アメリカ株 マスターカードの今後の株価! 

マスターカード ロゴ

マスターカードとは

マスターカードはご存じのように決済サービスを行う企業で、世界的に事業を行っています。

クレジットカード、事前支払いのプリペイドカード、即時決済のデビットカードによる決済事業を行っています。

本社はアメリカのニューヨーク州マンハッタンです。

下記はクレジットカード決算の取引量を示したものです。

VISAが45%と約半数を占めています。

Union Payは中国のカードで27%、 マスターカードは24%を占めています。

AMEXは2%、JCBとDinersは1%です。

カードシェア

マスターカードInvestor Relations

マスター カードの株価!

マスターカードの株価を以下に示します。

ものすごい勢いで、株価は上昇しています。

2015年から株価は3倍に上がりました。

驚きの成長力です。

PERは46と割高です。

配当は0.48%ですが、自社株買いを積極的に行っています。

自社株買いによる株価増加を考慮すれば、実質2.8%程度になります。

マスターカードの売り上げと利益

売り上げ、利益ともにきれいな右上がりです。

流動比率は141%。

利益率は58%と文句なしの数字です。

2月の第4、四半期決算ではカード決算の大幅な伸びにより、2018年の利益も突出しました。

決済処理件数は21%上昇。

消費者のカード決済が広まっています。

以下に、マスターカードとビザの比較を示します。

総じてビザの方が、良いパフォーマンスを示しています。

ビザの利益率62%は本当にありえない数字です。

項目MastercardVISA
売上高14,950.0020,609.00
営業利益7,282.0012,954.00
税引前当期利益7,204.0012,806.00
当期利益5,859.0010,301.00
税引き前利益率(%)48.1962.14
PER(倍)43.0440.78
流動比率(%)139.49161.13
配当(%)0.550.62

収入の増加は約20%と力強く成長しています。

下記は売り上げの内訳です。

消費者による売り上げだけでなく、B2Bでの売り上げも同程度あります。

マスターカードの広がり

日本ではやっとカード決算が広がりつつありますが、海外ではカード決済が主流です。

下記のように、世界でマスターカードを使えます。

携帯でもマスターカード、ビザの決済は可能です。

Mastercardコンタクトレスはかざすだけ!

マスターカードは中国での展開のため事業申請を行い2020年2月に承認を受けました。

ビザは現在承認待ちです。

中国の決済サービスにおける市場は約3000兆円です。

それに対し、マスターカードとビザの売り上げを合わせても約3兆円です。

中国で事業を開始できればとてつもない成長が期待されます。

このようにマスターカードやビザ無くしては、生活に支障をきたすでしょう。

また、アマゾンはビザやマスターカードと協業で手のひら決済を開発しています。

傘下のホールフーズやファーストフード店でも売り込みを検討中です。

以上のことを考慮すると、ビザやマスターカードはまだまだ事業を拡大できるものと考えられます。

マスターカードの今後と株価予想

まさにマスターカード、ビザは消費者独占企業と言えるかもしれませんね。

もちろん私もVISAの株を有しています。買い増ししたいですが、少し割高ですね。

下記はマスターカードの株価と売り上げのコリレーションプロットです。

2020年の1月の予想は270ドルです。

一方、現在2020年1/10時点の株価は309ドルとそこそこ当たっていると思います。

2021年は順調に売り上げが伸びれば株価は330ドル程度が予想されます。

株価予想

おすすめのアメリカ株に関する記事は下記を参考にしてください。

マクドナルドに関する記事は下記をどうぞ。

P&Gに関する記事は下記を参考にしてください。

コカコーラに関する記事は下記をどうぞ。

ユニリーバに関しては下記にまとめました。

この記事の執筆者:ユウ

投資歴20年以上。アメリカ株(米国株)をメインに投資を行っており、世の中に役に立つ情報の発信を行っている。アメリカ株、日本株、REIT、外国通貨の投資運用を経験。ボロアパート住まいから、投資額として数億円を運用するようになる。経済的自由を得ながら質素な生活を楽しみつつ、世の中のためになるしくみを構築中。

アメリカ株 個別銘柄
ユウカレッジ
タイトルとURLをコピーしました