第二新卒のための転職エージェントと転職サイト おすすめ比較ランキング!

現在、転職のために転職エージェントを検討されていると思います。

私は転職エージェントを通じて売り上げ19兆円以上になる外資系IT企業への転職を成功させることができ、年収も200万円アップさせることができました。

これまでに10名以上の転職エージェントと面談やメールでの交渉をしてきた経験もあります。

今回、私の経験からおすすめの転職エージェントやスカウトをもらう方法についてご紹介します。

転職サイトと転職エージェントとの違い

転職サイトとは?

転職サイトは主に自分で転職先をサイトで探します。

その後、履歴書や職務経歴書を自分で企業へ送ります。

もし、書類選考を合格すると面接まで進むことになります。

1度または2、3回の面接の後、合格となります。

このように転職サイトでは、自分主体で転職活動を行うことになります。

転職サイトでは自分で仕事を自由に決めることができるメリットがあります。

しかしながら一方で、転職先を自分で探すことになるので手間がかかるデメリットがあります。

代表的な転職サイトとしてはDODAやリクナビNEXTがあります。

BIZREACHは転職サイトと転職エージェントの両方を有しています。

次に転職エージェントに関して説明します。

転職エージェントとは?

転職エージェントでは転職サイトと異なる点がいくつかあります。

転職エージェントではまず、転職エージェントが転職先の案件を教えてくれます。

そして履歴書や職務経歴書を転職エージェントを介して企業に送ることになります。

この履歴書や職務経歴書は転職エージェントによって添削してもらうことが可能です。

このため、より企業が分かりやすい魅力的な書類に仕上げてくれることを助けてくれます。

さらに、年収や待遇など転職エージェントが間に入ってより好条件となるように交渉してくれます。

以上のように転職エージェントを使うことで今の仕事を続けながら大きな手間を掛けずに転職活動を行えるメリットがあります。

代表的な転職エージェントとしてはキャリアカーバーとリクルートエージェントがあります。

キャリアカーバーはリクルート系列のハイクラスになります。

転職エージェントのメリット

転職エージェントはとても魅力的な求人を教えてくれます。

自分で探す手間が無いので忙しい方におすすめです。

自分の期待するようなポジションや高年収の案件を紹介してくれます。

100万円から200万円の年収アップを期待できるでしょう。

私の場合、最高で年収が2倍にもなるような案件も紹介してもらいました。

最終的にこの案件は企業の面談まで進むことができませんでしたが、私の年収は転職エージェントによる転職で大幅にアップし、経済的な自由を得ることができました。

転職エージェントからスカウトをもらう方法

職務経歴書にこれまで携わった多くの職務内容を記載することをお勧めします。

些細な仕事でも良いので記載しておくといいでしょう。

そうすることで転職エージェントが案件を見つけやすくなり、スカウトを出しやすくなります。

私は本職の仕事の他に、安全を推進する仕事も数年ほど行っていました。

これを記載していたところ、転職エージェントからスカウトをもらうことができ、企業から面接を取り付けることができました。

このように自分の意外なところから、このような企業が現れるので少しでも携わった仕事はできるだけ職務経歴書に記載するようにしましょう。

転職エージェントからのスカウト数

下記は約1年間において私がお世話になった転職エージェントからのスカウト数の比較を示します。

(数か月の差はあります。詳細は表を参考にしてください。)

1つの転職エージェントからのスカウトの数は10件から15件です。

複数登録することで、より自分の期待した案件を得られるチャンスが広がります。

リクルートエージェントやDodaエージェントサービスでは合計40もの積極的なスカウトがあることが分かります。

転職エージェントスカウト数使用した月
ビズリーチ1412ヵ月
キャリアカーバー1310ヵ月
iX転職1112ヵ月
リクルートエージェント178ヵ月
DODAエージェントサービス2312ヵ月

おすすめの転職エージェントと転職サイト

以下におすすめの転職エージェントを示します。

おすすめはリクルートとDODAの転職エージェントです。

リクルートの転職エージェントでは毎週定期的に自分にあった案件を紹介してくれます。

DODAは転職エージェントではありませんが毎日、おすすめの案件をメールで紹介してくれます。

無料ですので3つほど登録しておきましょう。

登録しておくだけで、案件を紹介してくれます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントはNTTベンチマーク調査で転職エージェントNo1を獲得しています。

リクルートエージェントでは電話、または面談で丁寧に案件を紹介してもらえます。

登録すると下記のようにパーソナルデスクトップができます。

紹介された案件はパーソナルデスクトップの求人一覧に表示されます。

国内の有名な上場企業だけでなく、海外の案件も紹介してくれます。

私の場合リクルートの転職エージェントは毎週必ず2つ程度、一流企業の案件を紹介してくれました。

口コミ!

 こちらの転職エージェントを利用し、無事転職できました。 担当者によるのでしょうが、とても丁寧で希望の仕事内容のヒアリングや電話での模擬面接もしてもらえました。 マメに連絡を頂けたので安心できましたし、現職の退職の手配もスムーズにできました。 模擬面接は初めてでドキドキでしたが、良かった点を誉めてもらえたり、改善点を的確に教えてもらえたりしたので、自信がつきました。

 こちらのエクゼクティブエージェントにお世話になりました。他のエージェントがおざなり対応する一方、こちらにはきめ細やかな対応いただき、転職を決めれました。

 面接では日々意識したこと、そこで成功したこと、失敗した際にどうしたかなど、エピソードを交えて話ができれば問題ないでしょう」とアドバイスされました。面接の結果は、「新規事業を推進していくのに柔軟な発想力と必要な行動力を備えている」と評価され、採用に至ったんです。

doda

DODAは10万件以上の求人案件を有しており、転職者の満足度がNo1です。

DODAはメールで下記のように毎日案件が届きます。

とても案件が豊富で、上場企業からの案件が多数あります。

また下記のように有名な企業からのオファー案件も届くので、とても助かります。

ただし、このオファーは残念ながら”申し込んでくださいね”といった程度のもので企業からの熱烈なスカウトではないので注意しましょう。

実際申し込んでも書類選考で落とされるといったことがよくあります。

また、一方、面接が本当に確約している場合、企業からプレミアムオファーが届きます。

下記は実際に私に来たメールの内容の一部です。

直接、企業と面談へ進めることができ、実際面接を行うことができました。

(このオファーが来た時点では匿名状態になっています。)

口コミ!

「絶対に薬の開発に携わる!」という思いで、求人がある限り応募しつづけました。臨床開発だけでなく、どんな手順・工程で試験をするかの企画から関われる仕事で、急に夢がかないました! ベンチャーなので社長とも直接話しますし、前職では接点のなかった研究や製剤の担当者とも直接やりとりして情報交換できるんです。夢にまで見た仕事をやらせてもらっている実感があります。

スタートはのんびりでしたけど、転職できて良かったですね。最初は不安でしたけど、エージェントにほかの業界や同年代の転職の情報をもらって、自分や会社を第三者的に見られるようになったことで焦りも解消されました。今はIT業界なので、この先の成長も見込めるし、扱う商材も増えたし、サービスを含めた提案の幅も広がって、かなり前向きになってます!

担当してくれたキャリアアドバイザーが、元看護師という経歴の方だったんです。だから私が今までにやった検査の難易度や病院での業務内容を、説明しなくてもすぐに分かってくれて、「ここを不安に思ってるでしょう?」ってズバリ言い当てられました。「今のハナさんならこういう仕事ができるはず」と経験が活かせそうな会社をリストアップしてくれたり、「こういう点に苦労するかも」と経験がない部分を気づかせてくれたり。まさに私が不安に思ってたことをひとつずつ解消するような、リアリティのある情報提供をしてくれたんです。ここまで状況を理解して勧めてくれるなら、きっと私でも大丈夫だと、まったく経験のない業界に向かうとなっても安心して臨めました。それに面接の想定問答も用意してくれて、なんとそれを全部聞かれて、思いのほかスラスラ答えられました(笑)。

自分で聞きにくいことは、エージェントに事前に確認してもらっていたんです。たとえば残業の状況や将来的なモデルキャリア、家賃など各種手当の金額など、かなり細かいことまで聞いてもらいました。実は2社目の時は自分で応募したので、「えっ、残業代は30時間まで基本給に込みだったのか…!」という失敗もあったので(苦笑)。おかげで入ったときのギャップも少なくてすみました。今はバックオフィスの仕事をしながら研修も兼ねて先輩と一緒に営業先を回っていて、2カ月後から本格的に一人でお客さまと商談することになっています。営業経験の少なさは今でも不安ですが、自分で目指した道だから、頑張るしかないですね!

リクナビNEXT

リクナビNEXTでは4万9000件から求人を見つけることが可能です。

閲覧履歴からあなたにあった求人を自動的に表示してくれるので手間が省けます。

フレックス勤務、土日休みなどのキーワードを使って検索することも可能です。

また、設定によって企業からオファーを受けることも可能です。

忙しくて求人を探す時間が無い人におすすめの機能です。

口コミ!

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20sは 20代、第二新卒向けの転職エージェントで完全無料でサポートしてくれます。

利用者数15万人で20代向けの求人1900以上あります。

さらに未経験OK求人も1200以上あるので、新しい分野へチャレンジしたい人におすすめの転職エージェントです。

キャリトレ

キャリトレはビズリーチの20代向け転職サイトになります。

転職エージェントを介さず、企業から直接スカウトが届きます。

自分にアピールできる点があれば積極的に使うといいでしょう。

登録、転職サポートは無料になります。

口コミ!

ウズキャリ

ウズキャリは新卒や、第二新卒専門の転職エージェントです

内定率86%と高い実績を誇ります。

完全無料でありながら、2時間の面接対策もしてくれる良心的な転職エージェントです。

口コミ!

新卒の就活は、理系だったけど勉強が嫌いだったので、営業職を手当り次第に受けまくっていた。中小企業で内定ゲット。ただ、仕事があんまりおもしろくなくて1年で退職。第二新卒となって色々な仕事を見るようになる。技術職にも目を向けたことが就活の転機となる。今は大学時代に勉強したことを生かして技術職として活躍中。手に職が就いたことで自信にも繋がっているような気がする。

新卒の就活では、面接が苦手だったこともあって事務職を希望。事務職として半年間働いてみてかなり地味な環境に正直飽きちゃって。横で働いている営業の人たちはイキイキと外に出て働いている。私もあんなふうに働きたいと思って営業職を目指すことに。ウズキャリで何度も何度も面接練習したことでやっといつもの自分を出せるようになる。転職は決して楽しくはなかったけど、転職を通して自分はちょっと成長できたと思う。

第二新卒Agent neo

第二新卒Agent Neoは第二新卒専門の転職エージェントです。

完全無料で転職成功者は1万5000人以上と高い実績を有しています。

未経験でもOKの求人は5000以上とりそろえています。

既卒、フリーターでも対応してくれるので誰でも安心して相談できます。

口コミ!

就職活動が上手くいかずそのまま卒業し、2年間アルバイトをしていました。久々に会った友人たちが立派な社会人になっていて、焦って就職活動を再開しました。相談や面接の対策をしてくれると言う事で、たまたま見つけた第二新卒エージェントさんに登録をしてみました。今までは、他の人に自分のアピールをするのが苦手だったのですが、相談するうちに、自分では気付かなかった長所や短所、更には将来なりたい姿も見つかりました。次第に自信を持って話せるようになり、無事に内定も頂く事ができました!最初は不安だらけでしたが、第二新卒エージェントさんに相談してみて良かったと思えています!

新卒で個人向けの教材を販売している企業へ、新規開拓の営業職として入社しました。しかし、なかなか成果も上がらず、仕事がつらくなり3ヶ月で退職をしてしまいました。職歴が短い中でのキャリアチェンジは難しく、困っていたところ、ネットで第二新卒エージェントさんを見つけ、相談をしてみました。第二新卒エージェントさんでは、しっかりと相談にのって頂きました。そして、もう次は失敗したくないという気持ちを汲み取っていただき、若手の方が長く勤められる環境の企業を紹介して頂けました。ただ紹介されるだけではなく、その企業様専用の業界・職種理解や志望動機作成を行っていただきました。
対策もバッチリ10時間以上行っていただき、おかげさまで無事に内定を得ることができました。一人で悩み続けていたら今の自分はいなかったと思います。ありがとうございました。

パセリスタッフ

パセリスタッフは完全無料で転職サポートしてくれ、未経験OKの求人が多数あります。

就業後もサポートしてくれるので社会生活で分からない点があっても安心です。

心理カウンセラー在籍しているので、不安な点があれば相談してくれます。

口コミ!

今まで人間関係に悩み転職を繰り返しましたが、今度こそ、長く続けられる職場に転職をと考えていました。パセリスタッフに悩みを打ち明けた際、それであれば、一度派遣として入職してみて、気に入った企業に正社員として就業するのはどうか、と提案を受けました。紹介予定派遣の求人を紹介していただき、初めは派遣としてフルタイムでの勤務がスタートしました。「6ヶ月以内に自分に合う企業かどうかを判断して良い」ということだったので、上司や先輩との関わりを大切にしながら吟味し、正社員への転換を判断しました。担当の方にいつも相談させてもらい、もし、この企業の風土が合わなくても、次も紹介してくださると言ってくれたことが励みになりました。

専門学校を卒業して、DTPデザイナーとして働いていたのですが、なんとなく自分と合わないような気がしながら日々もやもやと過ごしていました。心理テストや心理カウンセリングを無料で受けられるというメルマガをみて、ふと「やってみたいな」と思いカウンセリングを受けてみることに。女性カウンセラーの方とお話ししているうちに、自分がデザイナーという仕事にそこまでの思い入れがなく、「生活の安定」「手に職を」という意識が強かったことを思い出しました。心を決めて転職して、今は建築図面を作図するCADソフトを使い、PC上で図面を作成したり、修正するお仕事です。まったく想像もしていなかった業界ですが、やってみると黙々と作業に打ち込めるペースがデザイナーと似ていて、ほとんど苦労はありません。何より、正社員という安心感と福利厚生の充実に感謝していて、CADオペレーターの資格取得に向けて勉強のやる気も出てきました。海外研修旅行制度もあり、3年目ではグアムに行けるということで、来年はパスポートも取ろうと思っています。

プログラミングを学びつつIT企業へ転職する方法もあります。

詳しくは下記の記事を参考にしてください。

もし、今ブラック企業で働いている方は、新しい未来のために退職代行を使う手もありますので下記を参考にしてください。

転職に失敗しない方法

転職先を事前に調べておく

転職先が実はブラックだったということがないようにしなくてはなりません。

転職する前に会社の状況を調べることができます。

おすすめは会社の評判です。

登録なしに、会社の内情、給与などを確認することができます。

会社の評判

転職口コミサイトの詳細はこちらを参考にしてください。

転職先の会社の利益を確認

私が転職で理解したのは年収は結局のところ自分の実力に大きく関係しないということです。

つまり、年収はその勤めている企業がいかに社会に貢献して稼いでいるかによって決まります。

このため、転職の際には利益を出している企業への転職が重要になります。

利益の出ていない企業への転職は避けた方がいいでしょう。

現在の企業の利益と転職先の企業の利益の大きさを把握しておくとよいと思います。

詳細は下記の記事を参考にしてください。

今住んでいる地域で就職を希望する場合

今住んでいる地域で就職を希望する場合は公的機関であるハローワーク(公共職業安定所)で検索することで、多くの求人を見つけることが可能です。

ハローワーク

東京における転職エージェントは下記を参考にしてください。

大阪における転職エージェントは下記を参考にしてください。

Q&A

転職エージェントとの面談は?

転職エージェントとの面談は主に電話、スカイプまたは対面で行われます。

事前に自分の聞きたいことなどをまとめておくといいと思います。

対面の場合はきちんとした服装で面談を行った方がいいでしょう。

転職エージェントは企業に人材を責任もって紹介する立場です。

このため、いい加減な人と思われないようにすることが大切です。

転職エージェントの面談で注意したいことは下記を参考にしてください。

私の転職体験記は下記を参考にしてください。

転職エージェントとの面談の前におさえておくポイントは?

面談する前に事前に案件を教えてもらうことをおすすめします。

よく面談後、あるいは面談中に案件を紹介するといったことがあります。

私の経験では、こういった案件が自分の期待する案件でなく、せっかく忙しい中で時間を取って面談したのに期待外れになったことがありました。

このため、面談前に事前に案件を教えてもらい、自分の期待する案件なのか確認してから面談へ進むことをおすすめします。

また、転職理由や自分の聞きたい点などを簡単にまとめておくといいと思います。

まとめ

転職で私は数百万円の年収アップにつながりました。

やはり利益を出している企業への転職を検討することが重要かと思います。

利益の出していない企業への転職は年収低下だけでなく、 付加価値がない商品、サービスの仕事に携わることになり、キャリアの行き止まりになってしまいます。

利益を出している企業への転職により、年収アップを期待することができるでしょう。

マイクロマネジメントで退職を考えている人の対処方法は下記をどうぞ。

心が折れて退職を考えている人の復活方法はこちらをどうぞ。

この記事を読んでいる方の成功を祈ります。