40代で会社に行きたくない人の対処方法!

これまで会社でがんばってきて、諸事情で今、会社に行きたくないと考えているかと思います。

私も40代で2回転職しながら、現在ホワイトな職場で働くことができています。

私の経験をもとに40代の会社生活を乗り切る方法についてお話しします。

会社に行きたくない理由

会社に行きたくない理由はいくつかあるかと思います。

上司によるパワハラ。

相手の気持ちを考えず、色々と口出しをしてくる同僚。

役に立つか分からないような仕事をさせられている。

給料が安すぎる、仕事の量が多すぎるなど。特に40代後半ともなると若者と同じような馬力で仕事することが困難になり体力的に難しいと思います。

私は40代で2回転職しましたが、私が転職したのは上記の内容がほぼビンゴした状況でした。

こういった状況になると、とても会社に行きたいとは思わなくなると思います。

次にこのような状況になってしまった場合の対処方法についてお話しします。

職場を変えてもらう

もし上記に述べたような人間関係が悪化してしまった理由で会社に行きたくないと考えはじめた場合は、職場を変えてもらうように上司に話すといいと思います。

もし、直属の上司のパワハラが問題である場合はその上の部長であったり、役員に相談するといいと思います。

むしろ、部長や役員レベルの方が人事権があるのでできるだけ上部の人に相談するといいと思います。

部長に相談しても移動させてくれない場合は、その上の役員に相談するなどどんどん上に相談してくといいでしょう。

人によっては人の痛みが理解できず、面倒で対処してくれない上司もいます。

このため、どんどん上の役員に話していくといいと思います。

私もそうやって相談しました。

私の人生の中で概ね50%の上司は大声を出したり、通常ではない仕事を振ってくるような人たちでした。

このため、人生では必ずこのような人たちに遭遇する確率があるのです。

上司ガチャといった言葉が生まれたのもこういった理由があるためです。

これは自分の力でどうすることができなく、避ける以外に方法がありません。

抜け出せないままでいると、うつ病になり自分の人生や家庭までもが崩壊してしまう可能性があります。

このため、できるだけ早くその場所から離れることをおすすめします。

転職することで自分にあった環境を手に入れる

もし部長や役員に相談してどうしてもその人間関係を断ち切ることができない場合、転職することを考えるといいでしょう。

転職では給与のアップやポジションを上げられるといったメリットもあります。

ただ、転職では次の職場に入職するまでに約3か月と長期になる場合が多いのでできるだけ早めに動くといいでしょう。

私は先ほど述べたように2回、転職を行いました。

1回目の転職では外資系の企業に転職し、給料は30%増加しました。

2回目の転職ではベンチャー的な企業で給料はもとにもどってしまいましたが、ポジションを上げることができました。

また、プロジェクトのマネジメントや自分のやりたい仕事ができるようになったので今はとても満足しています。

転職により、よりよい職場の環境を得るのも結局のところガチャです。

このため、何度か転職してできるだけ自分の納得できる職場を探すといいと思います。

ジョブ型雇用という言葉が出てきているようにスペシャリストを雇用することで企業は短期的な成長を求めるようになりました。

これまでの日本では1つの会社で勤め上げることが美徳なようなところがありましたが、現在、早い成長変化を求める企業が多くなり、転職することはあたりまえのようになっています。

現に今の私の会社では半数以上が転職者ですし、社長や役員も転職者です。

私がこのように職場を変えることができたのは転職エージェントのおかげです。

転職エージェントを使うと無料で自分に合った職場を紹介してくれます。

上司に相談すると平行して転職活動もいざという時のために進めておくといいでしょう。

おすすめの転職エージェントはリクルートダイレクトスカウトです。すぐに魅力的な案件を無料で教えてくれます。

申し込みは下記からどうぞ。

リクルートダイレクトスカウト

40代における転職エージェントの詳細は下記の記事を参考にしてください。

40代における気持ちの持ち方

私がもう一つ学んだのは自分が動かない限りだれも自分のことを助けてくれないということです。

残念ながら自分からアクションを起こさない限り、満足した人生を得ることはできません。

職場の環境や上司は結局のところガチャなので、自分の働きやすい場所を宝探しのように探し出すことが重要になるかと思います。

1回の転職でだめなら2回目の転職をすればいいのです。

私の妻は5回ほど転職し、履歴書に書ききれないほどの職歴となってしまいましたが、そうしてやっと自分に職場にめぐりあうことができました。

自分の求められている場所で、自分が納得し会社や社会が満足するアウトプットを出せばいいのです。

自分が求められていない場所には近づかず、自分が求められている場所へ行きましょう。

自分に合った仕事、自分が納得できる仕事を見つけるといいと思います。

まとめ

仕事は自己満足でいいのです。

人間は万能ではなく、できることあればできないこともあります。

自分の適した職場へ行くことが人生をより豊かにしてくれます。

この記事を読んだ後から早速行動を起こしましょう。

転職エージェントへの申し込みは下記からどうぞ。

リクルートダイレクトスカウト

40代における転職先の見つけ方は下記の記事を参考にしてください。

仕事で心が折れた方は下記の記事を参考にしてください。

マイクロマネジメントで退職を考えている方は下記の記事をどうぞ。

ストレスによる体調不良と症状を解消させる方法は下記の記事をどうぞ。

この記事の執筆者:ユウ

IT企業に25年以上勤務。日系企業に約15年ほど勤務した後、売り上げ数兆円のIT企業に海外転職。約10年後、日本に戻り、外資系IT企業でマネージャーとして勤務。これまで行ってきた仕事で奨励賞やGrand Awardを受賞。博士号取得。現在、マネージャーとして勤務し、外国企業とのやり取りを英語で行いながら世の中に役に立つものを構築中。

転職
ユウカレッジ
タイトルとURLをコピーしました