プレゼン 英語 対応の仕方をご紹介します。

プレゼンテーションする男性

プレゼン 英語 対応の仕方をご紹介します。

私は、これまで国際学会や国内の学会で数多くの発表を行ってきました。

その発表でいくつかの賞もいただきました。

また、米国企業との打ち合わせも毎週のように行った経験があります。

今回は、英語でのプレゼンの対応の仕方について話したいと思います。

英語でのプレゼンのコツ

1.プレゼンに、キーワードや簡単な文章を埋め込んでおく。

2.発表練習を何度も行い、何も資料がない状態でも話せるようにする。

3.普段から英語に慣れ親しんでおく。

プレゼンに、キーワードや簡単な文章を埋め込んでおく。

重要なキーワードや、文章をパワーポイントに挿入しましょう。

話す順番にパワーポイントに入れておくといいと思います。

ただし、発表でそのままその文章を話すのはよくありません。

なぜなら、聴衆にばれてしまうからです。

ああこの人は、パワーポイントに書いてある文章をそのまま読んでいるなと、分かってしまいます。

このため、パワーポイントに書いてある文章をそのまま読むのは最小限にし、話すときは受け身の文章に変える、あるいは言葉を少しだけ言い換えるなど、話す際には変更します。

例えばパワーポイントに下記のように記述したとします。

The performance is improved by these methods.

これを発表する時は、例えば下記のように言い換えます。

These methods enhance ability.

パワーポイントの資料を見ながら、” この文章は後ろから読んでいけばいい ”と、暗記しておきます。

発表練習を何度も行い、何も資料がない状態でも話せるようにする。

1枚程度の資料であれば、1のやり方で済んでしまいますが、発表時間が20分や、それ以上の場合は、事前の発表練習がとても重要です。

ただし、基本的には1のやり方になります。

まずはパワーポイント1枚ごとに、発表する文章の順番、内容を頭の中にイメージできるようにします。

1枚ごとにできるようになったら、今度は全体を通して、発表できるように練習します。

注意点ですが、原稿を見ながら英語で発表するのはやめましょう。

残念なから、原稿を見ながら発表をはじめた時点で、その人の評価はガタ落ちします。

ああこの人は、準備をしてこなかったのだと。

少し、言い過ぎなのかもしれませんが、やはり情熱をそこまで傾けているかどうかということなのです。

普段から英語に慣れ親しんでおく。

英語は、普段から聞いておいた方がいいでしょう。

ただし、いざ家で勉強するとなると、やはり障壁が高いですよね。

このため、通学、通勤途中にイヤホンで聞くのが一番です。

このように聞くことで、言葉やアクセントが体に染み付くようになります。

聞く内容はTOEICの内容が優れています。

TOEICで使われている単語は厳選されていて、日常で使われる言葉なので一番です。

TOEIC対策にもなります。

以上、少しストイック的な内容をお話ししましたが、近道はありません。

覚悟を決めてやりましょう。

TOEICのリスニングは下記のTOEIC公式本が最適です。CD付です。

とにかく聞き流しましょう。

イヤホンはApple Airpodsが最高です。