プログラミング学習の始め方について徹底解説!

プログラミングをやってみたいけれど何から始めたらよいか迷っているのではないかと思います。

私はいくつかのサイト構築を行い、月に20万円ほど稼げるようになりました。

今回、プログラミング学習の始め方についてご紹介します。

プログラミング学習の始め方

自分のやりたいこととプログラミング言語

まずは自分のやりたいことを考えてみます。

どんなプロダクト、製品を作ってみたいかということです。

そうすることでおのずと学ぶ言語が決まってきます。

以下に対応を示します。

まずは自分が何をやりたいのか考えてみることをおすすめします。

また、自分の性格に合っている言語も検討するといいでしょう。

アプリケーションプログラミング言語プロダクトの例
ベンチャーでのサイト開発Rubyairbnb, Twitter
人工知能AIなどの開発PythonDropbox, Youtube
決算などのアプリ開発Java / SwiftLine, PayPay
ゲーム開発Unityスーパーマリオ、ドラクエ
ウエブ制作HTML&CSSランディングページ等

たとえば今後、ベンチャー企業を立ち上げてみたい人はRuby。

最新のテクノロジーを開発していきたいといった人はPython。

ゲームが好きな場合はUnity。

決済などのきっちりしたアプリ開発で高収入を狙いたい場合はJava。

自分のブログサイトを持ちたい場合、あるいはウエブ制作で比較的マイペースで生計を立てていきたい場合はHTML&CSSといった具合です。

スタートアップでよく使われているRuby

スタートアップやベンチャー企業での就職を目指すならRubyがいいでしょう。

Rubyはプログラミングがレゴブロックのように構築することが可能であり、初心者にとても理解しやすい言語です。

このため、Rubyはスタートアップやベンチャー企業で多く使われています。

ツイッターやAirbnbはRubyによって作られています。

決算アプリ開発等で使用されるJava/Swift

決算アプリなどのかっちりしたプログラミングはJava/Swiftがいいと思います。

Javaはアンドロイド用の言語です。

iOS用はSwiftになります。

Javaの求人は高収入の案件が多いため、がっちり稼ぎたい人にはおすすめの言語です。

PayPayやLineはJavaで作られています。

人工知能AIなど最新のテクノロジーに使われるPython

人工知能AIであればPythonがいいでしょう。

Pythonでは多くのプログラミングのライブラリが用意されているので、一からプログラミングを構築する必要がありません。

このため初心者でも顔認識や、画像認識といったプログラムを構築することが可能です。

PythonはDropxoxやYoutubeなどで使われています。

ゲームならUnity

ゲームならUnityを学ぶといいと思います。

UnityはゲームだけでなくVRの分野でも今後成長が期待される言語です。

初心者でも簡単にゲームの世界を構築することができます。

ポケモンGoやドラクエVIII、スーパーマリオランなどはUnityを使って作られています。

ウエブ制作で使われるHTML&CSS

WordPressができれば今やだれでもWEBサイトを作成することが可能です。

このサイト自体もWordpressで作成しています。

WordPressはWEB作成ソフトのようなものです。

WordPressを使えば基本的にHTML&CSSが分からなくてもサイトはできてしまいます。

しかし、訪問者が訪れる高品質なランディングページの作成のためには、そのベースとなっているHTML&CSSを学んでおくといいと思います。

より自由度の高い、高品質なWEB制作を実現できるためです。

プログラミング言語の種類の詳細については下記を参考にしてください。

独学で学ぶかプログラミングスクールで学ぶか

プログラミングは2種類の学び方があります。

一つは独学によるプログラミング学習

もう一つはプログラミングスクールによるプログラミング学習です。

それぞれについて説明します。

プログラミングの独学による勉強について

プログラミングを独学で学ぶことは可能です。

現在、無料でプログラミングを学べる多くのサイトがあります。

自分のペースで勉強できるといったメリットがあります。

しかし、分からないことは自分で調べたり、モチベーションを維持することが課題となります。

プログラミングスクールでの勉強について

一方、プログラミングスクールでの大きなメリットは転職、就職先をサポートしてくれることです。

プログラミングを勉強した先に転職や就職先を検討している人はプログラミングスクールでの勉強がいいでしょう。

プログラミングスクールでは有料なのがデメリットですが、転職、就職できれば授業料を回収できますし、安定した収入を確保することができます。

勉強方法メリットデメリット
独学で学ぶマイペース分からないことは自分で探す
プログラミングスクールで学ぶ転職、就職サポート有料だが回収可能

独学で勉強できるサイト 厳選6選!

独学で勉強できるサイトをご紹介します。

ドットインストールprogateは無料でプログラミングを学べるサイトです。

また、codebelleやUdemyでは プログラミングをいつでも勉強できるアプリを提供しています。

さらに、テクノロジアや押しと学べるプログラミングではゲーム感覚で遊びながらプログラミング学習が可能です。

ドットインストール

ドットインストール

ドットインストールは非常に多くの無料レッスンを提供しています。

441レッスン、6624本の動画を用意しています。

1本3分以内の内容なので、集中して学習することができます。

Ruby, Python, Java, Unity, HTML&CSSといった主流の言語を学ぶことが可能です。

#01 Unity入門

progate

progate

Progateは世界で無料のプログラミング動画レッスンを提供しています。

15コース、80レッスン提供しています。

Python, Ruby, HTMLなどを学ぶことができます。

Pythonではプログラミングを学びながら実際に「料理注文システム」を作ります。

このため実践的なスキルが身に付きます。

また、WEBページ制作のためのHTML、CSSも学ぶことができます。

訪問者が見るランディングページや、スマホでも見れるようなレスポンシブルデザインなどを学びます。

プログラミングが学べるアプリ

以下にスマホでプログラミングが学べるアプリをご紹介します。

CodebelleやUdemyを使うといつでもプログラミングをスマホで学ぶことが可能です。

codebelle

codebelle

codebelleはすきま時間を使ってプログラミングを学べることができるアプリです。

1つのレッスンは3分程度で終了するので、通勤中などいつでも学習することが可能です。

ステップアップしながら学習が進むようになっています。

Udemy

Udemy

Udemyではいろいろな分野のことを学べます。

そのカテゴリの中にウエブ開発、モバイル開発、プログラミング言語があります。

学べる主なプログラミング言語ではPython、Unity、Rubyがあります。

1回あたり1000円程度での購入になりますが、数時間の講義で内容がしっかりしています。

プログラミングがゲームのように学べるサイト

独学で継続して勉強するのはモチベーション的にもキツイところがあります。

でもゲーム感覚で学べることができればモチベーションを切らさずに続けることができます。

以下に、ゲーム感覚で学べるサイトをご紹介します。

テクノロジア魔法学校

テクノロジア

テクノロジアはディズニーが提供している教材です。

ウエブ制作に必要なHTML&CSSや動的なサイトを実現させるJavascriptを学ぶことが可能です。

価格は4万9800円です。今ならキャンペーンで2万9800円です。

Technologia School of Magic [Official Trailer]

押しと学べるプログラミング

押しと学べるプログラミング

押しと学べるプログラミングはイケメンと一緒に学べるプログラミングサイトです。

ゲーム感覚でプログラミングの基礎を幅広く学ぶことができます。

全部で9言語を用意しており、自分の必要な言語を選択することが可能です。

推しと学べるプログラミング | エンジニア男子と一緒にプログラミング!

プログラミングの独学については下記の記事を参考にしてください。

プログラミングスクール4選!

転職や就職まで見すえている場合はプログラミングスクールがいいでしょう。

転職や就職のサポートをしてくれまます。

DMMでは万が一、転職、就職できない場合は授業料が返金されるのでおすすめです。

DMM WEBCAMP

スクールサイトAIアプリゲームWeb制作
DMMRuby  HTML/CCS/Javascript
TechAcademyRubyPythonSwift/JavaUnityHTML/CCS/Javascript
TECHCAMPRubyPython  HTML/CCS/Javascript
Geek Job  Java HTML/Javascript

プログラミングスクールは都心で受講できますが、自宅から遠い場合はオンラインでも受講可能です。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP

DMM のWEBCAMPは経済産業省のスキル習得口座に認定されています。条件を満たすことで教育訓練費の最大70%が教育訓練給付金として支給されます。転職成功率98%。

費用無料体験有
月々2万6000円~、分割
62万8000円、一括
内容未経験者にもやさしいカリキュラム。
サイト制作やアプリ開発プログラミングを学びます。
講師現役エンジニア
特記事項11時から22時まで教室に通い放題
講師に質問し放題
マンツーマンによる転職キャリアサポート
万が一転職できなかった場合、全額返金。
場所渋谷、新宿、難波
DMM 転職先

口コミ!

まずは手を動かすことが大事です。一番最初はネットで調べる時間も大事ですが、自分で手を動かしてわかることが多いです。人によるとは思うんですが、想像以上にプログラミングをして何かを作ることは難しくないので、クオリティはさておき、やりたいと思ったらまずは独学でも試してみて、楽しくてそれを仕事にしたいと思ったらスクールに通ってみるのが良いと思います。WebCampProはとてもいいスクールだと思うので。また、年齢にもよりますが、思っていたよりIT業界への転職のハードルは高くないと感じたので、どの会社もエンジニア不足なので、やる気と、しっかり勉強してスキルを身につければ、僕だってそんなに地頭よくないですけど、熱量をもって本気でやれば転職できるので、頑張ってもらえればと思います!

学ぶ姿勢が身につくこともそうですが、教育の環境がいいですね。プログラミングを始めたての生徒など、様々な生徒を見ているので、「こういうところに悩んでいるな」と分かった上で教えてくれます。しかも、ただ教えるんじゃなく、その人が悩んでいるポイントにどうアプローチすれば解決するのかを導いてくれます。また、キャリアプランを一緒に考えてくれるのが嬉しかったです。キャリアプランの立て方を教えてもらい、目標や目的意識を持ちながら進んでいくことができました。

正直、プログラミングって敷居が高く感じるかもしれないですし、転職って人生かかってるので、わたしもとても不安でした。でも実際エンジニアとして今の自分は働いていますし、何よりエンジニアとして働くのが楽しいんですよね。やりたい、やってみようかなって少しでも思っているなら、やったほうがいいなって思います。無駄なことなんてなくて、必ずその先につながっていくと思うから挑戦してほしいです。一歩踏み出してほしいなって思います。

DMM WEBCAMPを受講する以前から希望していた会社から内定をいただくことができました。まずは転職先で経験を積み、自分のスキルを伸ばしていきたいです。そして、「人をワクワクさせたい」「楽しませたい」、という軸をブラさずに、どんどんアプリを作っていきたいです。具体的には、スマホの中だけでは終わらず現実に拡張するサービスを生み出したいと思っています。その中で、人に貢献するという目標を叶えるための方法の1つして、経営者になるかもしれません。

おすすめはDMM WEBCAMP です。 何よりIT企業への転職実績が豊富です。費用が他のスクールと比較して高めですが、転職できれば年収は50万円~100万円増加するのですぐに回収できます。万が一、転職できなければ全額返金されます。コロナで収入の不安があった方はチャンスです!

【公式】DMM WEBCAMP X ROLAND(60秒)
DMM WEBCAMP 転職コース「短期集中講座」

TECHCAMP

TECHCAMP

5

メルカリのエンジニアも受講しており、受講内容は充実しています。入会した時点ですべての講義が受け放題なため、繰り返し勉強したい方におすすめです。 教室でもオンラインでも受講可能。7日間で満足できなければ全額返金されます。

費用無料体験有
入会した時点ですべてが受け放題です。
入会金14万8000円
月々14800円
内容入会した時点ですべての講義が受け放題。
コストパフォーマンスに優れます。

WEBサービス開発
オリジナルサービス開発
人工知能
デザイン
講師ライフコーチが学習をサポート
特記事項パーソナルメンターによる個別面談
教室・オンラインの質問対応が可能
7日以内で講義を受けて納得できなければ全額が返金
場所渋谷、新宿、池袋、東京駅前、大阪、名古屋
TECHCAMP 転職先

口コミ!

全くの未経験からスタートし、WEBアプリの一通りを学べました。短期コースは10週間で600時間なので覚悟は必要ですが教材は分かりやすくしっかり学べば理解出来ます。有料スクールなので周りも本気で環境としても良かったです。

社長のユーチューブでここを知りました。社長のロジックのあるトークはすごいと思う。私がけっこう好きなタイプ。 もともとは営業マンですが、将来のことを考え奮起をして入校! 就職までしっかりできたので、自分にエンジニアはあっていると思いました。ありがとうございました。

無事に未経験からエンジニア転職に3ヶ月で成功しました! 70日という期間に対しておそらく一番スキルを身につけられるプログラミングスクールです。

エンジニア版のラ◯ザップと思ってもらえればわかりやすい。私はプログラム学習だけでなく、”一番効率の良い勉強法を身につけ、今後の自分のマネジメントスキルにもつなげたい”という副目的もあって入学した経緯がありました。そうした意味でも自分にはぴったりのカリキュラムでした。意識高い人なら尚おすすめ出来ます。 逆に、自分のペースや自分のやり方で学習したい方、ついつい言い訳が出ちゃうような方にはおすすめできないです。必要な知識をすべて手とり足取り教えてくれる訳ではなく、実際の現場でも必須となる自走力を磨く観点から、自分の力でなんとかすることもカリキュラムでは求められます(教科書では情報が足りず海外のリファレンス等を探して読んでコード書いたりもします)。カリキュラム進行スピードも早め。無理ゲーと嘆く人も稀にいます(ピンチの時はいつも周りの同期に助けらる…)。 受講するならば、数ヶ月の間フルコミットできる状態で望むのがベター。費用対効果の高い環境だと感じます。 尚渋谷には3つの教室があり、カリキュラムに応じて利用教室が変わることがありますが、どこも綺麗で居心地が良いです。

2018年冬に短期集中の転職コース【10週間】を受講し、無事に転職することができました。当時、25歳。 現在、現役エンジニアです。 ※半年以上前のことなので、現在と状況が異なるとは思いますが、以下これから受講を考えている方の参考になれば幸いです。 【学習カリキュラム】 10週間の中で、前半が個人学習、後半がチーム開発となります。 ★個人学習 提供されたWeb上でのテキストに沿ってRuby on Rails/HTML5/CSS3/JavaScript(jQuery)の基礎を一通り学びます。テキストの難易度は、初心者には難しい内容だと思いますが、最短3ヶ月で現場に出ようと思ったら、最低限の必要なレベルだと思います。 ★チーム開発 有名サイトのクローンWebアプリを作ります。チームは3~4人で構成され、正直チームごとにレベルの差がかなり大きいです。自分は運良くレベルの高いチームに入ったので、ここでかなり力がつきました。 =>前半、後半通して、「この2つをやりきれば、現場に出れる力が必ずつく!」訳ではありませんが、このレベルまではクリアしないと、実務でプログラムを書くのは到底不可能なので、カリキュラムとしては、不足ないと思います。 【教室・学習環境】 渋谷の教室に通っていましたが、綺麗です。ネットワーク環境も整っていて土日で教室がフルで埋まっている中でもストレスのない通信だったので、ポイント高いです。 MacBookは持参で、持っていないとレンタルという仕組みでした。 【転職サポート】 ここが最大のポイント。プログラミング学習自体は世の中に様々な方法が提供されているのでTECH::EXPさんに通うのは手段の一つですが、現場経験がないなかでの転職でここで紹介していただくレベルの求人を見つけるのは難しいと思います。また、転職時には、専任のスタッフが面接対策から企業とのやりとりまでやってくれるので、高額な授業料でしたが、自分としてはここでイーブンかなと思っています。 【個人的な意見】 TECH::EXPさんの役割は、未経験でもエンジニアになれるという道を作ってくれることです。新人エンジニアでも、やる気があってセンスがあれば、すぐに飛び抜けて、成長できるのがエンジニアの世界だと思っています。そういった世界に飛び込む勇気がある方は迷わず挑戦することをお勧めします。

2017年5月から短期集中コースを3ヶ月受講し(当時は渋谷校のみ)、紹介された会社を10社ほど受けて9月に就職。ソフトウェアエンジニアとして働きはじめて2年が経ちました。とても良い仕事に出会えたと思っています。 当時と比べると受講生増、受講料増、カリキュラム変更などいろいろと違いがありますが、基本的なところは同じだと思います。 ■ TECH::EXPERTが与えてくれるもの – 勉強しやすい環境 – カリキュラム – 質問できる仕組み – キャリアカウンセリング – 就職先 ■ 自分で見つけないといけないもの – 勉強するモチベーション – エンジニアになりたい動機 – カリキュラム外のものを勝手に学ぶ意志 TECH::EXPERTは、ちゃんと真面目に頑張れば良い就職先に出会える仕組みを作ってくれています。 ただ、「自分で見つけないといけないもの」まで期待している人には物足りなく感じるかもしれません。しかし、これらは今後一人前のエンジニアとして長く働いていく上で必要不可欠のものです。そういう意味で、TECH::EXPERTはちょうどいい塩梅のサービスを提供してくれているなと就職後に感じました。 ちなみに、カリキュラムの内容が仕事で使えるのはせいぜい最初の3ヶ月程度です。つまり卒業したところで全く「即戦力」ではありません。知識ゼロに少し毛が生えた程度。とはいえひとりで学ぶのは難しい量ではあります。 そんな量の知識を短期間でぶちこんで、ひとまずそこそこの会社への就職まで導いてくれるまでがこのスクールのサービスです。私が期待していたのはそれだけだったので、大満足でした。 就職後どれだけ伸びるかは自分次第です。

半年ほど前に受講していました。カリキュラムはとてもわかりやすく、全くの未経験の方でもつまずくことのない内容になっておりました。メインの言語はRuby,Railsですが、サービス作成を通してjsやhtml,cssなどweb周辺の技術に関しても複合的に学べる点が魅力だと思います。 また指導してくれるメンターさんは学生さんが多いにも関わらず、とてもわかりやすく丁寧に導いてくれます。メンターさんのレベルがかなり高いです。 就職面では、確かにRuby以外の就職先もありますが、ここで学んだことは必ずしも違う言語だから活きないということはないと思います。エンジニアとしての勉強の仕方や考え方、Rubyを通してのロジックの組み立て方など就職先が他の言語だとしても充分学んだことは活かせると思います。 キャリアアドバイザーの方の面倒見もとてもよく、ただ内定にコミットすればいいという考え方の人はおらず、しっかり一人一人と親身に向き合って一緒に考えてくれました。自分のアドバイザーの人は卒業してからも気にかけてくださり、いまだに仲良くしていただいております。 勉強する環境としても写真を見ればわかる通り申し分ないです。 口コミだけで判断するのではなく、是非一度足を運んでみてください。

タイピングすらできない文系卒26才無職がエンジニア内定をもらうまで 2018年10月から12月まで受講し、2019年2月現在エンジニア転職することができました。プログラミング学習を検討、迷ってる人へ、『僕の3ヶ月の感想』です。 TECH:EXPERT(通称エキスパ)はその他大勢のスクールと比べて良いのか? まず『メンターが親身』です。ド素人の僕は、初っ端から全くわからずお手上げ状態なりまくりました。 ですが教室にいるメンターが男女問わず大学生など若い方が多いのでみなさん一生懸命、隣に座り画面を見ながら初心者の混乱状態に耳を傾けてくれます。 他のオンラインでしか質問できない教室行ったらこの体験はできないと思いました。 また、『大手かつ実績がある』ので、企業側から信用されています。 ネームバリューに感謝。 僕が入った時点で、数百人の卒業生がいました。実際に企業でバリバリ働いている先輩たちの力で、僕の転職活動はめちゃめちゃ有利でした。 2017年の調査ではSEの平均年収は550.8万円、全体の平均年収が454.5万円だそうです。 エキスパに入る→1ヶ月基礎勉強→1ヶ月オリジナルアプリ制作→1ヶ月生徒4人程度でチームでアプリ開発(ここが1番楽しい)→就活して企業を選ぶ ここまでやり通せた僕の周りの生徒は全員『いい感じのweb制作会社』行きました。 授業料は決して安くなかったですが、それだけの授業料を支払って(➕Macbookも買って)来ている『必死な集団』の中に強引に放り込まれることで通って終わりの最悪の事態は免れるのではないでしょうか。 迷ってる方はとりあえずHPから無料カウンセリング行って、ついでに教室見学したら雰囲気把握できると思います。

カリキュラムは基礎から応用まで初学者でも分かりやすく作られていて満足度はとても高いです! プログラミング初学者がつまずきやすいポイントもしっかり抑えられていて工夫されているように感じました。 教材の分かりやすさももちろんですが、1人1人に担当がつき進捗をフォローしたり、グループ開発を取り入れてモチベーションが落ちないようにする工夫もよかったと思います。 肝心の就職についても、個人的には満足のいく結果になっています。確かに受講生に対して求人が限られているという問題はありましたが、TechExpertの評判は業界でもいいですし、求人数もどんどん増えていると思います。

18年夏から短期集中転職コースの受講を開始し 無事にエンジニア転職することができた者です。 私個人の感想としては スタッフの方々は真摯に向き合ってくれる人が多く 同期の仲間たちもやる気に満ち溢れた方ばかりで 平日土日祝日問わず毎日8〜13時間ほど勉強していましたが 非常に楽しい毎日でした。 そして何より『エンジニア転職する』 という目的を達成でき大変満足しています。 ただここに通う全員が満足していたかというと そうではないように感じます。 実際、いつの間にか姿を見なくなった方も複数人いました。 (中には家で取り組まれている方もいると思いますが…) 他の方の評価を見ても 満足した人と満足しなかった人の差は大きそうです。 そこで、今後受講を考えている人のために おすすめする人、しない人を以下に記します。 少しでも参考になれば幸いです。 【おすすめする人】 ①プログラミングが楽しい人 ②知らない言葉、知らないコードを理解しようとする人 ③わからないことが出てきたとき、まずは本やネットで調べて自分で解決しようとする人 ④わからないことをわからないと言え、周りの人に聞ける人 ⑤③と④の使い分けができる人 ⑥カリキュラム以外にも自主学習、自主開発できる人※1 ※1:受講前、受講期間中に読んだテキストや、取り組んだ教材 ・Progate ・ドットインストール ・Railsチュートリアル ・たのしいRuby 第5版 ・プロを目指す人のためのRuby入門(チェリー本) ・プロになるためのweb技術入門 ・webを支える技術 ・Qiita(数えたら200記事以上みてました) 他にも、もくもく会等で現役エンジニアの方のお話を聞いたり 【おすすめしない人】 ①プログラミングが楽しくない人 ②知らない言葉、知らないコードを理解しようとしない人 ③わからないことが出てきたとき、本やネットで調べず直ぐに他人に聞く人 ④わからないことをわからないと言えず、周りの人に聞けない人 ⑤受講料を払ったらエンジニアになれると思っている人 ⑥たった10週間で世の中の現役エンジニアと同等になれると思っている人 ⑦スクールで手とり足とり教えてもらえると思っている人 ⑧カリキュラムだけしかしない人 ⑨転職コースの選考に落ちた人

夜間休日コースで半年程通いました。 元々未経験でしたが、入学前当初から希望していた企業に入社が決まり、満足しています。 カリキュラムや就活など、理解が追いつかない時や思った通りに行かない時や不安もありましたが、何よりサポート体制が厚く、色々な人に相談する事ができていました。 学習期間のメンタル面をケアしてくれるコーチや、転職活動においてはキャリアサポーターが担当でそれぞれついて頂けます。学習においては、対面かテレビ電話のような形で直接質問できるメンターがいます。また、同じような思いを持った仲間がたくさんいるので、支えあいながらカリキュラムを修了することができます。 ただ一方、プログラミング学習が上手くいかなかった生徒の方々が少数いたのも事実です。合う合わないは人それぞれだと思いますので、一度教室を見学して、スタッフさんや生徒さんに話を聞いてみるのも良いかもしれません。

私は2018年の夏頃から3ヶ月の短期集中の転職コース生として通いました。 オススメするポイント ・全くの未経験からでも学習していく事が出来るカリキュラムが組まれている事 他のプログラミングスクールとの違うポイント ・カリキュラムの一環でチーム開発を経験出来る事 通う上で大変だった事 ・学習のペースが基本的に週7日の1日10時間として計画されているので、3ヶ月間は自宅と教室の往復しかしない生活になっていた事。 ※ただし、体調不良や役所での手続きなどで休む事は可能です。  あくまで学習のペースがそれだけタイトという事です。 ・学習中は収入がない状態為、貯金の切り崩し生活でした。 受講した感想 正直、学習期間中に続けていく自信がなくなった事や本当に転職出来るのか不安に思った事もありました。 それでも無事、卒業して転職出来たのは同じタイミングで学習をスタートした仲間がいたおかげだと思います。 私は、TECH::EXPERTに行って文字通り人生が変える事が出来たと思います。

【カリキュラム内容】 カリキュラムが非常に良くできており,Railsのエンジニアとして基礎や サービスはどう提供されているのか一連の流れがわかる. さらに自身でタスク管理を行いプログラムを作成するためチームビルディングについても学ぶことができる. しかしあくまで基礎であるため最終課題を行う際に自身で深掘りしていく必要がある. 【メンターの質】 呼べばすぐ来てくれるため疑問解消が早く,カリキュラムは殆ど躓くことはないように感じる. しかし経験豊かなベテランエンジニアもいれば,大学生の方が入っているなどメンターの質には非常にムラがある最終課題ではメンターによってはすぐに解決するケースが少なくなっていく. 【就活について】 アドバイザーの方が非常に親身になって相談にのってくれるため非常に頼りになりまた心の支えとなった. 求人の方はRailsだけでなくPHPやPythonやJavaなど色々あり,ベンチャー系が多い印象を受けた. 就活中は何故落ちたのか,どういったところに重点を置いて採用しているのかという情報まで頂けるため満足しているが 営業の方の人員が足りていないのか,自身からある程度アプローチをかけて行かなければならない場面が多いように感じた. 【学習環境】 渋谷というアクセスのしやすさや朝の勉強会から参加すれば7:30から教室に入れるため通学が非常に楽. しかし日中になると受講者が増えたためか全体的にごった返している空気があり,そういった環境が苦手な方に辛いかもしれない.

【堀江貴文×マコなり社長】プログラミングは超絶簡単
急成長する短期集中プログラミング教育「TECH::CAMP」 (ICC FUKUOKA 2017 カタパルト・グランプリ)

TechAcademy

TechAcademyの無料体験

5

TechAcademyの一番のメリットはオンラインで受講ができることです。時間のない社会人にはうれしいですね。エンジニア転職保証コースでは、就職が決まらなかったら授業料が全額返金されます。

費用無料体験有
料金はおおむね4週間プランで13万9000円(社会人)
10万9000円(学生)となっています。
学習時間は20~40時間です。
内容オンラインで受講することができ、下記のように内容が豊富。

Webサービス開発
オリジナルサービス開発
人工知能入門、人工知能アプリ開発
ゲーム開発
デザイン(イラストレーターやフォトショップ)

在宅ワーカーを目指すのであればWordPress+Webデザイン
講師経験豊富なiphoneアプリエンジニア、WEBエンジニア
特記事項エンジニア転職保証コース
12週間でIT企業へ転職
就職が決まらなかったら授業料が全額返金
場所オンライン講座

口コミ!

作るものありきで学ぶのが良いなと感じました。プログラミングの技術もそうですが、自分の作りたかったWebサービスが形になったので、良かったです。

初めてのプログラミングという講座に参加しました。文系ばかりの受講者だったのですが、プログラマーとのコミュニケーションの仕方からプログラムの工程やコストの考え方も教えていただきました。

TechAcademyの受け放題コースを受講 現在Androidを完遂してIphoneやRubyを受講中がが、チャットサポートに関してもヒントしか与えず、ただ答えを教えるだけのような事はせず受講生の成長を心がけてくれる。 独学である程度勉強した方にとってはLesson7までは物足りないと思うだろうが、やはりオリジナルアプリまで行くとサポートは必須であった。 時間とお金が余っているのならウケ放題がとてもお得なサービスだと思う。 ウケ放題コースは独学で少し一言語を学んでから受講した方が六ヶ月間時間を有効に活用できるだろう。 もし初心からスタートするとせいぜい16コースのうち4~7で終わる事だろう。 テキストが分かりにくいという意見もあるが、そのためのチャットサポートである。

【漫画】アルバイトからエンジニアになれるのか?【マンガ動画】

Geek Job

Geek Job

異業種からITエンジニアへと転職を可能にしてくれるプログラミングスクール。転職成功率はは97.8%と高水準。転職、就活コースは無料(~3か月)。

費用Webアプリ 社会人13万2000円
Webアプリ 学生6万6000円
社会人転職コース 無料(~3か月)
大学生就活コース 無料(~3か月)
内容Webサイト
Webアプリ
講師現役エンジニア
特記事項転職、就活コースが無料で用意されています。
社会人転職コース 無料(~3か月)
大学生就活コース 無料(~3か月)
場所オンライン、東京九段下、四谷
Geek Job 転職先

口コミ!

四ツ谷キャンパスで、プログラミングを学習しています。 プログラマー未経験で学習内容につまづくことも多かったですが、その都度、学習メンターに教えてもらいました。 まずは、体験学習で勉強を続けることができるかしっかり考え 事前にHTMLやCSSに取り組んだり、IT業界の基礎知識をつけておくとスムーズに勉強が進むと思います。

プログラミングについてもほとんど知っていることがなかったんですが、メンターさんに転職相談をしたら快く話を聞いてもらえました。少し厳しいこともいわれましたが、それでも一緒に頑張ろう、と言ってもらえて気が楽になりました。ありがとうございました。

ここでの学習方法は実践がメインなので「身になっている」って感じます。以前通っていたスクールでは授業がメインで後は自習というものだったんですが、ここでは課題に取り組みながら全部知らないことをやって、毎日「これ勉強した!」みたいなのことを感じるので、充実感は全然違います。

まだ技術や知識もないのですが、課題を 繰り返しやってみて、講師にフィードバックをもらいならが進めると 「プログラミングって楽しいな」と感じましたし、ロジックを考える事に対して、 苦労しなくなりました。
考えすぎずにロジックを組めるようになったことによって、なんとなくですが 「こうすればいいのでは?」という感覚が生まれました。そういった面でプログラマーとして働く自信がつきました。

最初はプログラマーを志望していたんですが、転職メンターから紹介されて初めてインフラエンジニアという職種を知りました。
お客様の希望を聞いて実現する仕事なんだと思ってからは、インフラエンジニア1本で勉強を進めました。
一人で勉強しているとわからないことも多く、実践を通じて教えてもらえたことで、目に見えないネットワークというものもどんなものなのかを理解できるようになりました。

講義が動画になっているので分かりやすかったです。好きな時間に見れることと、普通に動画見ているときにヒントが散らばってるのと、文章を見て頭で覚えやすいというのもありますね。家で見ていたり、作業しているときに見たりします。耳に残るので後から「そういえばこういうのあったな」というように覚えてます。キーワードみたいな感じで耳に残っているんですよね。だから、ポイントポイントで見ています。

GEEK JOB プログラミングキャンプ PV

就職、転職サポートのあるプログラミングスクールの詳細については下記を参考にしてください。

サイト開発でよく使われるRubyを学べるプログラミングスクールは下記の記事をどうぞ。

人工知能AIを構築できるpythonを学びたい方はこちらの記事をどうぞ。

決算アプリなどの開発で使われるJavaを学びたい人は下記の記事をどうぞ。

ゲーム開発で使われるUnityを学びたい人は下記をどうぞ。

まとめ

プログラミング学習のの始め方についてお話しました。

自分の作りたいプロダクトを想像することが大切だと思います。

転職や就職まで見すえている場合はプログラミングスクールがいいでしょう。

転職や就職のサポートをしてくれまます。

DMMでは万が一、転職、就職できない場合は返金されるのでおすすめです。

DMM WEBCAMP