髭脱毛の種類や方法は大きく分けて4種類! 効果や値段そして特徴を徹底解説! 

髭脱毛をしてみたいけれど、どんな種類や方法があるのか探していると思います。

また、どんな髭脱毛が一番いいのだろうと考えているのではないかと思います。

今回、あなたに合った髭脱毛についてご紹介します。

まずは知っておきたい脱毛の種類と方式

ひげ脱毛の種類には主にレーザー医療脱毛、光脱毛、電気脱毛、家庭用脱毛器の4種類があります。

家庭用脱毛器はレーザー脱毛と光脱毛の2つがあります。

それぞれについて説明します。

レーザー脱毛

レーザー脱毛もレーザーのエネルギーを毛が作られる領域に吸収させ同様に熱破壊します。

レーザーを使った脱毛は医療行為になるため、医師(クリニック)による施術となります。

光に比べレーザーでは破壊するエネルギーが高いのでより高い効果を期待することができます。

このため、レーザー脱毛では永久脱毛が可能です。

レーザーの場合、輪ゴムでたたかれている程度の痛みを感じますが麻酔で緩和可能です。

髭の濃い人はレーザー脱毛がいいでしょう。

レーザー脱毛図
【ゴリラ脱毛】アンタッチャブル柴田英嗣さん10|「ヒゲ」の完全脱毛に挑戦

レーザー脱毛の詳細は下記を参考にしてください。

電気脱毛

電気脱毛はニードルを挿入し、毛乳頭に電気を流して組織を熱破壊します。

このため電気脱毛は永久脱毛が可能です。

ただ一本一本ピンセットで抜くので痛みが伴います。

電気脱毛はピンセットで一本一本その場で抜くので即効性を期待できます。

今すぐ髭を抜きたいという方は電気脱毛がいいと思います。

電気脱毛図
医療ニードル脱毛の施術風景【絶縁針脱毛】

電気脱毛の詳細は下記をどうぞ。

光脱毛

光脱毛は光のエネルギーを毛が作られる領域に吸収させ同様に熱破壊します。

熱破壊することでヒゲを脱毛させます。

痛みが少ないメリットがあります。

光脱毛を行うサロンは全国にたくさんあり、通いやすく予約を取りやすいといったメリットがあります。

光脱毛は比較的髭の薄い方向けの脱毛です。

濃い方はより照射エネルギーの高いレーザー脱毛がいいでしょう。

光脱毛図
安いで有名なメンズクリアに潜入!ヒゲ脱毛の費用安すぎw【施術体験あり】

光脱毛の詳細は下記を参考にしてください。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器はレーザー脱毛と光脱毛の2つになります。

先ほど述べたようにレーザーや光のエネルギーを毛が作られる領域に吸収させ同様に熱破壊します。

光脱毛の場合は照射エネルギーが小さく、薄くなるまでに時間がかかります。

また、髭が濃い場合なかなか薄くならないといったデメリットもあります。

おすすめの髭脱毛器は下記を参考にしてください。

メリットとデメリット 

下記にメリットとデメリットをまとめたので参考にしてください。

レーザー医療脱毛では照射エネルギーが強いために髭が濃くても対応可能です。

ただし、髭脱毛後では本当に髭が生えなくなってしまいます。

このため、後にデザイン髭などが楽しめなくなってしまうので注意が必要です。

脱毛方式メリットデメリット
光脱毛痛みが少ない
多くのサロンがあり通いやすい
薄くなるまでに時間がかかる
髭が濃いとなかなか薄くならない
レーザー脱毛痛みが少ない
麻酔でさらに痛みを緩和可能
エネルギーが強く永久脱毛が可能
本当に生えなくなってしまう
電気脱毛その場で抜くので即効性がある
永久脱毛が可能
髭が濃くても脱毛可能
本当に生えなくなってしまう
痛みがある
時間が掛かる
家庭用脱毛器痛みが少ない
いつでもどこでも処理できる
比較的安価
手間がかかる

髭脱毛でおすすめのクリニックやサロンは下記を参考にしてください。

髭脱毛費用の相場

下記に髭脱毛の相場を示します。

光脱毛、レーザー脱毛では概ね7万円程度です。

光脱毛、レーザー脱毛ともに5回程度の照射を考えておいた方がいいでしょう。

電気脱毛はピンセットで一本一本抜くため、~10万円程度と少し割高になります。

家庭用脱毛器は安いものであれば2万円程度です。

パナソニックのようなメーカー品であれば6万円程度になります。

脱毛方式費用
光脱毛~7万円
レーザー脱毛~7万円
電気脱毛~10万円
家庭用脱毛器2万円~7万円

髭脱毛の効果が得られるまでの期間

レーザー医療脱毛は高エネルギーなので、6回程度で髭脱毛の効果が得られます。

光脱毛はレーザー医療脱毛に比べて、エネルギーが若干少ないので期間や回数が増えます。

電気脱毛では1回につき100本程度抜いてもらえますので、6回でだいぶ薄くなると思います。

家庭用脱毛器はエネルギーが少ないので髭が濃い場合は長期化しやすくなります。

レーザー脱毛や、電気脱毛では永久脱毛が可能です。

一方、光脱毛や、家庭用脱毛器では減毛効果と考えておいた方がいいでしょう。

脱毛方式期間     回数     
光脱毛~9ヵ月程度9回程度
レーザー脱毛~6ヵ月程度6回程度
電気脱毛~6ヵ月程度6回程度
家庭用脱毛器~12ヵ月程度12回程度

どのくらいの回数で髭が薄くなるのかについては下記でまとめたので参考にしてください。

まとめ

髭脱毛についてご紹介しました。

髭脱毛にはレーザー医療脱毛、光脱毛、電気脱毛、家庭用脱毛器の4種類があります。

クリニックでのレーザー医療脱毛が費用や時間を考えて一番効率的です。

おすすめはレーザー医療脱毛をしてくれるゴリラクリニックです。

強度の高いレーザー医療脱毛を施術してくれます。

ヒゲがどうにも濃い場合でも高強度のレーザーで毛根を強力に破壊します。

また、6回以降でも3年間100円と料金も安心です。

予約は下記からどうぞ。

青ヒゲを隠すBBクリームのまとめ記事はこちらを参考にしてください。