転職エージェント ホワイト企業へ転職する方法!

現在働いている企業がブラック企業で、今すぐにでもホワイト企業に転職したいと考えているのではないでしょうか?

私は転職エージェントによってホワイト企業に転職することができました。

今回、ホワイト企業へ転職する方法についてご紹介します。

ホワイト企業の特徴

残業が少ない、またはほとんどない

ホワイト企業の特徴の一つとして残業が少ないことが挙げられます。

ホワイト企業では仕事の量に対し、適切な人員を確保しています。

このため多くの残業が生まれません。

一方、ブラック企業の特徴は利益が第一優先であるため、少しでも固定費を下げようとします。

このため、従業員を限界まで少なくしており、ブラック企業の場合は多くの残業が生まれてしまいます。

有給休暇を取得できる

ホワイト企業の場合は、余裕のある人員構成を採用しています。

このため仮にある従業員が有給休暇を取る場合でも、他の人に割り振られる仕事量は少なくて済みます。

あるいはマネージャーが仕事の量を管理、調整しているので大きな仕事の変動量は発生しません。

このように余裕のある人材構成、仕事量の調整によりホワイト企業では有給休暇を取ることが可能です。

一方、ブラック企業の場合は、先ほど述べたように人員は最小限にしています。

このため有休休暇を取ってしまうと他の人に膨大な仕事が降りかかるため実質的に有給休暇を取ることができないのです。

安全衛生マネジメントチームがある

ホワイト企業の場合、安全衛生を管理し、さらに推進するチームがあります。

このようなチームは残業を少なくする取り組みなどを行っています。

また、例えば月に50時間以上働かないような勤怠システムも有しています。

もし50時間以上働くと、人事から本人とマネージャーに注意が届くようなシステムです。

ホワイト企業になりやすい企業

ホワイト企業になりやすい企業は利益率が高いことが挙げれます。

利益率が高いと、その得られた利益で人員を雇うことが可能になります。

ホワイト企業はそういった利益で企業として無理のない人員構成にすることができます。

無理のない人員構成で残業を減らすことが可能になるのです。

利益が高い場合、先ほど述べたような残業を抑制する勤怠システムを導入することも可能です。

一方、ブラック企業の場合は利益率が低く、利益がほとんどないためにこういった余裕のある人員構成にすることができません。

常に人員は限られ、残業が多くなり、有休も取ることができません。

さらに利益がないため、残業を抑制するような勤怠システムの導入もすることができません。

このようにブラック企業では残業自体が全く管理されず、常態化してしまうのです。

ホワイト企業の見つけ方

安全衛生優良企業公表制度

国には安全衛生優良企業公表制度があります。

企業におけるメンタルヘルス対策、過重労働防止対策などの取り組みを行っていることを評価する制度です。

この制度において、厚生労働省は従業員を守る取り組みをしているホワイト企業を下記のように公式に公表しています。

さらにこのサイトでは、下記のように認定された企業を検索することができます。

もし、自分が転職したいと考えている企業があればその企業名を入れて検索してみてください。

ちなみに最近ブラック企業として訴えられている企業を入力して探してみましたが出てきませんでした。

認定企業の検索ページはこちらです。

口コミサイトの活用

口コミ調査でホワイト企業かどうかも判断できます。

口コミで、パワハラや残業が多いなどの口コミが多い場合、ブラック企業である可能性が高まります。

口コミも注意して確認すると良いでしょう。

特におすすめの口コミサイトは会社の評判です。

なんら煩わしい登録なしに口コミを確認することができます。

おすすめの口コミサイトの詳細は下記を参考にしてください。

ホワイト企業への転職

ホワイト企業へ転職するための転職エージェントをご紹介します。

私はこれらを使用して実際に内定を得ることができました。

口コミサイトなどで見つけたホワイト企業を転職エージェントに調べてもらうといいでしょう。

特におすすめなのはキャリアカーバーです。

転職エージェントが親身になってサポートしてくれ、年収面など魅力的な一流企業を紹介してくれます。

案件も5万件と圧倒的な量を誇ります。

私が使って良かった転職サイトは下記をどうぞ。

20代おすすめの転職エージェントは下記を参考にしてください。

30代、40代おすすめの転職エージェントは下記をどうぞ。

まとめ

ホワイト企業へ転職する方法をご紹介しました。

ホワイト企業は安全衛生優良企業会社の評判などで判別することが可能です。

こういった情報を元に転職エージェントと転職活動を行うと良いでしょう。

今すぐにでも会社を辞めたい場合は退職代行を用いる方法があります。

詳細は下記を参考にしてください。

女性のための転職エージェントは下記にまとめました。