ストレスによる体調不良 症状と解消について 仕事を辞めても問題ありません。

今現在、ストレスで体調不良でぐったりしていて転職したいと考えているかと思います。

私も会社生活で多くのストレスを受けてきました。

今回、私の経験を元にストレスによる体調不良や解消方法、そして退職についてお話します。

ストレスの原因

会社生活におけるストレスの原因を少し挙げてみます。

おそらくこのストレスのどれかに当てはまっていると思います。

実際私が経験した内容です。

いずれも自分が対応することがほぼ不可能な内容で、本当にしんどいと思います。

  • 上司のパワハラ
  • 期限の迫った仕事
  • 異常に多い仕事
  • 自分が対応するのが困難な仕事
  • 気の合わない同僚

自分の体は本当に素直で以上のようなストレスを受けると必ず反応を起こします。

以下に自分の体の注意すべき6つの体調不良について挙げてみます。

この兆候も実際に私が経験した内容です。

これらの症状と解消案についてご紹介します。

  • めまいが起こり、気持ち悪くなる。
  • 胸が苦しくなる。
  • 何もやる気が起こらなく、家でぐったりしてしまう。
  • 寝る前に神経が興奮したような状態になり眠れなくなる。
  • 命を絶つことを考えるようになる。
  • 胃炎と吐き気

めまいが起こり、気持ち悪くなる。

このめまいは、深夜まで働きすぎた場合に発生するようになりました。

目の前の景色がワイパーのように動くのです。

さらに気持ち悪くなり、吐き気が生じます。

私は朝起きた時にめまいがして、起き上がれなくなりました。

吐き気もし始めたため、救急車を自分で呼んで病院まで行ったことがあります。

2日ほど入院しました。

その間もめまいで起き上がることができなく、トイレに行くのも大変でした。

それから寝るのは12時を超えないようにしています。

そうすることでめまいの発生はだいぶ無くなりました。

めまいの理由と解消策
  • 理由:深夜まで働く
  • 解消策:仕事を早めに切り上げて12時前には寝る。

胸が苦しくなる

私は上司のパワハラなどがあった場合、胸が苦しくなる経験がありました。

物理的に痛いのではないのですが、胸がしめつけられるような痛みです。

この会社にいることが困難だと感じたからだと思います。

パワハラを回避する方法は、その上司の上司に相談して職場を変えてもらうのが一番だと思います。

もし職場を変えてもらうことができない場合は転職することも検討した方がいいでしょう。

実際私は、このころ対応していた仕事が本当に社会に役に立つのか疑問をもっていあたため、転職することで回避することができました。

胸の苦しくなる理由と解消策
  • 理由:上司のパワハラで会社にいることが困難と感じたため。
  • 解消策:転職する。

転職エージェントに登録しておくと自分にあった転職先を教えてくれます。

詳細は下記をどうぞ。

体がぐったりしている

自分の対応できる以上の仕事が生じた場合に、起き上がれないほどぐったりした経験があります。

あるいはそのような仕事の発生する可能性を予知した場合などです。

こういった場合は無理せず、寝ることが重要だと思います。

脳があらゆる思考をめぐらし、考えすぎて疲れ果てていると思います。

土日も無理せずに寝てゆっくりしましょう。

好きな飲み物や食べ物で体をいたわると良いと思います。

ある程度、心が安定してきたら問題点を書き出してみると良いと思います。

実際の問題点は多くても5つ程度だと思います。

実際、問題点は少なくなんとか切り抜けられると感じられれば前に進むことができると思います。

また、できる仕事を先に完了させることで心の余裕が生まれてくると思います。

時間がかかる仕事を先にするのではなく、短時間で完了できる仕事を先にクリアしていくといいと思います。

体がぐったりしてしまう理由と解消策
  • 理由:自分のできる以上の仕事が生じる。
  • 解消策:無理せずに寝る。心が安定してきたら問題点を書き出し、切り抜けられることを確認。 時間がかかる仕事を先にするのではなく、短時間で完了できる仕事を先にクリアしていくと心に余裕が生まれる。

詳細は下記の記事を参考にしてください。

寝る前に神経が異常に興奮したような状態になり眠れなくなる。

これは私が1年ほど客先対応したときに生じました。

その頃、私は米国企業と週に1度、ミーティングがありました。

詳細な資料の作成、質疑応答の検討、事前の発表練習など毎週ストレスにさらされていました。

夜に寝ようとするとなぜが神経が異常に興奮した状態になり、寝ることができないのです。

神経が異常に興奮した際は、Youtubeでコミカルな歌などを聞いて心を落ち着かせるようにしました。

その後、客先対応の仕事も完了し、その後はこのような神経が高ぶって眠れなくなることもなくなりました。

コミカルな歌などを聞く方法は一時的なものなので、長引く場合には仕事を変えてもらうなりの対策が必要かと思います。

寝る前に神経が異常に興奮したような状態になり眠れない理由と解消策
  • 理由:毎週継続して神経を使うような仕事をしている。
  • 解消策:Youtubeでコミカルな歌などを聞いて心をなごませる。しかしこの方法は一時的な対策なので長引くような場合は仕事を変えてもらうのが良い。

命を絶つことを考えるようになる。

あまりの仕事の量やパワハラで命を絶つも考えるようになったこともあります。

その頃は全く通常の思考をできなくなっていたと思います。

マンションのベランダから落ちるようなことをです。

今考えると本当にぞっとします。

このような考えをするようになり、家族を守るためにも意を決して上司である役員に職場を変えてもらうように相談しました。

しかし、その役員は仕事だからと言い、1週間たっても職場を変えてくれませんでした。

このため、今度はその上の上司である副社長に相談しました。

その結果、同意を得られ職場を変えることができました。

もし、このように死を考えているのであればすぐに職場を変えてもらうか転職をした方がいいでしょう。

死を考えるようになった理由と解消策
  • 理由:膨大な仕事の量とパワハラ
  • 解消策:職場を変える。転職する。

 

胃炎と吐き気

私は健康診断で胃壁が厚くなっていると言われました。

いわゆる胃炎です。

時々おなかがシクシク痛むことがあります。

胃炎はストレスによる自律神経の乱れにより胃酸が多く出て、胃自体にダメージを与えてしまいます。

吐き気もある場合があります。

私の経験ですがアメをなめると吐き気を緩和することができます。

唾液で胃酸を薄めることができるものと考えています。

もし吐き気で悩んでいる人はアメをなめることをお勧めします。

胃炎と吐き気の原因と解消策
  • 原因:ストレスによる過剰な胃酸
  • 解消策:ストレス緩和、アメをなめることにより吐き気を緩和。

まとめ

このように会社生活では多くのストレスがあると思います。

私も多くのストレスを受け、なんとか対応しながら仕事を進めてきました。

今思うとよく乗り越えてきたと思います。

しかし、命ほど大切なものはありません。

命さえあればなんとか人生を進むことができます。

もし今、命の危険を感じている場合は転職することをお勧めします。

下記の転職エージェントに登録しておくと自分に合った仕事を提案してくれます。

転職することを言い出しずらい場合は退職代行に依頼すると自分に代わって退職の手続きを進めてくれます。

詳細は下記の記事を参考にしてください。