転職エージェントの使い方!

転職エージェントとどう関わって転職を進めたらよいのだろうと悩んでいると思います。

私は、転職エージェントを通じて外資系の企業へ転職することができました。

年収もアップさせることができました。

今回、転職エージェントの使い方についてご紹介します。

転職エージェントの特徴

案件の紹介

通常の転職サイトは自分で案件を見つけ出して、自分で応募します。

一方、転職エージェントは転職サイトとは異なり、自分に合ったおすすめの案件を紹介してくれます。

履歴書や職務経歴書の添削

転職エージェントは、企業の必要とする人材の情報をよく理解しています。

このため、履歴書や職務経歴書において応募する企業が強い興味を示すように履歴書や職務経歴書を添削してくれます。

企業との面談についてアドバイス

転職エージェントは、これまで転職サポートしてきた人から面接で聞かれたことなど情報収集を行っています。

このため、この企業の面接はこのような内容を聞かれるといった多くの情報を持っています。

企業と面談する際には転職エージェントから面接の内容などについてアドバイスを受けることができます。

転職エージェントの特徴
  • 案件の紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 企業との面談についてアドバイス

転職エージェントを選ぶ際のポイント

20代向けの転職エージェント

20代でまだ職歴が浅い人は、ハイクラスの転職エージェントに申し込んでもなかなか案件を紹介されないでしょう。

ハイクラスの案件はこれから実力を十分に蓄えてから十分紹介してもらえます。

このため、20代の方はリクルートエージェントなどの様々な案件を持っている転職エージェントを使用すると良いと思います。

詳細は下記の記事を参考にしてください。

第二新卒の方はこちらをどうぞ。

30代、40代向けの転職エージェント

30代、40代ともなると職歴があるとともに、マネジメントスキルや専門的な能力が身についていると思います。

こういった方は、ハイクラスの転職エージェントに申し込んだ方がいいでしょう。

このような転職エージェントに申し込むことにより、自分の希望にあった案件を紹介してもらえます。

詳細は下記の記事を参考にしてください。

自分に合った転職エージェント

IT技術に精通した方、第二新卒の方、女性の方などに特化した転職エージェントもあります。

このような自分に合った転職エージェントを使用するとより、最適な企業を紹介してくれる可能性が高まります。

詳細は下記を参考にしてください。

IT技術に精通した方はこちらをどうぞ。

女性の方はこちらをどうぞ。

医師の方はこちらを参考にしてください。

転職エージェントの利用方法

転職エージェントへ登録

登録ページから登録します。

3分ほどあれば完了します。

サイトによっては学歴や、職歴を入力する場合があり、もう少し時間がかかるかもしれません。

転職エージェントと面談日の調整

登録が完了すると早速、転職エージェントから面談の連絡がメールで来ます。

自分の希望する面談日を返信します。

案件は面談前に教えてもらった方がいいと思います。

できるだけ面談の時間の無駄にならないように事前に教えてもらった方がいいでしょう。

もし、自分の興味のない企業であれば、別の案件を探してもらうように伝えると良いと思います。

興味のある案件が出てきたら、面談に進めましょう。

転職エージェントとの面談と案件の紹介

面談において、転職理由を聞かれると思いますので、簡単に考えておくと良いと思います。

その後、案件の具体的な内容について紹介されます。

その人材を探している経緯などの詳細について教えてもらえます。

さらに、どんな転職先を考えているかについても聞かれると思います。

ここで、できるだけ自分の希望する職務内容を伝えると良いと思います。

具体的に説明することで今後、転職エージェントがブレなく企業を見つけ出すことができます。

質問もすることができるので、事前に質問する内容を箇条書きで書き出しておくとベストです。

面談の詳細に関しては下記を参考にしてください。

転職エージェントの利用方法
  • 転職エージェントへ登録
  • 転職エージェントと面談日の調整
  • 転職エージェントから案件の紹介

面談までに準備するもの

面談までに準備する書類は履歴書と職務経歴書です。

面談後に送っても良い転職エージェントもいます。

毎日少しづつ書き足していけば、1週間で立派なものが出来上がるのであせらずに作成していきましょう。

外資系企業の場合、必要であれば英文レジュメを用意します。

外資系企業への転職の仕方は下記の記事を参考にしてください。

転職エージェントと面談するまでに準備するもの
  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 外資系企業の場合は英文レジュメ
  • 質問事項

転職エージェントのメリットとデメリット

メリット 

メリットとしてはやはりかなり高収入の案件を紹介してくれることです。

また、先ほど述べたように自分で案件を探さなくても、自分に合った案件を紹介してくれることです。

デメリット

デメリットとしては、転職エージェントにもあまりやる気のない人もいることです。

たまたまだと思いますが、一度だけ面談をすっぽかされたことがあります。

こういった方は次回は合わなくで問題ありません。

私もそっと合わないようにしました。

転職エージェントのメリットとデメリットの詳細は下記の記事を参考にしてください。

注意すべきこと

必ずしも自分の希望する案件が来るとは限らない

転職エージェントは、履歴書や、職務経歴書をもとに案件を探して紹介してくれます。

紹介してくれる案件が、自分の希望するものと異なることがよくあります。

しかし、転職エージェントは一生懸命、案件を探してくれています。

こういったことに不満を持つことなく、気長に待つことをおすすめします。

安易に提案された案件を受けない

自分の希望する案件と異なる場合、無理せずに断るようにしましょう。

安易に受けてしまうと、自分の時間を無駄にすることになります。

さらに、転職エージェントも今後自分の希望しない案件を持ってきてしまうためです。

まとめ

転職エージェントの使い方をご紹介しました。

転職エージェントはきっと自分の味方になってくれ、転職をサポートしてくれます。

この記事を読んでいる方の成功を祈ります。

おすすめの転職エージェントは下記の記事を参考にしてください。