退職言い方 例と大切な5つの内容をご紹介!

退職を切り出したいけれどどう言い出したら良いのか悩んでいると思います。

私も転職経験があり、同様に悩みました。

人生で数回あるかないかのことなので、分からなくて当然のことだと思います。

今回、退職の言い方について例を挙げながら説明します。

誰に伝えるのか

直属の上司に伝えましょう。

課に属していれば課長に伝えましょう。

課長であれば部長に伝えればよいかと思います。

いきなり人事に話すのは避けた方がいいでしょう。

人事部から上司に話が伝わっては、上司のメンツが丸つぶれになってしまいます。

部下の管理ができていないというような事態にもなりかねません。

必ずはじめは直属の上司に話すようにしましょう。

退職をしてよいかどうか悩んでいる人はこちらの記事をどうぞ。

伝えるタイミング

上司に話す時間を取ってもらう

上司に話して2人で話す時間を取ってもらうと良いかと思います。

下記のように、メールで問い合わせをしてもよいかと思います。

「お話したいことがあり、少しだけお時間をいただけないでしょうか?」

私はちょうどフィードバック面談の時に話すことができました。

上司と2人になる機会はなかなかないと思いますが、こういった機会があったら利用しましょう。

話すのはできれば転職先が決まってから

また、できれば正式に次の転職先が決まってから話すようにしましょう。

もし、次の転職先が決まっていない場合、退職してしまうと無収入になってしまいます。

次の転職先が必ず決まるともかぎりません。

このため、退職を上司へ伝えるタイミングは転職が決まった後にしましょう。

切り出す際に相手の気持ちを考える

唐突に「来月いっぱいで退職します。」というのは上司が困惑してしまうでしょう。

伝えられた上司が自分に非があるように感じてしまうかもしれません。

「誠に申し訳ないのですが」

「これまで仕事をさせていただいて申し訳ないのですが」

といった言葉を最初に述べた方が上司も素直に受け入れやすいと思います。

退職を話す前に準備しておくこと

転職理由

退職を上司に話す場合、必ず理由を聞かれます。

退職理由はできればポジティブな理由がいいでしょう。

「さらなる成長を目指したい。」

「こういった仕事をしたい。」など。

理由として避けたいのは特定個人の批判を理由にすることです。

双方が嫌な気持ちを残すことなく、円満に退職した方がいいでしょう。

転職先は言ってもいいのか?

転職先は言わないようにしましょう。

転職先が競合他社である可能性もあり、情報漏洩といったリスクにつながる可能性があるためです。

「まだ転職先は決まっていません」と話すだけで問題ありません。

退職した後も、できるだけ言わないでおいた方がいいでしょう。

転職先はとかくうわさで耳に入るものです。

それで十分でしょう。

同僚への伝え方

同僚へは上司を通じて辞めることを話してもらうとよいと思います。

おそらく会議等でグループの同僚に上司が話してくれると思います。

上司より先に同僚に退職することを話すのはやめておきましょう。

必ずはじめに上司に話すようにしましょう。

退職先を同僚に話すのもやめておいた方が無難です。

同僚を通じて会社側に転職先が知られるリスクがあります。

先ほど述べたように情報漏洩のリスクにつながる可能性がありますので同僚にも退職先を話すのはやめておきましょう。

伝えた後での社内生活

伝えた後の会社生活では、会社側が情報の管理を行い始める場合があります。

具体的には重要な会議に出ないように言われたり、重要なメールに関しても届かなくなります。

できるだけ社内の情報をこれ以上社外に持ち出させないようにするためです。

これは仕方ないことなので受け入れましょう。

内心、さびしい気もしますが退職とはそうゆうものなので理解することが大切です。

退職するときの準備と手続きに関する記事はこちらの記事をどうぞ。

まとめ

退職の言い方について大切な5つの内容をご紹介しました。

情報の管理をされることは自分にとって非常につらいことですが、受け入れることが重要です。

会社側と自分が円満に次のステージへ進めるようにしましょう。

この記事を読んでいる方の成功を祈ります。

  • 直属の上司に伝える。
  • できれば正式に次の転職先が決まってから話す。
  • 退職理由はできればポジティブな理由が良い。
  • 転職先は言わない。

退職する前に次の転職先を決めておくことが重要です。

転職をサポートしてくれるおすすめの転職エージェントは下記を参考にしてください。