髭 カミソリ負けの対策!脱毛も徹底解説!

髭を剃ったときにカミソリ負けしてしまい、ヒリヒリと痛い思いをされていると思います。

今回、カミソリ負けの対策について説明します。

きっとカミソリ負けの悩みから解放されるでしょう。

肌がカミソリ負けする原因

まずはじめにカミソリ負けする原因を説明します。

かみそり負けする原因は主に以下の2つが考えられます。

  • 肌にフォームまたは石鹸を十分つけていない。
  • カミソリを強く肌に押し付けている。

肌にフォーム、または石鹸を十分つけていない

肌にフォームまたは石鹸が十分についていないとカミソリが肌に引っ掛かり、カミソリ負けします。

この場合、肌が赤くなってヒリヒリと不快な状態になってしまいます。

両手で良く石鹸を泡立てて、泡が肌に充分行きわたるようにします。

10秒ほど円を描くように付けます。

肌に泡がしっかりついた状態で髭剃りを行いましょう。

泡が肌に付くことでカミソリの刃が肌に引っ掛かることを抑制し、カミソリ負けするのを防ぎます。

ニベアの髭剃りフォームは髭剃りを滑らかにし、さらに髭を柔らかくしてくれるので、よりカミソリ負けを抑制します。

カミソリを強く肌に押し付けている

カミソリは肌に軽く当てる程度にします。

髭をしっかり剃ろうとして強く肌に押し当てると、カミソリの刃で肌を痛めてしまいます。

軽くポンポンなでるように髭を剃るといいでしょう。

強い力で1回で髭を剃ろうとせず、弱い力で2~3回かけて髭を剃ります。

また、古いカミソリは刃こぼれしており、切れ味が悪くなっています。

1ヵ月程度で新しいものに取り換えるといいでしょう。

それでもカミソリ負けしてしまう場合の対策

髭が濃い場合には何度もカミソリを肌に当てることになります。

このため、フォームをしっかりつけてもカミソリで肌を痛めてしまいます。

毎日、カミソリで髭を剃る場合も同様にカミソリ負けしてしまいます。

以下にその対策について説明します。

電気シェーバーを使う

髭剃りには電気シェーバーが基本的におすすめです。

ダイソーであれば500円で電気シェーバーを買うことができます(電池が必要)。

電気シェーバーは毎日使ってもカミソリ負けすることはありません。

電気シェーバーの場合、夏場は汗で剃りにくくなりますが扇風機を顔に当てながら使うと使うといいでしょう。

髭脱毛を行う

髭が濃い人にはクリニックでの髭脱毛がおすすめです。

時間の節約にもなります。

一日10分、300日剃るとなんと約2日分に相当します。

1年のうち、約2日間ずっと髭を剃っていることになります。

レーザー脱毛では永久脱毛が可能なので、髭を剃る手間や悩みから解放されます。

おすすめはゴリラクリニックです。

強度の高いレーザーでヒゲの毛根を強力に破壊します。

全国に19医院あり、6万8800円(6回コース)で医療レーザー脱毛を施術してくれます。

また、6回以降でも3年間100円と安心です。

予約は下記からどうそ。

ゴリラクリニック

【ゴリラ脱毛】アンタッチャブル柴田英嗣さん10|「ヒゲ」の完全脱毛に挑戦

おすすめのクリニックとサロンは下記にまとめたので参考にしてください。

まとめ

カミソリ負けしない原因と対策について説明しました。

髭をそる手間や時間を考えると髭脱毛すると良いでしょう。

おすすめはゴリラクリニックです。

強度の高いレーザーでヒゲの毛根を強力に破壊します。

予約は下記からどうそ。

ゴリラクリニック