転職 エージェント 外資系 おすすめ!年収アップのための4選!

外資系企業に転職したいけれど、どの転職エージェントを選ぶべきか迷っている方がおられると思います。

私は転職エージェント経由で日本企業から外資系企業に転職しました。

年収もアップさせることができ、現在では1300万円ほどです。

今回、私の転職経験を交えながら外資系の転職に強い転職エージェントについてご紹介します。

きっと自分に合った転職エージェントと合うことができ、年収アップにつながる転職ができると思います。

外資系企業への転職には転職エージェントが必須

外資系の求人はどこにある?

外資系の求人は転職エージェントに多く集まります。

通常の転職サイトではあまり見かけることはありません。

この理由は、転職エージェントによって事前に人材のスクリーニングを行ってもらい、外資系企業の欲しい人材を効率よく集めるためです。

よって外資系の企業へコンタクトを取りたい場合は、まず転職エージェントにコンタクトするのが最短です。

英語のレジュメ

外資系企業への転職には英語のレジュメが要求されることが大半です。

ただし日本のように履歴書と職務経歴書の2種類を複数枚用意する必要はなく、A4用紙1枚にまとめます。

特にアピールできることをシンプルにまとめることが重要になります。

下記にレジュメの例を示しますので参考にしてください。

WORK EXPERIENCE が7割程度、その他の項目で3割程度になるようにまとめるといいでしょう。

NAME(名前)

ADDRESS(住所と電話番号、emailアドレス)


WORK EXPERIENCE(これまで行った仕事を箇条書きに書く)

1.

2.

3.

4.

EDUCATION(学歴を箇条書きに書く)

LANGUAGE SKILL(英語や語学の能力、TOEICの点数などを書く)

ADDITIONAL INFORMATION(受賞した賞、特殊なスキル、アピールしたい点を書く)

面接対策

面接は英語で行うこともありますし、日本語で行うこともあります。

このため、英語による事前の対策もしておくことが必要です。

相手が日本人でも、途中で英語で切り替えて行う場合があるので要注意です。

実際、私にあった話です。

途中で急に英語で切り替えられたときになかなかうまく対応することができませんでした。笑

さらに面接ではプレゼンテーションを要求されることもあります。

実際私は、20分程度のプレゼンを役員の前で英語で行いました。

内容はこれまで行ってきた仕事の内容です。

こんなに素晴らしい仕事をしてきたということをアピールしました。

このため、通常の面接だけでなく、プレゼンテーションもあることも想定しておいた方がいいでしょう。

絶対に転職してはいけない会社

転職エージェントの選び方

複数のエージェントに申し込む

あるエージェントが特定の案件を持っていなくても、別のエージェントが持っているというのはよくあることです。

このため、できるだけ複数の転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。

最低でも3つ登録しておくとよいと思います。

複数登録しておくことで、自分の職務、希望に合った案件が出てくる勝率がぐっと高まります。

専門のエージェントに申し込む

日本にはたくさんの転職エージェントがあります。

リクルートエージェント、マイナビエージェント、Typeエージェント、ビズリーチ、ロバートウオルター、JACリクルートメントなどなど。

各エージェントはそれぞれの特質、強みと弱みを持っています。

外資系案件の少ない転職エージェントに登録しても残念ながらなかなか外資系案件を紹介してもらえません。

このため、外資系案件を豊富に持っている転職エージェントに申し込む必要があります。

おすすめの転職エージェント

一番のおすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

私はこれらの転職エージェントを使用して実際に内定を得ることができました。

特におすすめなのはキャリアカーバーです。

キャリアカーバーはリクルートのハイクラス転職エージェントに位置します。

無料でサポート受けることができます。

また、案件も5万件以上と圧倒的な量を誇ります。

転職エージェント料金登録数
キャリアカーバー無料5万件以上
ビズリーチ無料*2万件以上
JAC Recruitment無料2万5000件以上
ロバート・ウォルターズ無料1700件以上

*基本無料で使用可能ですが、案件の詳細を見たい場合は2ヵ月目より5000円掛かります。

キャリアカーバー(リクルートのハイクラス転職)

5

キャリアカーバーはリクルートの転職エージェントでハイクラスの領域を担当しており、年収800万円から2000万円の案件が多数あります。

このためキャリアカーバーは非常に高収入の案件を提供してくれます。

1つはプラス50%ほどの高収入だったのでとても驚きました。

こちらも土曜日にもかかわらず面談していただきました。

キャリアカーバーの転職エージェントはメールのやり取りで、とても優秀な印象があります。

キャリアカーバーも下記のように自分のページが作成されます。

このページでエージェントととのメールのやり取りを行うことができます。

登録後は待っているだけで、案件を紹介してくれます。

キャリアカーバー

サポート費用無料
登録件数5万件以上
転職エージェントへの相談何回でも可能
運営会社リクルート
その他サイト内に自分の専用ページが作成されます。
サイトで紹介案件を見ることができます。

おすすめは キャリアカーバーです。こちらも高報酬案件を紹介してもらえます。登録無料なので登録しておきましょう。キャリアカーバーの転職サポートも無料です。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)サービスのご紹介

BIZREACH

ビズリーチは求人数10万件、登録ヘッドハンターは3500人とあらゆる面で転職しやすい環境を構築しています。

ビズリーチでは、主にエージェントによるスカウトがあります。

また、自分から案件を探して申し込むことも可能です。

下記はビズリーチにおける自分のページになります。

ビズリーチでは、企業などの詳細な情報を得たい場合、月約5000円必要になります。

(登録した1か月は無料で使用可能)

ここだけ他の転職エージェントと異なるところです。

ビズリーチの転職エージェントはとても真摯にサポートしてくれ、転職を成功させることができました。

ビズリーチの効果的な使い方は下記の記事にまとめたので参考にしてください。

ビズリーチ

サポート費用月5000円
登録件数2万件以上
転職エージェントへの相談何回でも可能
運営会社ビズリーチ
その他サイト内に自分の専用ページが作成されます。
サイトで紹介案件を見ることができます。

口コミ!

公共事業を主に扱う企業にシステムインテグレーターとして就職後、中堅IT企業や大手人材企業のシステムマネージャーやITコンサルタントを歴任。自分の力を社会に生かしたいと思うようになり、転職を考えていたところ魅力的な企業からスカウトを受け取った。

学生時代から大手電機メーカーの研究所で働き、卒業後は同研究所に入社。仕事は面白くても、製品は世に出るまでに10年かかることもあった。そんななか、信頼・尊敬できるヘッドハンターと出会い、ベンチャー企業へエンジニアとして転職することを決意。

「人々が熱狂し、感動を共有する」というスポーツの世界に魅了され、大学卒業から一貫してスポーツビジネス業界に携わってきた。職務経歴書をアップデートしてから約1カ月後、海外のプロサッカーチームからスカウトが届き、すぐに選考を受けることを決意。

今回力になってくれたヘッドハンターは、小規模エージェントの所属ながら、企業理解力、交渉力といった点で群を抜いており、彼なくして今回の転職はなかったと断言できます。たとえば、応募条件から外れていても、自身の力量やポテンシャルを理解してくれるヘッドハンターに出会えれば力強く交渉してくれますし、競合候補者がいてもアドバンテージを発揮することができます。彼との出会いをつくってくれたビズリーチには、とても感謝しています。

ビズリーチに登録すると、ヘッドハンターや求人企業から多数のスカウトメールが届いた。そのなかで、興味の湧いた求人企業を抱えるヘッドハンターに連絡。「すでに転職を経験していたので、面接対策などへの不安はありませんでした。今回、私がヘッドハンターに期待したのは、『求人企業に関する情報のリサーチ力』です。求人企業が今求めているものや予算規模、ビジネスの成長度や未来像など、職務経歴書の作成や面接の助けとなる詳細な情報をできるだけ提供してほしいと依頼しました。手間のかかる作業だと思いますが、それにしっかり応えてくださったヘッドハンターといいお付き合いができました」。応募したのは2社だけだったが、信頼の置けるヘッドハンターが万全な情報収集をしてくれたおかげで、2社とも内定を得ることができた。

即戦力採用ならビズリーチ 〜ビズリーチでスカウト ユーザー篇〜

JAC Recruitment

JAC Recruitmentではミドルとハイクラス方向けの転職エージェントです。

満足度は91.7%にもなります。

英国とドイツ・アジアの8カ国に広がる独自のグローバルネットワークを持ち、特に外資系企業への転職に強みがあります。

年収600万円から2000万円の多数の案件があります。

JAC Recruitment

サポート費用無料
登録件数2万5000件以上
転職エージェントへの相談何回でも可能
運営会社JAC Recruitment
その他世界11か国に拠点をもつグループ
総勢800人のエージェントが在籍

口コミ!

 企業担当のコンサルタントが直接求人を紹介してくれるので、業界を絞っていた私にとっては、企業に詳しいコンサルタントと直接コミュニケーションを取れたことは大きかったです。また、スピーディーに転職活動ができました。

 短期集中ではなく、しっかりと腰をすえて今後のキャリアを考えることができました。紹介された求人のミスマッチがなく、求人の職務内容の理解や、経営者の人物像まで把握できているエージェントだと思います。

 金融業界の中で、決して人数が多くはないと思われる専門職種の業務についてもよくご存知で、的確なアドバイスをいただけました。

 親身な対応で、すべての条件を満たす案件を提案していただいた上、企業から満足のいくオファーをいただくことができました。自分では見つけることができなかった案件で、大変感謝しています。友人にも、ぜひ勧めたいですし、また次の機会があれば利用させていただきます。

 応募書類の読解力・理解力が高く、業界知識が豊富。対応が柔軟かつスピーディで、在職中であってもスムーズに転職活動を進めることができました。今回、二度目の利用でしたが、相変わらず高品質のサービスを提供いただきました。

JAC Recruitment Group Corporate Opener 2019

ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズは世界31カ国の主要都市にオフィスがあります。

日本においては2000年に東京オフィス、2007年に大阪オフィスを設立。

これまでに20年以上サービスを行っています。

ロバート・ウォルターズ

サポート費用無料
登録件数1700件以上
転職エージェントへの相談何回でも可能
運営会社ロバートウォルターズ
その他関東の案件1530件と大半です。
関西の案件は140件程度と少ない。

口コミ!

外資系企業への転職を狙うなら悪くありません。エージェントは外国人の方が、外資系転職先の紹介も豊富でした。なお、英語のネイティブスピーカーとの面談は、英語力のレベルチェックも含んでいます。(2018年当時)

外国語を話す人材派遣会社です。スタッフさんは若い方が多く、イギリス人、インドネシア人、など インターナショナルです。年収1000万円前後の仕事を紹介してくれます。面接は英語など外国語で行なわれます。

ロバート・ウォルターズ・ジャパン会社紹介

Q&A

実力主義で厳しいの?

役員クラスより下のクラスであれば日系企業とあまり変わりません。

ただし、私が在籍している外資系企業では、役員クラスになると責任問題によってはクビになったり、他の部署へ移動になったりすることが頻繁にあります。

それこそ1年に何度もあります。

また、そういった役員がいなくなるとグループの人員構成ががらりと変わることもあります。

これは役員がたいていの場合、お気に入りの人員でグループを構成しているためです。

このため、役員の入れ替えによって、お気に入りの人員が変わるため、グループの構成が大きく変わることがよくあります。

派閥に属することなく、中立の立場でいたほうがいいでしょう。

英語はどのくらい身に着けておいた方がいい?

私自身のTOEICの点数は805点と決してべらぼうに高いわけではありません。

TOEIC換算であれば700点から800点程度あれば十分、外資系企業でやっていけると思います。

むしろTOEIC点数よりも、自分の気迫というか自分のやる気次第だと思います。

外資系企業では、様々な人種が集まってプロジェクトを進めることになります。

私の在籍している企業では、アメリカ人、インド人、イタリア人、ドイツ人、韓国人など多数存在しています。

このため、なかなか自分の考えが相手に伝わらずプロジェクトがうまく進まないといったことがあります。

自分の考えていることをロジカルに根気よく伝えながら、あきらめずに仕事を進めることが必要になります。

まとめ

おすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介しました。

特におすすめなのはキャリアカーバーです。

無料でサポート受けることができます。

また、案件も5万件以上と圧倒的な量を誇ります。

エージェントによって高収入の案件を紹介してもらえます。

登録しておけばチャンスが必ず来ますので、まずは登録からスタートしましょう。

この記事を読んでいる方の成功を祈ります。

今働いている企業がブラックだったり、退職を言い出せない場合は下記の記事を参考にしてください。