米国株における長期投資!おすすめの銘柄も解説!

米国株において長期投資について検討しており、どんな銘柄がいいのだろうと考えていると思います。

私は米国株の株式投資で数億円を運用し、米国株による配当金で経済的自由も得ています。

今回、米国株の長期投資とおすすめの銘柄についても説明します。

米国株における長期投資でおすすめの銘柄

私が米国株の長期投資でおすすめする銘柄を以下に示します。

これらの銘柄は実際私が所有している銘柄でもあります。

なぜこれらの銘柄がおすすめなのかについても述べます。

  • グーグル
  • アマゾン
  • コカコーラ
  • マクドナルド
  • ユニリーバ

グーグル

グーグルにおける検索はあなたも使っていると思います。世界では90%の人が使用しており、Youtubeもみんながかじりつくように見ています。これらの広告収入は安定した収益をもたらします。さらにクラウドビジネスも成長しています。

アマゾン

アマゾンを一度も使ったことなないという人もいないかと思います。現在クラウドビジネスはアマゾンが世界No1です。さらに処方箋の配送やロボット掃除機のビジネスを買収しておりさらに成長を続けています。

コカコーラ

コカコーラは世界中で飲まれていますね。ファーストフードのみならず、飛行機の中でも飲まれています。得られた収益で最近ではイギリスのコーヒーチェーンのコスタを買収しました。これにより、さらに収益が増加しています。

マクドナルド

マクドナルドは今やハンバーガーを売っておらず、ハンバーガーやフライトポテトの作り方、店舗経営の方法などを提供する代わりにお金を稼ぐビジネスになっています。このため、世界で店舗が増えるほど収益が増加する素晴らしいビジネスです。

ユニリーバ

ユニリーバは人々の生活に欠かせない生活必需品を提供しています。あまり知られていませんが、アイスクリームの販売は世界で1位です。さらにサブスクモデルによって収益の安定性も手に入れました。

米国株でおすすめの有望銘柄については下記にまとめたので、参考にしてください。

米国株における長期投資の重要性

私は米国株の長期投資を行っています。

この長期投資により、私の金融資産は数億円にも増やすことができました。大きな含み益を得ています。

さらに毎年配当金を約3%程度得ています。

きちんとした銘柄を選択をすることで長期投資は株主に大きなメリットをもたらしてくれます。

米国株の長期投資のメリットを下記に示します。順に説明します。

  • 利益の増加による株価上昇。
  • 自社株買いによる株価が上昇。
  • 米国株における継続的な配当金。
  • 米国株における驚くべき増配。

私の米国株で長期投資によって得られた収益は下記を参考にしてください。

利益の増加による株価上昇

長期投資の重要な点の1つ目は世界展開です。

グーグルはは世界で事業を展開しています。このため事業がスケーラブルです。

下記は、グーグルの利益を示しています。利益は増加することが予想されています。

下記はグーグルの株価を示しています。売り上げが上がるとともに株価も上昇していることが分かります。

自社株買いによる株価上昇

長期投資の重要な点の2つ目は自社株買いです。

マクドナルドは自社株買いに積極的です。

マクドナルドには株主を大切にする文化があります。

自社株買いを行うことで株価が増加し、株主を喜ばせることができるためです。

この自社株買いは証券会社のサイトから簡単に見ることができます。

下記は、マクドナルドの株式数の推移です。

2016年ではなんと約10%も自社株買いが行われました。

マクドナルド 自社株買い
マクドナルド 自社株買い

自社株買いの詳細は下記を参考にしてください。

米国株における継続的な配当金

長期投資の重要な点の3つ目は配当金です。

マクドナルドをはじめとして、コカ・コーラやユニリーバなどの企業は多くの配当金を株主にもたらしてくれます。

配当率は下記のように3%程度と非常に魅力的です。

中には配当率が8%といった銘柄もあります。

  • マクドナルド 2.6%
  • コカ・コーラ 3.0%
  • ユニリーバ 3.0%
  • エクソンモービル 3.75%
  • アルトリア 8.25%

米国株の配当ランキングは下記の記事を参考にしてください。

米国株における驚くべき増配

長期投資の重要な点の4つ目は増配です。

増配とは1株あたりの配当が、前年に対して増加して株主に支払われることです。

以下に、マクドナルド、コカ・コーラ、ユニリーバにおける配当の遷移を示します。

下記に示すように、配当金は年々増加していることが分かります。

株を買い増しているわけではないのに、受け取るトータルの配当金が増加しています。

世界的規模で売り上げが上昇しているためこのような配当金の増加が可能となるのです。

配当率が毎年約3%と変わらないのは、株価も一緒に上昇しているためです。

米国株で安定して高配当を出している企業は下記の記事を参考にしてください。

まとめ

以上、長期投資の重要性についてお話ししました。

また、この長期投資を行うには、何よりも消費者独占力を有している企業を選択することが重要です。

消費者独占力を有している企業とは、だれもが必要とする商品、サービスを永続的に提供することができる企業です。

皆さんもぜひ長期投資にチャレンジしてみてください。

詳細は下記の記事をどうぞ。

NISAを使うと配当金に掛かる税金を少なくすることができます。 特にADR銘柄と組み合わせると税金をゼロにすることが可能です。詳細は下記を参考にしてください。

おすすめのネット証券は下記の記事を参考にしてください。

この記事の執筆者:ユウ

投資歴20年以上。アメリカ株(米国株)をメインに投資を行っており、世の中に役に立つ情報の発信を行っている。アメリカ株、日本株、REIT、外国通貨の投資運用を経験。ボロアパート住まいから、投資額として数億円を運用するようになる。経済的自由を得ながら質素な生活を楽しみつつ、世の中のためになるしくみを構築中。

アメリカ株への投資
ユウカレッジ
タイトルとURLをコピーしました