金融リテラシー 投資で必要な考え!

違う方向へ向かう人々

金融リテラシーを有した勝ち組!

最近、米国株においてS&P500株価指数が連日、最高値を更新しています。

私の米国株の含み益は1000万円ほどあり、マクドナルド株だけでも500万円近くあります。

金融当局が利上げを見送っており、それどころか必要なら緩和するかもしれないという立場を取り始めたためです。

S&P500とは、米国の機関投資家が株価指数として使用している主要な米国株を指します。

米国株を有している人の株は大方、S&P500に属していると思います。

私はもちろんこのような米国株に投資しており、配当金による経済的自由を得ています。

ただ、私の周りでは、米国株に投資している人はほとんどいません。

私の周りは高学歴で立派な学歴を持っている人が多く、給料も一般の人より多いと思います。

しかし、金融リテラシーの観点では、あまり深入りしていないというのが私の思うところです。

皆さんの周りの人はどうでしょうか?

おそらく、同様に米国株に投資している人は、ほとんどいないのではないでしょうか?

ましてや、このサイトで繰り返し述べている消費者独占力を有した企業への投資を理解している人はほとんどいないと思います。

この文章を読まれている方は、おそらく米国株で経済的自立を目指しているか、あるいは現在、一生懸命もがきながら米国株に関して勉強している方だと思います。

私は、この文章を読んでいる人は、ほぼ勝ち組に属していると思います。

現在、米国株への投資を検討している人も、今後の活動次第で勝ち組に入ると思います。

金融リテラシーに関して絶えず勉強を継続し、他人がどう考えようとも自分の確固たる意思を持ち、自信を持って米国株への投資活動を続けることが重要です。

金融リテラシーの重要性

真の資産とは何かを考えてみましょう。

S&P500に投資している人はすでにその答えは分かっていると思います。

真の資産とは、自分のポケットにお金を入れてくれる物です。

それを実現する物とは、みんなが必要とするサービス、商品を永続的に提供する企業です。

つまり真の資産とは、 みんなが必要とするサービス、商品を永続的に提供する企業なのです。

そのような企業は消費者独占力を有していると言えます。

仮想通貨はどうでしょう?

通貨はあくまで等価交換のため手段です。

では不動産投資や太陽光発電はどうでしょうか?

これらも、一等地などの一部を除き、資産価値の低下から免れることはできません。

ブランド力を維持することはほとんどできないでしょう。

つまり仮想通貨、不動産投資、太陽光発電は、真の資産と呼ぶには非常に困難です。

このように金融リテラシーの基本、概念を正確に把握することは非常に重要ですが、みなさんの周りでこのような概念を知っている人は限られると思います。

米国株、S&P500に投資している方は、勝ち組という自信を持っていいと思います。

私は今後も米国株へ投資を継続していきます。^^)