青髭の原因 なぜ髭を剃っても青くのこるのか?改善方法も徹底解説!

髭が濃くて髭をそっても肌が青くなるコンプレックスがあると思います。

今回、なぜ髭を剃っても青髭ができるのか?

さらに、どうしたら青髭を解消できるかについても説明します。

きっと青髭のコンプレックスから解消されるでしょう。

青髭の原因

青髭の原因は、肌の中にある残った髭が透けて見えているためです。

髭をしっかり剃ったとしても肌の中には約0.5㎜の髭が残っています。

これが肌の表面から透けて見え、青髭のように見えるのです。

髭の薄い人は肌の中に残っている髭の長さも短く、細いため青髭は目立ちません。

一方、髭の濃い人は残っている髭の長さが1cm程度にもなり、かつ太いため青髭がより目立つようになります。

どうしたら青髭を隠せるか?

青髭は改善することが可能です。

心配しなくても問題ありません。

しかも安価で改善することも可能です。

青髭の改善方法には下記の4つの方法があります。

  • 日焼けする。または日焼けローションを使う。
  • 肌色のBBクリームを使う。
  • 自宅で使える脱毛器を使う。
  • クリニックで髭脱毛を行う。

日焼けする。または日焼けローションを使う。

肌が白い場合、髭と肌の色のコントラストが大きくより青髭が目立ちます。

このため肌の色を褐色にすることで、青髭が目立たなくなります。

肌の色を褐色にするには日焼けがいいのですがやりすぎるとシミができる原因になります。

また日焼けは夏しかできません。

もっと手軽に褐色の肌を手に入れるには日焼けローションを使うといいでしょう。

さっと塗るだけで青髭を隠すことが可能です。

下記のブロンズターナーは日焼けを手軽にすることができ、褐色も3日ほど持続します。

紫外線による肌の赤みや皮むけなどのリスクもありません。

ブロンズターナー

肌色のBBクリームを使う。

肌を褐色にしたくない場合はBBクリームがいいでしょう。

BBクリームは肌色のクリームです。

この肌色のクリームが肌内部への光の透過を防ぎます。

このため、肌内部ある髭を見えなくすることができ、青髭を隠すことができます。

BBクリームとしてはUNOのフェイスカラークリエイターがおすすめです。

UNOフェイスカラークリエイター

フェイスカラークリエイター How to 動画|uno(ウーノ)

自宅で使える脱毛器を使う。

日焼けローションやBBクリームは青髭を隠すだけですが、根本的には解決でてきません。

根本的な解決をするためには髭をなくす必要があります。

家庭で髭を脱毛する方法としてはレーザー脱毛器または光脱毛器を使う方法があります。

レーザー脱毛器も光脱毛器も脱毛原理は同じでレーザーや光のエネルギーを毛根に吸収させることで毛根における細胞を熱破壊します。

光脱毛はレーザー脱毛と比べてエネルギーが小さいために薄くなるまでに時間や回数が掛かってしまうデメリットがあります。

おすすめはレーザー脱毛のトリアです。

レーザーの高いエネルギーを髭の毛根に吸収させることで毛根を効率的に熱破壊し、脱毛させます。

下記からどうぞ

トリア

自宅で出来る髭脱毛器の詳細は下記からどうぞ。

クリニックで髭脱毛を行う。

自分で脱毛器を使って髭脱毛をおこなうことが面倒な場合はクリニックで髭脱毛を行う方法があります。

先ほど述べたようにレーザー照射によってレーザーのエネルギーを髭の毛根に吸収させ、毛根の細胞を熱破壊させることで脱毛させます。

おすすめはゴリラクリニックです。

レーザー医療脱毛を提供しています。

予約は下記からどうぞ。

ゴリラクリニック

【ゴリラ脱毛】アンタッチャブル柴田英嗣さん10|「ヒゲ」の完全脱毛に挑戦

おすすめのクリニックやサロンについては下記にまとめたので参考にしてください。

まとめ

青髭の原因とその改善方法についてご紹介しました。

根本から治すことでコンプレックスを無くすことが可能です。

特におすすめはクリニックにおける髭脱毛です。

ゴリラクリニックでは高エネルギーのレーザー医療脱毛で髭を無くしてくれます。

予約は下記からどうぞ。

ゴリラクリニック