ハイクラスのための転職エージェント おすすめ比較ランキング!

現在、転職のために転職エージェントを検討されていると思います。

私は転職エージェントを通じて売り上げ19兆円以上になる外資系IT企業への転職を成功させることができ、年収も200万円アップさせることができました。

これまでに10名以上の転職エージェントと面談やメールでの交渉をしてきた経験もあります。

今回、私の経験からおすすめの転職エージェントやスカウトをもらう方法についてご紹介します。

転職サイトと転職エージェントとの違い

転職サイトとは?

転職サイトは主に自分で転職先をサイトで探します。

その後、履歴書や職務経歴書を自分で企業へ送ります。

もし、書類選考を合格すると面接まで進むことになります。

1度または2、3回の面接の後、合格となります。

このように転職サイトでは、自分主体で転職活動を行うことになります。

転職サイトでは自分で仕事を自由に決めることができるメリットがあります。

しかしながら一方で、転職先を自分で探すことになるので手間がかかるデメリットがあります。

代表的な転職サイトとしてはDODAやリクナビNEXTがあります。

BIZREACHは転職サイトと転職エージェントの両方を有しています。

次に転職エージェントに関して説明します。

転職エージェントとは?

転職エージェントでは転職サイトと異なる点がいくつかあります。

転職エージェントではまず、転職エージェントが転職先の案件を教えてくれます。

そして履歴書や職務経歴書を転職エージェントを介して企業に送ることになります。

この履歴書や職務経歴書は転職エージェントによって添削してもらうことが可能です。

このため、より企業が分かりやすい魅力的な書類に仕上げてくれることを助けてくれます。

さらに、年収や待遇など転職エージェントが間に入ってより好条件となるように交渉してくれます。

以上のように転職エージェントを使うことで今の仕事を続けながら大きな手間を掛けずに転職活動を行えるメリットがあります。

代表的な転職エージェントとしてはキャリアカーバーとリクルートエージェントがあります。

キャリアカーバーはリクルート系列のハイクラスになります。

転職エージェントのメリット

転職エージェントはとても魅力的な求人を教えてくれます。

自分で探す手間が無いので忙しい方におすすめです。

自分の期待するようなポジションや高年収の案件を紹介してくれます。

100万円から200万円の年収アップを期待できるでしょう。

私の場合、最高で年収が2倍にもなるような案件も紹介してもらいました。

最終的にこの案件は企業の面談まで進むことができませんでしたが、私の年収は転職エージェントによる転職で大幅にアップし、経済的な自由を得ることができました。

転職エージェントからスカウトをもらう方法

職務経歴書にこれまで携わった多くの職務内容を記載することをお勧めします。

些細な仕事でも良いので記載しておくといいでしょう。

そうすることで転職エージェントが案件を見つけやすくなり、スカウトを出しやすくなります。

私は本職の仕事の他に、安全を推進する仕事も数年ほど行っていました。

これを記載していたところ、転職エージェントからスカウトをもらうことができ、企業から面接を取り付けることができました。

このように自分の意外なところから、このような企業が現れるので少しでも携わった仕事はできるだけ職務経歴書に記載するようにしましょう。

転職エージェントからのスカウト数

下記は約1年間において私がお世話になった転職エージェントからのスカウト数の比較を示します。

(数か月の差はあります。詳細は表を参考にしてください。)

1つの転職エージェントからのスカウトの数は10件から15件です。

複数登録することで、より自分の期待した案件を得られるチャンスが広がります。

リクルートエージェントやDodaエージェントサービスでは合計40もの積極的なスカウトがあることが分かります。

転職エージェントスカウト数使用した月
ビズリーチ1412ヵ月
キャリアカーバー1310ヵ月
iX転職1112ヵ月
リクルートエージェント178ヵ月
DODAエージェントサービス2312ヵ月

ハイクラス向けの転職エージェントを選ぶポイント

職務経験が豊富にあるハイクラスな方は、ビズリーチやキャリアカーバーなどのハイクラスの転職エージェントを使用することをおすすめします。

リクルートエージェントやDODAを使ってもいいのですが、ハイクラス向けの転職エージェントを使用することで自分の希望に合った仕事を得られる可能性が高まります。

また、ハイクラスにおける求人は少ないため、1つの転職エージェントのみに頼ってしまうと自分に合った案件がなかなか紹介されないといったことが生じてしまいます。

このため、できるだけ複数の転職エージェントに登録することをお勧めします。

できれば5つ程度、最低でも3つは転職エージェントに登録しておくと良いでしょう。

ここでは8つご紹介しますが、できる限り登録しておくと転職の成功率を高めることができます。

登録は無料なので心配はいりません。

BIZREACH おすすめ!

5

ビズリーチは求人数10万件、登録ヘッドハンターは3500人とあらゆる面で転職しやすい環境を構築しています。

ビズリーチでは、主にエージェントによるスカウトがあります。

また、自分から案件を探して申し込むことも可能です。

ビズリーチでは、企業などの詳細な情報を得たい場合、月約5000円必要になります。

下記はビズリーチにおける自分のページになります。

(登録した1か月は無料で使用可能)

ここだけ他の転職エージェントと異なるところです。

ビズリーチの転職エージェントはとても真摯にサポートしてくれ、転職を成功させることができました。

口コミ!

公共事業を主に扱う企業にシステムインテグレーターとして就職後、中堅IT企業や大手人材企業のシステムマネージャーやITコンサルタントを歴任。自分の力を社会に生かしたいと思うようになり、転職を考えていたところ魅力的な企業からスカウトを受け取った。

学生時代から大手電機メーカーの研究所で働き、卒業後は同研究所に入社。仕事は面白くても、製品は世に出るまでに10年かかることもあった。そんななか、信頼・尊敬できるヘッドハンターと出会い、ベンチャー企業へエンジニアとして転職することを決意。

「人々が熱狂し、感動を共有する」というスポーツの世界に魅了され、大学卒業から一貫してスポーツビジネス業界に携わってきた。職務経歴書をアップデートしてから約1カ月後、海外のプロサッカーチームからスカウトが届き、すぐに選考を受けることを決意。

今回力になってくれたヘッドハンターは、小規模エージェントの所属ながら、企業理解力、交渉力といった点で群を抜いており、彼なくして今回の転職はなかったと断言できます。たとえば、応募条件から外れていても、自身の力量やポテンシャルを理解してくれるヘッドハンターに出会えれば力強く交渉してくれますし、競合候補者がいてもアドバンテージを発揮することができます。彼との出会いをつくってくれたビズリーチには、とても感謝しています。

ビズリーチに登録すると、ヘッドハンターや求人企業から多数のスカウトメールが届いた。そのなかで、興味の湧いた求人企業を抱えるヘッドハンターに連絡。「すでに転職を経験していたので、面接対策などへの不安はありませんでした。今回、私がヘッドハンターに期待したのは、『求人企業に関する情報のリサーチ力』です。求人企業が今求めているものや予算規模、ビジネスの成長度や未来像など、職務経歴書の作成や面接の助けとなる詳細な情報をできるだけ提供してほしいと依頼しました。手間のかかる作業だと思いますが、それにしっかり応えてくださったヘッドハンターといいお付き合いができました」。応募したのは2社だけだったが、信頼の置けるヘッドハンターが万全な情報収集をしてくれたおかげで、2社とも内定を得ることができた。

ビズリーチの効果的な使い方は下記を参考にしてください。

キャリアカーバー(リクルートのハイクラス転職)おすすめ!

5

キャリアカーバーはリクルートの転職エージェントでハイクラスの領域を担当しており、年収800万円から2000万円の案件が多数あります。

キャリアカーバーは非常に高収入の案件を提供してくれます。

1つはプラス50%ほどの高収入だったのでとても驚きました。

こちらも土曜日にもかかわらず面談していただきました。

キャリアカーバーの転職エージェントはメールのやり取りで、とても優秀な印象があります。

下記はキャリアカーバーの取り扱い案件の一部です。

ミドルの転職

ミドルの転職は30代、40代のための転職サイトです。

年収1000万円以上の経営幹部クラス、部長クラスの求人が1万件以上あります。

ミドルの転職では多くの転職エージェントの企業が集まっているので、継続的にスカウトが届きます。

サイトも使いやすく、自分で求人を見つけて応募することも可能です。

口コミ!

自身の市場価値が一番高まるタイミングを待って、転職活動したおかげで登録後2週間でよいオファーを複数いただいた。外資系のためスピードは早く、同時進行で面接を進めたため仕事との時間のやりくりが難しかった。しかし、コロナの影響によりオンライン夜間での面接が可能であり、効率よく進めることができた。インタビューでは想定される質問などを事前に教えていただき、mock interviewも実施していただいたおかげで本番ではスムースに自信をもって進めることができた。キャリアアドバイザーに給与の交渉の仕方などもアドバイスいただき、交渉してもらったおかげでよい条件でのオファーをいただいた。入社日も現職とうまく調整できた。

JAC Recruitment

JAC Recruitmentではミドルとハイクラス方向けの転職エージェントです。

1988年からこれまで43万人の支援実績を誇ります。

特に管理職、技術職、専門職に強みがあり、満足度は91.7%にもなります。

英国とドイツ・アジアの8カ国に広がる独自のグローバルネットワークを持ち、特に外資系企業への転職に強みがあります。

年収600万円から2000万円の多数の案件があります。

コンサルタントは1200人登録しており、あまり知られていませんが東証一部上場企業になります。

JAC Recruitmentはビズリーチとも提携しており、ビズリーチからもサポートしてもらえます。

下記は実際に私がビズリーチにおいて JAC Recruitmentのヘッドハンターからプラチナスカウトをもらった例です。

下記はJAC Recruitmentの取り扱い企業の一部になります。

口コミ!

 企業担当のコンサルタントが直接求人を紹介してくれるので、業界を絞っていた私にとっては、企業に詳しいコンサルタントと直接コミュニケーションを取れたことは大きかったです。また、スピーディーに転職活動ができました。

 短期集中ではなく、しっかりと腰をすえて今後のキャリアを考えることができました。紹介された求人のミスマッチがなく、求人の職務内容の理解や、経営者の人物像まで把握できているエージェントだと思います。

 金融業界の中で、決して人数が多くはないと思われる専門職種の業務についてもよくご存知で、的確なアドバイスをいただけました。

親身な対応で、すべての条件を満たす案件を提案していただいた上、企業から満足のいくオファーをいただくことができました。自分では見つけることができなかった案件で、大変感謝しています。友人にも、ぜひ勧めたいですし、また次の機会があれば利用させていただきます。

応募書類の読解力・理解力が高く、業界知識が豊富。対応が柔軟かつスピーディで、在職中であってもスムーズに転職活動を進めることができました。今回、二度目の利用でしたが、相変わらず高品質のサービスを提供いただきました。

JAC Recruitment Group Corporate Opener 2019

プロフェッショナルバンク

プロフェッショナルバンクは一般のエージェントと比較して約7倍の転職成功率です。

プロフェッショナルバンクは非常に高品質な案件を紹介してくれます。

プロフェッショナルバンクの転職エージェントも土曜日にもかかわらず、面談していただきました。

他ではないようなハイクラスの案件を紹介してくれます。

クライス&カンパニー

クライス&カンパニーはハイクラス転職で27年の実績を誇ります。

数年後を見据えた中長期的なサポートで確実に成功へと導きます。

2000万円以上の求人やCFO(最高財務責任者)の求人など約1万件のハイクラス案件から紹介してもらえます。

下記はクライス&カンパニーの取り扱い案件の一部です。

クライス&カンパニー 経営幹部採用支援

iX転職(DODAのハイクラス転職)

iX転職では非常に多くの転職エージェントが案件を紹介してくれます。

多くの転職エージェントが付いてくれるので安心です。

人によるかもしれませんが、私の場合1ヵ月に1案件程度の紹介なので少し物足りない気がします。

下記はiX転職の取り扱い企業の一部になります。

キャリアカーバー同様にマイページを持つことができ、そこにエージェントからスカウトメールが届きます。

口コミ!

転職先が人材系の新規サービスを立ち上げられる人材を探していて、今まで経験したスキルがニーズに合致していると感じました。さらに企業のミッションと成長性に魅力を感じ、入社を決意しました。

労務環境が酷く、その大幅改善が転職の目的でした。またこれまでの経験を活かしながら、人事コンサル分野へキャリアアップを実現したく、企業規模は小さくなりますが、より経営に近いポジションで転職できました。

転職先はベンチャーで複数サービスを展開し、近年業績を伸ばしてきましたが、さらなる事業展開やス業績アップの事業課題があり、前職で事業部長として事業計画や事業を推進してきた経験がその課題とマッチし、転職を決意しました。

データアナリストとして、技術力や人物面で高い評価をいただだき、転職先企業が目指すデータマネジメント室の在り方に対して共感でき、一緒に働きたいと感じたため。前職と同等の高いオファーで調整いただいたヘッドハンターに感謝しています。

ネットプロバイダー企業でネットサービスの事業開発を経験してきました。転職先はネット系ではないもののインフラ事業では最大手で、新規事業の企画とに携われることに魅力を感じ、年収アップも実現できるため、入社を決定しました。

コトラ

コトラはあまり知られていませんが、日経のエージェントアワードで特別賞を4年連続受賞しています。

マネージャクラス、統括責任者などの案件が多数用意されています。

年収1000万円以上の経営幹部クラスの求人も300件以上あります。

口コミ!

こちらのエージェント様のご紹介で内定をいただきました。親身に話も聞いていただき、要望に合ったご提案をいただきとても満足しています。

転職でお世話になりました。仕事の内容、ポジションともに満足ができる仕事に内定をいただけました。コンサルタントの方は優しく粘り強く対応していただけました。

転職をこちらのエージェントで決めました。コンサルタントの方の対応が素晴らしく、大手企業から非公開企業まで幅広く紹介してくださり、納得のいく転職活動をすることが出来ました。大変おすすめのエージェントです。

転職先したい企業の特徴を細かくアドバイスいただき、短期間でスムーズに転職ができました。強力なサポートをいただき感謝しています。

ムービン

ムービンは主にコンサルタント転職に特化した転職サイトです。

ヘッドハンターサミットにてMVPに選出されています。

さらにリクナビNEXTエージェントにおける総合満足度で第一位を獲得しています。

戦略コンサルティング求人、ITコンサルティング求人、財務、金融コンサルティング求人が多数用意されています。

口コミ!

ムービンのキャリアコンサルタントの方は転職者の人生に真摯に寄り添ったアドバイスをいただけます。また、面接における自身の弱みについても的確に強化していただけるので非常に助かりました。正直新卒の就職活動時には40社以上の不採用通知を受け取って参りましたので非常に不安でしたが、最終的にはどんな面接も自信をもって望むことができました。面接対策などに関するケアだけでなく、日程の調整等の転職活動におけるネックになりやすい部分もきめ細やかに対応していただいて助かりました。

ムービンにお世話になったことで、納得いく転職ができたと思います。業界情報や面接対策は、やはりコンサル転職に強みを持つ会社でないとフォローできないと思います。
最終面接からオファーまでの企業側とのやり取りも、私の意向を企業側と調整してくださり、とても助かりました。もちろんムービンを利用すれば転職できる!というわけではありませんが、確率を上げるためにプロに頼るのは良いのでないでしょうか。

コンサルティングファームに転職すると心に決めている方も、まだ迷っている方も、まずはムービンに相談することをお勧めします。自分は本当にコンサルティングファームに転職すべきなのか、それは現実的なのか、現時点では何が足りないのか、具体的なスケジュール等を含め、ケースに応じて親身になって相談に乗ってくれるとともに、時にしっかり詰めてくれます。(笑)ただし、ムービンの支援はかなり「本気」の方向けだと思うので、気持ちを固めてから支援を依頼するといいと思います。私自身30代半ばに差し掛かるところで、ギリギリの転職でしたが、それが実現できたのはここまで本気でサポート頂けたからと思います。転職は人生の大きな節目ですので、十分に悩んで、悔いのない選択をされてください

転職に失敗しない方法

転職先を事前に調べておく

転職先が実はブラックだったということがないようにしなくてはなりません。

転職する前に会社の状況を調べることができます。

おすすめは会社の評判です。

登録なしに、会社の内情、給与などを確認することができます。

会社の評判

転職口コミサイトの詳細はこちらを参考にしてください。

転職先の会社の利益を確認

私が転職で理解したのは年収は結局のところ自分の実力に大きく関係しないということです。

つまり、年収はその勤めている企業がいかに社会に貢献して稼いでいるかによって決まります。

このため、転職の際には利益を出している企業への転職が重要になります。

利益の出ていない企業への転職は避けた方がいいでしょう。

現在の企業の利益と転職先の企業の利益の大きさを把握しておくとよいと思います。

詳細は下記の記事を参考にしてください。

今住んでいる地域で就職を希望する場合

今住んでいる地域で就職を希望する場合は公的機関であるハローワーク(公共職業安定所)で検索することで、多くの求人を見つけることが可能です。

ハローワーク

東京における転職エージェントは下記を参考にしてください。

大阪における転職エージェントは下記を参考にしてください。

Q&A

転職エージェントとの面談は?

転職エージェントとの面談は主に電話、スカイプまたは対面で行われます。

事前に自分の聞きたいことなどをまとめておくといいと思います。

対面の場合はきちんとした服装で面談を行った方がいいでしょう。

転職エージェントは企業に人材を責任もって紹介する立場です。

このため、いい加減な人と思われないようにすることが大切です。

転職エージェントの面談で注意したいことは下記を参考にしてください。

私の転職体験記は下記を参考にしてください。

転職エージェントとの面談の前におさえておくポイントは?

面談する前に事前に案件を教えてもらうことをおすすめします。

よく面談後、あるいは面談中に案件を紹介するといったことがあります。

私の経験では、こういった案件が自分の期待する案件でなく、せっかく忙しい中で時間を取って面談したのに期待外れになったことがありました。

このため、面談前に事前に案件を教えてもらい、自分の期待する案件なのか確認してから面談へ進むことをおすすめします。

また、転職理由や自分の聞きたい点などを簡単にまとめておくといいと思います。

まとめ

転職で私は数百万円の年収アップにつながりました。

やはり利益を出している企業への転職を検討することが重要かと思います。

利益の出していない企業への転職は年収低下だけでなく、 付加価値がない商品、サービスの仕事に携わることになり、キャリアの行き止まりになってしまいます。

利益を出している企業への転職により、年収アップを期待することができるでしょう。

この記事を読んでいる方の成功を祈ります。