プログラミングのデメリットと対処方法

プログラミングを始めるかどうか悩んでいると思います。

私は売り上げ19兆円以上の外資系IT企業で働いており、このサイトを含めいくつかのサイトを立ち上げてきました。

そして、これらのサイト運営により現在月20万円ほどの利益を得ています。

今回、プログラミングでのデメリットについてお話ししたいと思います。

プログラミングのデメリット

プログラミングのデメリットは下記の3つです。

各項目に関して詳しく説明します。

  • コードが動作する、動作しないで結果がはっきり分かれてしまう。
  • 新しい言語が出てきた場合に、対応しなくてはならない場合がある。
  • 年齢を重ねていくと、若者との開発競争が辛くなる。

コードが動作する、動作しないで結果がはっきり分かれてしまう

プロダクトにおいては、100%完璧でなくても実質的に使えたりします。

例えば、自転車のフレームがほんの少し曲がっていたとしても問題なく乗ることができます。

自転車の色がわずかに薄くても問題なく乗ることができ、目的地まで行くことができます。

しかし、プログラミングの場合は完全に合っていないと動作することはありません。

このため、コードが完璧な状態になるまでトライアンドエラーを繰り返すことになります。

わたしも書いたコードがなかなか動かず、つらかったことが何度もあります。

つかれて横になったときに夢で思い描いたコードを書いたところ動作したようなこともありました。

このようにプログラミングのデメリットとしては完璧な状態になるまでコードを書く必要があります。

あきらめずにネットで調べたり、メンターに聞いたりして進めることが重要になります。

新しい言語が出てきた場合に、対応しなくてはならない場合がある

たとえばサイト開発言語であるRubyを仕事でずっと使っていたけれど、開発自体が終了し、プロダクトが変わって使う言語がアプリ開発などでよく使うJavaに変わったというようなこともあります。

プログラミングはある程度の似たようなところがあるので、一度特定の言語を覚えてしまえば他の言語もある程度、同様に使いこなせることができます。

しかし、100%同じではないのでもしプログラミング言語が変わった場合その差を埋める努力が必要になってきます。

最近よく使われるプログラミング言語としては下記のように先に述べたRubyやJavaの他にもAIを構築できるPythonやWEB制作のHTML,Javascriptなどがあります。

今後も新しい言語が出てくることは十分ありえることですし、こういった新しい流れに常に対応する必要があります。

こういった新しいことにチャレンジしていくことに関しては無理をせず、一日一日着実に進めていけば身になっていきます。

あまり落胆せずに前に進むといいでしょう。

年齢を重ねていくと、若者との開発競争が辛くなる

やはり、年齢を重ねていくと知識はあるのですが、開発スピードはどうしても落ちていきます。

また体も20代や30代のように徹夜で乗り切ってきたことが、できなくなってきます。

こうなってくると若者との開発競争がかなりしんどい状況になるでしょう。

このため、プログラミングエンジニアは将来いつ、どのようにイグジットをするかある程度予想しながら生きていくことになると思います。

このイグジットは3つあります。

一つ目は開発を上流から管理するような立場になること。

二つ目は自分のオリジナルのプロダクトをつくってそのプロダクトから得られる利益で生活できるようになること。

三つ目はプログラミングで稼いだお金で株などの投資を行いそこから配当金で経済的自由をえることです。

3つとも実現できればいいのですが、現実はやはりなかなか難しいと思います。

現実的なラインとしては三つ目の配当金で経済的自由を得ることが一番再現性があると思います。

このため、できるだけ早い段階でお金を稼ぎきることが重要になると思います。

最近では個人のスキルを販売するMENTAをリリースして月に100万円以上稼いでいる方もいます。

サービスの90%は失敗する。うまくいくサービスづくりのために心構えが大切。

まとめ

以上、プログラミングのデメリットについてお話ししました。

プログラミング自体においてはやはり困難があるものの、グーグルなどの一流企業に転職できたり、人々が喜ぶサービスを作ったりして高収入を得ることができます。

また、請負でも50万円以上の案件がたくさんあり、フリーランスで自由に生活することも可能です。

プログラミングはデメリットよりもメリットが上回ると思います。

プログラミングのメリットは下記の記事を参考にしてください。

転職サポートのあるプログラミングスクールは下記の記事をどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました