発フラッシュの長寿命。

BoSidin

  • 価格は約2万円。
  • 皮膚科医と同じIPL方式を採用。
  • 96%の人が3回目で目に見える効果を実感。
  • 照射レベル(フラッシュの強さ)が5段階から選べるます。
  • アイスケア機能搭載

まとめ

トリアにより強度の高いレーザー脱毛でヒゲ脱毛を行うことができます。

より高強度のレーザー照射により、照射エネルギーを髭の毛根に吸収させることで髭の毛根の細胞を熱破壊して脱毛させます。

米国FDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けています。

トリアは、いかなる理由でも30日間返金可能なので安心です。

下記からどうぞ。

サロンやクリニックでの髭脱毛に興味のある方は下記を参考にしてください。

永久脱毛に関する記事は下記をどうぞ。

青髭をなくす方法は下記を参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました