米国株の不労所得が最強の理由!

現在、労働収入以外に不労所得として米国株を検討されていると思います。

私は金融資産で1億円を達成し、現在米国株の配当金で経済的自由を得ています。

さらに、このブログでも月間3万PVを実現し、収入を得るようになりました。

今回、米国株による不労所得を得る手段について話したいと思います。

不労所得の意味

不労所得について考えてみたいと思います。

そもそも不労所得とは何でしょう?

不労所得とは”自分は働かなくても自分のビジネスから得ることができるお金”という意味です。

この不労所得の重要性を理解することがとても重要です。

次にこのようなビジネスを持つ重要性について説明します。

不労所得の重要性

皆さんは現在、労働をして収入を得て生活をしていると思います。

この労働で入ってくるお金以外にも別の経路でお金が入ってくるビジネスを持つことをお勧めします。

このようなビジネスを持つことで心のゆとりが生まれます。

もし働けなくなってしまったり、会社が傾いて給料が減ってしまっても複数の収入があることでカバーできます。

何よりこのようなビジネスやシステムを構築することで自分自身が成長することができます。

また、生活に楽しみも生まれます。

不労所得のおすすめ

結論から言います。

おすすめは米国株です。

不労所得を得る方法として米国株がおすすめです。

現在私は、米国株の配当金で経済的自由を得ています。

配当金は3%~5%です。

配当金は持っているだけで下記のようにどんどん伸びていきます。

これは世界で展開しており、規模が拡大しているためです。

さらに優良銘柄を選ぶことにより、下記のように株価上昇も実現できます。

他にも魅力的な不労所得がありますが、詳細は下記を参考にしてください。

米国株の始め方

米国株では配当が3%程度あるので、米国株を有しているだけで不労所得を得ることができます。

私は米国株で金融資産約1億円を達成し、配当で経済的自由を得ることができました。

また、消費者独占力の強い企業では株価が企業の成長と自社株買いにより上昇し、自分の資産が増加します。

すぐにでも始めたい方はDMM証券がおすすめです。

DMMは米国株の手数料が0円です。

さらに日本株の手数料も業界最安です。

登録料無料で口座維持費も無料です。

申し込みはこちら DMM

手数料の安い証券会社は下記にまとめたので参考にしてください。

米国株におけるお勧めの銘柄や私のポートフォリオは下記にまとめました。

Top 15 Biggest Companies by Market Capitalization 1993 – 2019

不労所得を得るためのロードマップ

ただ、米国株を購入するにしても、はじめは一生懸命働かなくてはなりません。

また、できるだけ無駄遣い無くし節約することで、お金が外に出ないようにすることが重要です。

不労所得を確実に得るためのロードマップを下記に示します。

  • まずは労働収入を得て貯金を行う。
  • できるだけ無駄遣い無くし節約することで、お金が外に出ないようにする
  • 株価が下がった際に消費者独占力を有した米国株を購入し、配当収入を得る。
  • 配当収入で経済的自由を得る。

他の不労所得について

他に考えられる種類としては下記のように賃貸マンション経営、太陽光発電や外貨預金があります。

  • 賃貸マンション経営
  • 太陽光発電
  • オーストラリアドル、ニュージーランドドルなどの外貨預金

しかし、賃貸マンション経営や太陽光発電は建物自体が劣化してしまうリスクがあります。

また、すぐに売却できないといった流動性にも問題があります。

外貨預金は昔は金利が3~6%と魅力的でしたが、現在は1.5%と手数料を考慮すると利点を見出すことができません。

まとめ

下記は金持ち父ブログさん貧乏父さんからの一節です。

昔々ひなびた村があった。そこには2人の青年がいた。その村には水道がなく、遠くへ水を汲みに行かなければならなかった。1人の青年はいつの間にかいなくなってしまった。もう一人の青年はバケツでせっせと水を運び、村人からお金を得るようになった。一方、いなくなってしまった青年はやがて帰ってきて、水道を作り、自分は働かなくして村人からお金を得るようになった。バケツで水を運んでいた青年は、ずっと必死で働き続け、お金に苦労する生活を続けた。

金持ち父ブログさん貧乏父さん キャッシュフロークワドラント

“水道”というお金をポケットに入れてくれるシステムを構築することが重要です。

この水道に相当するのが米国株に相当します。

これらは自分の所有するビジネスと言っていいでしょう。

バケツで死ぬまで水を運ぶことがないようにしましょう。

株に関するおすすめの本は下記を参考にしてください。