プログラミングとは何か?簡単に初心者向けにお話しします。

プログラミングは一体どんなものなのか知りたいのではないかと思います。

私はいくつかのサイトを構築し、月に3万PVのサイトを実現しました。

今回、プログラミングについて説明します。

プログラミングとは

プログラミングとはアプリやウエブサイト、あるは機器が動くための命令です。

この命令をコードと呼びます。

また、コードを書くことをプログラミング、あるいはコーディングとも言います。

このプログラミングをたくさん書くことで複雑な処理ができるようになります。

たとえば絵が自動的に動いたり、光ったりします。

掛け算や割り算をいとも簡単にしてくれたりします。

このようなプログラミングの組み合わせによって人々が楽に生活ができるようになりました。

プログラミングは身の回りにたくさんある

プログラミングはあなたの周りに実はたくさんあるのです。

テレビの中にもありますし、パソコンの中にもあります。

自動車の中にもありますし、バスや飛行機の中にもあります。

むしろない場所を探す方が難しいほどです。

プログラミングによって人々の生活が豊かになっており、色々なことができるようになっています。

昔はお金を遠くの人に送ることができませんでしたが、今ではプログラミングのおかげでお金を瞬時に送金できるようになりました。

また、分からないことがあればパソコンですぐに何でも調べることができるようになったのです。

もちろんゲームやスマホの中にも入っています。

ゲームやスマホもプログラミングが無ければ全く動作しません。

ゲームやスマホはプログラミングで出来ていると言っても過言ではありません。

ゲームはそれこそ数えきれないくらいのコードで書かれています。

プログラミングで良いことは何か?

プログラミングで良いことは悩みや困難を魔法のように解決できることです。

例えばAirbnbは空室をもてあましていた人と安く寝泊りした人を結びつけることにプログラミングで成功しました。

両者にとって互いに利益が出るようにしたのです。

またUberは車をもっていた人と安い運賃を探していた人を結びつけることにプログラミングで成功しました。

この関係も両者にとってウイン、ウインの関係を築くことができました。

このようにプログラミングはまるで魔法のように人々の悩みや困難を解決することができるのです。

プログラミングの職業

プログラミングの職業は主に下記の3つになります。

  • 就職した企業におけるサイト、アプリの開発
  • フリーランスにおけるプログラミングの請負開発
  • 自分のサイト、アプリの制作

就職した企業におけるサイト、アプリの開発

就職先の企業でサイトやアプリの開発を行います。

内容は多岐にわたります。

ランディングページと呼ばれる企業のサイトの作成、会員登録や購入といった内容をプログラミングで構築します。

具体的に例を挙げてみると楽天市場やZOZO、アマゾンなどのECサイトになります。

他にも、クラウドでサービスをプログラミングで構築します。

例えばそのようなサービスとしてはマイクロソフトの表計算やワードソフトや、アップルのクラウドゲームがあります。

フリーランスにおけるプログラミングの請負開発

特定の企業に属さなく、フリーランスとしてプログラミングの請負開発を行う仕事もあります。

これはプログラミングの仕事を受注することから始まります。

プログラミング業務を発注している企業と交渉して案件を引き受けます。

プログラミングを納品することでお金を稼ぐことができます。

例えば下記のランサーズではプログラミングの受注が可能です。

自分のサイト、アプリ制作

自分の独自のサイトやアプリを作成し、そこから収入を得ることも可能です。

私の作ったサイトでは月に20万円ほどの収益を生み出しています。

人々の役に立つサイトやアプリにを作ることで、やりがいを感じることができます。

人々を助け、悩みを解決することで対価として収入を得ることができます。

他にも人のスキルを提供するMENTAというサイト開発を行い、月に100万円以上稼ぐ人もいます。

なぜMENTAを作ったのか、そしてMENTAは何を変えるのか。

プログラミングは稼げるのか

プログラミングは大きく稼ぐことが可能です。

とくにJavaは高収入の案件がたくさんあります。

下記はクレジットサービス決済の開発ですが、月に60万円も稼ぐことが可能です。

企業では年収1000万円程度に相当します。

これはフリーランス案件ですが、特にフリーランスでは稼げる理由は企業が継続的に厚生年金や保険料を払う必要がないため、その分報酬を案件に上乗せできるためです。

このようにプログラミングは高収入を得ることが可能になります。

プログラミングの学習方法

プログラミングの学習方法は2つあります。

一つは独学で学ぶ方法です。

もう一つはプログラミングスクールで学ぶ方法です。

それぞれについて説明します。

プログラミングを独学で学ぶ

今やプログラミングはどこでも学ぶことができます。

独学で学べるメリットは自分のペースで学べることです。

誰からも影響されることなく、マイペースで学習を進めることが可能です。

独学で学べるサイトも充実しています。

以下に無料で学べるおすすめのサイトをご紹介します。

ドットインストールとprogateはレッスン量が豊富でとても魅力的なサイトです。

ワクワクしながら勉強できると思います。

まずはこの2つからはじめることをおすすめします。

プログラミングの独学をする方法の詳細については下記を参考にしてください。

プログラミングスクールで学ぶ

プログラミングスクールで学ぶメリットは横のつながりが得られることです。

さらに自分が分からないコードがあった場合、スクールのメンターが教えてくれることも大きなメリットです。

さらにプログラミングスクールでは就職や転職をサポートしてくれます。

以下におすすめのプログラミングスクールをご紹介します。

DMM のWEBCAMPはサイト開発や、WEB制作プログラミングを学べます。

経済産業省のスキル習得口座に認定されており、条件を満たすことで教育訓練費の最大70%が教育訓練給付金として支給されます。

就職成功率98%です。

プログラミングスクールの詳細は下記を参考にしてください。

今一番人気のプログラミング言語とは

下記はアメリカの大学で人気のプログラミングを示します。

一番人気のあるプログラミング言語はPythonです。

PythonはAIを構築できるプログラミングです。

YoutubeやDropBoxで使われています。

私の働いている企業でも皆こぞってこの言語を学んでいます。

セミナーも自主的に時々行われています。

その理由はすでにプログラミングのライブラリが用意され、だれでも容易にプログラミングを構築できるためです。

Pythonの人気

Pythonの詳細については下記の記事を参考にしてください。

まとめ

以上、プログラミングについてお話ししました。

プログラミングは世界を変えることができます。

学んで損することはありません。

プログラミングスクールは受講料がかかりますが、転職や就職で年収アップすることができ受講料の回収は容易にできるでしょう。

プログラミングスクールの申し込みは下記からどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました