転職した方がいい 意外と知られていない4つの理由!

今、転職すべきかどうか悩んでいるのではないでしょうか?

私は、世界的なブランドを有するIT企業に転職することに成功しました。

今回、転職した方がいい理由について説明します。

転職した方がいい理由

すでに昔のように一つの会社で働くことは少なくなってきました。

最近では、より稼いでいる企業へ転職を行い、自分の年収を上げることが一般化してきています。

特に外資系のCEOは転職を経て入ってきている人が多くなっています。

例えばマクドナルドの原田さん、ノバルティスの三谷さん、スターバックスの岩田さんといった人たちです。

このように自分の積み上げてきたキャリアを正当に評価してもらい、さらに活躍できる場を見つけるようになってきているのです。

以下に転職した方がいい理由を4つ挙げてみます。

年収を上げることができる。

一つ目は転職によって年収を上げれることです。

より利益が出ている企業へ転職することで、年収を上げることができます。

自分のこれまで築いてきた実績をアピールすることで、転職先の評価を上げることが重要です。

私の年収は転職により3割程度上がりました。

しかし実際私の実力は転職前後で大きく変わっていません。

より稼いでいる企業へ転職できたことで年収を上げることができたのです。

このため、転職はより稼いでいる企業への転職が重要になります。

貯金ができ、投資に回すことで安心につながる。

年収が上がると、貯金ができるようになります。

この貯金を投資に回すことでそこから配当金が得られるようになります。

この配当金は、自分が働かなくても永続的に入ってきます。

このため、仮に退社するような事態になってもサーフティーネットになるのです。

私は年収が上がったことで、余裕の資金が生まれました。

この資金を米国株に投資することで配当金を得られるようになり経済的自由を得られるようになりました。

アメリカ株の詳細は下記を参考にしてください。

FIREが可能になる。

FIREとはFinancial Independent Retirement Earlyの略です。

配当を生む米国株などの資産が積みあがってくると、生活できるような収入になってきます。

つまり、会社などに依存しなく、投資による収入から自分で生きていくことが可能になるのです。

このため、会社は行っても行かなくても良い状態になります。

もし、自分のやりたいことがあるのであれば独立するタイミングを見計らって退社が可能になります。

次のステップへつながる。

以上のように、自分が企業のオーナーになることで配当といった収入を得られるようになります。

この収入だけで生活できるようになれば、独立することが可能です。

独立して自分で楽しみながらビジネスを作れるようになります。

自分のビジネスがうまく回転すれば、さらに収入を上げることが可能になります。

転職の仕方

転職は転職エージェントを用いるといいでしょう。

自分でも驚くような高収入の案件を紹介してくれます。

下記の4つの転職エージェントは私がよくお世話になった転職エージェントです。

使ってみるといいかと思います。

登録は無料です。

BIZREACH おすすめ!

ビズリーチは求人数10万件、登録ヘッドハンターは3500人とあらゆる面で転職しやすい環境を構築しています。

ビズリーチでは、主にエージェントによるスカウトがあります。

また、自分から案件を探して申し込むことも可能です。

ビズリーチでは、企業などの詳細な情報を得たい場合、月約5000円必要になります。

下記はビズリーチにおける自分のページになります。

(登録した1か月は無料で使用可能)

ここだけ他の転職エージェントと異なるところです。

ビズリーチの転職エージェントはとても真摯にサポートしてくれ、転職を成功させることができました。

口コミ!

公共事業を主に扱う企業にシステムインテグレーターとして就職後、中堅IT企業や大手人材企業のシステムマネージャーやITコンサルタントを歴任。自分の力を社会に生かしたいと思うようになり、転職を考えていたところ魅力的な企業からスカウトを受け取った。

学生時代から大手電機メーカーの研究所で働き、卒業後は同研究所に入社。仕事は面白くても、製品は世に出るまでに10年かかることもあった。そんななか、信頼・尊敬できるヘッドハンターと出会い、ベンチャー企業へエンジニアとして転職することを決意。

「人々が熱狂し、感動を共有する」というスポーツの世界に魅了され、大学卒業から一貫してスポーツビジネス業界に携わってきた。職務経歴書をアップデートしてから約1カ月後、海外のプロサッカーチームからスカウトが届き、すぐに選考を受けることを決意。

今回力になってくれたヘッドハンターは、小規模エージェントの所属ながら、企業理解力、交渉力といった点で群を抜いており、彼なくして今回の転職はなかったと断言できます。たとえば、応募条件から外れていても、自身の力量やポテンシャルを理解してくれるヘッドハンターに出会えれば力強く交渉してくれますし、競合候補者がいてもアドバンテージを発揮することができます。彼との出会いをつくってくれたビズリーチには、とても感謝しています。

ビズリーチに登録すると、ヘッドハンターや求人企業から多数のスカウトメールが届いた。そのなかで、興味の湧いた求人企業を抱えるヘッドハンターに連絡。「すでに転職を経験していたので、面接対策などへの不安はありませんでした。今回、私がヘッドハンターに期待したのは、『求人企業に関する情報のリサーチ力』です。求人企業が今求めているものや予算規模、ビジネスの成長度や未来像など、職務経歴書の作成や面接の助けとなる詳細な情報をできるだけ提供してほしいと依頼しました。手間のかかる作業だと思いますが、それにしっかり応えてくださったヘッドハンターといいお付き合いができました」。応募したのは2社だけだったが、信頼の置けるヘッドハンターが万全な情報収集をしてくれたおかげで、2社とも内定を得ることができた。

【ビズリーチ】ヘッドハンターサミット2017 Official Movie

ビズリーチの効果的な使い方は下記の記事を参考にしてください。

キャリアカーバー(リクルートのハイクラス転職)おすすめ!

キャリアカーバーはリクルートの転職エージェントでハイクラスの領域を担当しており、年収800万円から2000万円の案件が多数あります。

キャリアカーバーは非常に高収入の案件を提供してくれます。

1つはプラス50%ほどの高収入だったのでとても驚きました。

こちらも土曜日にもかかわらず面談していただきました。

キャリアカーバーの転職エージェントはメールのやり取りで、とても優秀な印象があります。

下記はキャリアカーバーの取り扱い案件の一部です。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)サービスのご紹介

リクルートエージェント

リクルートエージェントはNTTベンチマーク調査で転職エージェントNo1を獲得しています。

リクルートエージェントでは電話、または面談で丁寧に案件を紹介してもらえます。

登録すると下記のようにパーソナルデスクトップができます。

紹介された案件はパーソナルデスクトップの求人一覧に表示されます。

国内の有名な上場企業だけでなく、海外の案件も紹介してくれます。

私の場合リクルートの転職エージェントは毎週必ず2つ程度、一流企業の案件を紹介してくれました。

口コミ!

こちらの転職エージェントを利用し、無事転職できました。 担当者によるのでしょうが、とても丁寧で希望の仕事内容のヒアリングや電話での模擬面接もしてもらえました。 マメに連絡を頂けたので安心できましたし、現職の退職の手配もスムーズにできました。 模擬面接は初めてでドキドキでしたが、良かった点を誉めてもらえたり、改善点を的確に教えてもらえたりしたので、自信がつきました。

こちらのエクゼクティブエージェントにお世話になりました。他のエージェントがおざなり対応する一方、こちらにはきめ細やかな対応いただき、転職を決めれました。

面接では日々意識したこと、そこで成功したこと、失敗した際にどうしたかなど、エピソードを交えて話ができれば問題ないでしょう」とアドバイスされました。面接の結果は、「新規事業を推進していくのに柔軟な発想力と必要な行動力を備えている」と評価され、採用に至ったんです。

doda

DODAは10万件以上の求人案件を有しており、転職者の満足度がNo1です。

DODAはメールで下記のように毎日案件が届きます。

とても案件が豊富で、上場企業からの案件が多数あります。

また下記のように有名な企業からのオファー案件も届くので、とても助かります。

ただし、このオファーは残念ながら”申し込んでくださいね”といった程度のもので企業からの熱烈なスカウトではないので注意しましょう。

実際申し込んでも書類選考で落とされるといったことがよくあります。

また、一方、面接が本当に確約している場合、企業からプレミアムオファーが届きます。

下記は実際に私に来たメールの内容の一部です。

直接、企業と面談へ進めることができ、実際面接を行うことができました。

(このオファーが来た時点では匿名状態になっています。)

口コミ!

スタートはのんびりでしたけど、転職できて良かったですね。最初は不安でしたけど、エージェントにほかの業界や同年代の転職の情報をもらって、自分や会社を第三者的に見られるようになったことで焦りも解消されました。今はIT業界なので、この先の成長も見込めるし、扱う商材も増えたし、サービスを含めた提案の幅も広がって、かなり前向きになってます!

自分で聞きにくいことは、エージェントに事前に確認してもらっていたんです。たとえば残業の状況や将来的なモデルキャリア、家賃など各種手当の金額など、かなり細かいことまで聞いてもらいました。実は2社目の時は自分で応募したので、「えっ、残業代は30時間まで基本給に込みだったのか…!」という失敗もあったので(苦笑)。おかげで入ったときのギャップも少なくてすみました。今はバックオフィスの仕事をしながら研修も兼ねて先輩と一緒に営業先を回っていて、2カ月後から本格的に一人でお客さまと商談することになっています。営業経験の少なさは今でも不安ですが、自分で目指した道だから、頑張るしかないですね!

転職サイト DODA (デューダ) かっこいい CM 2本 出演: 綾野剛 声: 岡本太郎

まとめ

転職した方がいい理由をご紹介しました。

転職エージェントを使うとうまく転職することが可能です。

この記事を読んでいる方の成功を祈ります。

転職エージェントの詳細は下記をどうぞ。