退職言い出せない 怖い時の対処法!

退職を考えていて、上司になかなか言うことができないといった悩みがあると思います。

私は転職を経験しており年収アップも実現しました。

転職は人生で何度もなく、それこそ初めての場合はどうしたらよいか迷っていると思います。

私も言い出すのはとても悩みました。

今回、どうやったら切り出すことができるか、意識をどう持ったら良いのかについてお話しします。

退職したいと思っていても言えない理由と向き合い方

上司が怖い、自分の気が小さい

本来は、上司と2人で退職することを話すのが理想です。

しかし、上司が怖くてなかなか言い出せないといったこともあると思います。

日ごろからパワハラを受けている場合ではなおさらだと思います。

この場合、退職することをメールで出してみましょう。

基本的に退職することを話す正式な手順はありません。

このような状況になってしまっているのは上司のせいなのですから。

退職の言い方については下記を参考にしてください。

もし、どうしても言い出せない人は退職代行サービスに依頼しましょう。

自分は一切会社に関わることなく自分と会社の間に入り、代わりに退職を進めてくれます。

詳細は下記を参考にしてください。

生活を変えるのが怖い

退職して転職すると職場や住む場所が変わります。

慣れ親しんだ場所を離れるというのはとても進む気がしないと思います。

私もそうでした。

ただ住めば都という言葉があるように、3か月も済むと慣れ親しんでしまいます。

職場の人間関係も同様で、3か月程度できさくな仲になります。

このため、むしろ新しい天地での活躍を期待して頑張っている姿を思い浮かべると良いかと思います。

同僚への裏切りの気持ち

これまで一緒に仕事をしてきた仲間に別れを切り出すというのはやはり気まずいですよね。

同じ方向を目指して頑張ってきた仲間を裏切ってしまうような気持ちや、

同僚の仕事も増えてしまうといった気持ちもあると思います。

ただこれは経営の問題です。

自分がいなくなった場合は別の人を採用するなり、別の部署から補充するなりするでしょう。

このため、自分がいなければならないという気持ちは捨て去りましょう。

引き留め

「あなたがいないと職場が回らない。」

「あなたは会社の重要な機密事項を知っているので、辞めることはできない。」

上記なようなことを言われても、退職に関しては全く問題ありません。

労働者は、職場を自由に選択できる権利を有しています。

人がいないといったことは、上記に述べたように自分の問題でなく会社側の問題です。

会社側が別の人員を確保しなければならないのです。

転職先が決まっていない

やはり、転職先を決めてからの退職をおすすめします。

転職先がないとやはり収入面で不安になると思います。

なかなか転職先が決まらないとつらいのですが、ここは耐えましょう。

転職エージェントはおすすめの案件をたくさん用意しています。

詳細は下記を参考にしてください。

ただパワハラの場合は生死が関わっているため、どうしてももたない場合は退職しましょう。

命が何よりも重要です。

退職していけないことはない

労働者は仕事を選ぶ権利が与えられています。

これはどういうことかというと、どこに転職しても良いということです。

転職してはいけないというのは違法なのです。

職業選択の自由は憲法で定められた私たちの権利なのです。

詳細は下記を参考にしてください。

退職して良い状況

職場の人間関係のもつれ

上司からのパワハラ等で死を意識するようなことが頻繁にある場合は、職場を変えてもらうことをさらに上の上司に相談してみましょう。

人事に相談してみてもよいかと思います。

がまんせずにメールでもなんでもよいので環境を変えることができる人に知ってもらうアクションを起こすことが重要です。

もし行動しても職場の状況に変化が無い場合は退職した方がいいでしょう。

自分の命が何よりも大切です。

心身が消耗しきっている

あまりにも仕事の量が多すぎて心身が消耗しきってしまう場合があります。

死にたいような衝動に駆られる場合は人員が少なすぎると思われます。

会社の人員構成に問題があるため増員することを提案し、もし増員しない場合は退職することを話しても良いかと思います。

やっている仕事が世の中のためになるのか疑問

やっている仕事が世の中のためになるのか、これは常に意識する必要があります。

時として、職場では会社の方針だからといった仕事がまかり通ってしまいます。

上司や経営層は完璧な人間や神ではありません。

もし、世の中の人々に貢献しないような仕事であれば次の仕事を探すべきでしょう。

世の中に必要とされる仕事をしなくてはいけません。

給与や職位

給与は家族を養ったり自分のモチベーションを維持する上で重要です。

職位も自分が築き上げてきたスキルをより発揮させる上で重要な項目です。

もし給料や職位が自分に見合っていないと感じた時は、転職を検討してもよいかと思います。

ただ、私は給与や職位に加え職場人間関係も含めて総合的に判断すべきだと考えます。

会社に将来性がない

もし自分の勤めている会社に将来性がないと感じている場合は転職してもいいでしょう。

将来性が無い場合は自分のスキルが身につかず、人材市場において自分の価値が無くなってしまう可能性があります。

こういった場合、行き場を失ってしまいます。

やはりITを駆使して世の中に貢献している企業が良いかと思います。

こういった企業では自分の市場価値も高めることができます。

やりたいことがある

やりたい仕事が見つかっているのであればそちらに進んだ方がいいでしょう。

その方が、自分のモチベーションを高めることができます。

意欲的に働くことができ、スキルも上達するでしょう。

ただし、先に話したようにきちんと世の中に貢献できている企業を選ぶことが重要です。

絶対に転職してはいけない会社

上手に退職することを伝える方法

いきなり唐突に「辞めます」と言ってしまうと上司も困惑してしまいます。

上司が自分に非があったように感じてしまう可能性もあります。

メールで2人になる時間を取ってもらい、個室で話すといいでしょう。

退職を切り出す際は

「申し訳ありませんが」

「これまで仕事をさせていただいて申し訳ないのですが」

といった言葉を始めに話すと上司も受け入れやすいと思います。

退職代行サービス

もしも職場がブラックで心身ともに消耗しきっている場合は、転職代行サービスに依頼する手もあります。

退職代行サービスに依頼すれば、退職に関する会社との交渉を自分で行う必要がなく代行してくれます。

料金は3~5万円程度です。

詳細は下記を参考にしてください。

転職エージェント

退職する前に転職先を決めておくことをお勧めします。

もし転職先がなく退職してしまうと収入が得られなく、経済的に困難になるためです。

転職エージェントはあなたにぴったりな案件をたくさん用意してます。

下記におすすめの転職エージェントを記載しておきますので参考にしてください。