20代のための転職エージェントと転職サイト おすすめ比較ランキング!

現在、転職のために転職エージェントを検討されていると思います。

私は転職エージェントを通じて売り上げ19兆円以上になる外資系IT企業への転職を成功させることができ、年収も200万円アップさせることができました。

これまでに10名以上の転職エージェントと面談やメールでの交渉をしてきた経験もあります。

今回、私の経験からおすすめの転職エージェントやスカウトをもらう方法についてご紹介します。

転職サイトと転職エージェントとの違い

転職サイトとは?

転職サイトは主に自分で転職先をサイトで探します。

その後、履歴書や職務経歴書を自分で企業へ送ります。

もし、書類選考を合格すると面接まで進むことになります。

1度または2、3回の面接の後、合格となります。

このように転職サイトでは、自分主体で転職活動を行うことになります。

転職サイトでは自分で仕事を自由に決めることができるメリットがあります。

しかしながら一方で、転職先を自分で探すことになるので手間がかかるデメリットがあります。

代表的な転職サイトとしてはDODAやリクナビNEXTがあります。

BIZREACHは転職サイトと転職エージェントの両方を有しています。

次に転職エージェントに関して説明します。

転職エージェントとは?

転職エージェントでは転職サイトと異なる点がいくつかあります。

転職エージェントではまず、転職エージェントが転職先の案件を教えてくれます。

そして履歴書や職務経歴書を転職エージェントを介して企業に送ることになります。

この履歴書や職務経歴書は転職エージェントによって添削してもらうことが可能です。

このため、より企業が分かりやすい魅力的な書類に仕上げてくれることを助けてくれます。

さらに、年収や待遇など転職エージェントが間に入ってより好条件となるように交渉してくれます。

以上のように転職エージェントを使うことで今の仕事を続けながら大きな手間を掛けずに転職活動を行えるメリットがあります。

代表的な転職エージェントとしてはキャリアカーバーとリクルートエージェントがあります。

キャリアカーバーはリクルート系列のハイクラスになります。

転職エージェントのメリット

転職エージェントはとても魅力的な求人を教えてくれます。

自分で探す手間が無いので忙しい方におすすめです。

自分の期待するようなポジションや高年収の案件を紹介してくれます。

100万円から200万円の年収アップを期待できるでしょう。

私の場合、最高で年収が2倍にもなるような案件も紹介してもらいました。

最終的にこの案件は企業の面談まで進むことができませんでしたが、私の年収は転職エージェントによる転職で大幅にアップし、経済的な自由を得ることができました。

転職エージェントからスカウトをもらう方法

職務経歴書にこれまで携わった多くの職務内容を記載することをお勧めします。

些細な仕事でも良いので記載しておくといいでしょう。

そうすることで転職エージェントが案件を見つけやすくなり、スカウトを出しやすくなります。

私は本職の仕事の他に、安全を推進する仕事も数年ほど行っていました。

これを記載していたところ、転職エージェントからスカウトをもらうことができ、企業から面接を取り付けることができました。

このように自分の意外なところから、このような企業が現れるので少しでも携わった仕事はできるだけ職務経歴書に記載するようにしましょう。

転職エージェントからのスカウト数

下記は約1年間において私がお世話になった転職エージェントからのスカウト数の比較を示します。

(数か月の差はあります。詳細は表を参考にしてください。)

1つの転職エージェントからのスカウトの数は10件から15件です。

複数登録することで、より自分の期待した案件を得られるチャンスが広がります。

リクルートエージェントやDodaエージェントサービスでは合計40もの積極的なスカウトがあることが分かります。

転職エージェントスカウト数使用した月
ビズリーチ1412ヵ月
キャリアカーバー1310ヵ月
iX転職1112ヵ月
リクルートエージェント178ヵ月
DODAエージェントサービス2312ヵ月

自分に合った転職エージェントを選択する

転職エージェントは今では数多く存在します。

しかしながら転職エージェントはどれも同じではありません。

自分の知識量や業務経験によって転職エージェントを選択する必要があります。

何も知らずに転職エージェントに申し込んでも、自分とマッチングした案件が得られなくなってしまいます。

20代の方はリクルートエージェントやDodaエージェントサービスがいいでしょう。

20代向けの案件をたくさん見つけることが可能です。

特にDodaでは毎日メールで案件が送られてくるので、より多くの情報を得ることが可能です。

20代後半で職務経験が豊富にある方は ビズリーチやキャリアカーバーなどの転職エージェントを追加することをお勧めします。

(キャリアカーバーはリクルートのハイクラスです。)

リクルートやDODAを使ってもいいのですが、ビズリーチやキャリアカーバーに登録することでより自分の希望に合ったハイクラスの仕事を得られる可能性が高まります。

おすすめの転職エージェントと転職サイト

以下におすすめの転職エージェントを示します。

おすすめはリクルートエージェントとDODAエージェントサービスです。

リクルートの転職エージェントでは毎週定期的に自分にあった案件を紹介してくれます。

DODAは転職エージェントではありませんが毎日、おすすめの案件をメールで紹介してくれます。

厚生労働省の調査ではこのような転職エージェントによるサービスを使った転職は24%にもなり、多くの人が利用しています。

リクルートエージェント

リクルートエージェントはNTTベンチマーク調査で転職エージェントNo1を獲得しています。

リクルートエージェントでは電話、または面談で丁寧に案件を紹介してもらえます。

登録すると下記のようにパーソナルデスクトップができます。

紹介された案件はパーソナルデスクトップの求人一覧に表示されます。

国内の有名な上場企業だけでなく、海外の案件も紹介してくれます。

私の場合リクルートの転職エージェントは毎週必ず2つ程度、一流企業の案件を紹介してくれました。

リクルート パーソナルデスクトップ
リクルート マイページ

口コミ!

 こちらの転職エージェントを利用し、無事転職できました。 担当者によるのでしょうが、とても丁寧で希望の仕事内容のヒアリングや電話での模擬面接もしてもらえました。 マメに連絡を頂けたので安心できましたし、現職の退職の手配もスムーズにできました。 模擬面接は初めてでドキドキでしたが、良かった点を誉めてもらえたり、改善点を的確に教えてもらえたりしたので、自信がつきました。

 こちらのエクゼクティブエージェントにお世話になりました。他のエージェントがおざなり対応する一方、こちらにはきめ細やかな対応いただき、転職を決めれました。

 面接では日々意識したこと、そこで成功したこと、失敗した際にどうしたかなど、エピソードを交えて話ができれば問題ないでしょう」とアドバイスされました。面接の結果は、「新規事業を推進していくのに柔軟な発想力と必要な行動力を備えている」と評価され、採用に至ったんです。

doda

DODAは10万件以上の求人案件を有しており、転職者の満足度がNo1です。

DODAはメールで下記のように毎日案件が届きます。

とても案件が豊富で、上場企業からの案件が多数あります。

また下記のように有名な企業からのオファー案件も届くので、とても助かります。

ただし、このオファーは残念ながら”申し込んでくださいね”といった程度のもので企業からの熱烈なスカウトではないので注意しましょう。

実際申し込んでも書類選考で落とされるといったことがよくあります。

また、一方、面接が本当に確約している場合、企業からプレミアムオファーが届きます。

下記は実際に私に来たメールの内容の一部です。

直接、企業と面談へ進めることができ、実際面接を行うことができました。

(このオファーが来た時点では匿名状態になっています。)

口コミ!

「絶対に薬の開発に携わる!」という思いで、求人がある限り応募しつづけました。臨床開発だけでなく、どんな手順・工程で試験をするかの企画から関われる仕事で、急に夢がかないました! ベンチャーなので社長とも直接話しますし、前職では接点のなかった研究や製剤の担当者とも直接やりとりして情報交換できるんです。夢にまで見た仕事をやらせてもらっている実感があります。

スタートはのんびりでしたけど、転職できて良かったですね。最初は不安でしたけど、エージェントにほかの業界や同年代の転職の情報をもらって、自分や会社を第三者的に見られるようになったことで焦りも解消されました。今はIT業界なので、この先の成長も見込めるし、扱う商材も増えたし、サービスを含めた提案の幅も広がって、かなり前向きになってます!

担当してくれたキャリアアドバイザーが、元看護師という経歴の方だったんです。だから私が今までにやった検査の難易度や病院での業務内容を、説明しなくてもすぐに分かってくれて、「ここを不安に思ってるでしょう?」ってズバリ言い当てられました。「今のハナさんならこういう仕事ができるはず」と経験が活かせそうな会社をリストアップしてくれたり、「こういう点に苦労するかも」と経験がない部分を気づかせてくれたり。まさに私が不安に思ってたことをひとつずつ解消するような、リアリティのある情報提供をしてくれたんです。ここまで状況を理解して勧めてくれるなら、きっと私でも大丈夫だと、まったく経験のない業界に向かうとなっても安心して臨めました。それに面接の想定問答も用意してくれて、なんとそれを全部聞かれて、思いのほかスラスラ答えられました(笑)。

自分で聞きにくいことは、エージェントに事前に確認してもらっていたんです。たとえば残業の状況や将来的なモデルキャリア、家賃など各種手当の金額など、かなり細かいことまで聞いてもらいました。実は2社目の時は自分で応募したので、「えっ、残業代は30時間まで基本給に込みだったのか…!」という失敗もあったので(苦笑)。おかげで入ったときのギャップも少なくてすみました。今はバックオフィスの仕事をしながら研修も兼ねて先輩と一緒に営業先を回っていて、2カ月後から本格的に一人でお客さまと商談することになっています。営業経験の少なさは今でも不安ですが、自分で目指した道だから、頑張るしかないですね!

転職サイト DODA (デューダ) かっこいい CM 2本 出演: 綾野剛 声: 岡本太郎

リクナビNEXT

リクナビNEXTでは4万9000件から求人を見つけることが可能です。

閲覧履歴からあなたにあった求人を自動的に表示してくれるので手間が省けます。

フレックス勤務、土日休みなどのキーワードを使って検索することも可能です。

また、設定によって企業からオファーを受けることも可能です。

忙しくて求人を探す時間が無い人におすすめの機能です。

BIZREACH おすすめ!

ビズリーチは求人数10万件、登録ヘッドハンターは3500人とあらゆる面で転職しやすい環境を構築しています。

ビズリーチでは、主にエージェントによるスカウトがあります。

また、自分から案件を探して申し込むことも可能です。

ビズリーチでは、企業などの詳細な情報を得たい場合、月約5000円必要になります。

下記はビズリーチにおける自分のページになります。

(登録した1か月は無料で使用可能)

ここだけ他の転職エージェントと異なるところです。

ビズリーチの転職エージェントはとても真摯にサポートしてくれ、転職を成功させることができました。

口コミ!

公共事業を主に扱う企業にシステムインテグレーターとして就職後、中堅IT企業や大手人材企業のシステムマネージャーやITコンサルタントを歴任。自分の力を社会に生かしたいと思うようになり、転職を考えていたところ魅力的な企業からスカウトを受け取った。

学生時代から大手電機メーカーの研究所で働き、卒業後は同研究所に入社。仕事は面白くても、製品は世に出るまでに10年かかることもあった。そんななか、信頼・尊敬できるヘッドハンターと出会い、ベンチャー企業へエンジニアとして転職することを決意。

「人々が熱狂し、感動を共有する」というスポーツの世界に魅了され、大学卒業から一貫してスポーツビジネス業界に携わってきた。職務経歴書をアップデートしてから約1カ月後、海外のプロサッカーチームからスカウトが届き、すぐに選考を受けることを決意。

今回力になってくれたヘッドハンターは、小規模エージェントの所属ながら、企業理解力、交渉力といった点で群を抜いており、彼なくして今回の転職はなかったと断言できます。たとえば、応募条件から外れていても、自身の力量やポテンシャルを理解してくれるヘッドハンターに出会えれば力強く交渉してくれますし、競合候補者がいてもアドバンテージを発揮することができます。彼との出会いをつくってくれたビズリーチには、とても感謝しています。

ビズリーチに登録すると、ヘッドハンターや求人企業から多数のスカウトメールが届いた。そのなかで、興味の湧いた求人企業を抱えるヘッドハンターに連絡。「すでに転職を経験していたので、面接対策などへの不安はありませんでした。今回、私がヘッドハンターに期待したのは、『求人企業に関する情報のリサーチ力』です。求人企業が今求めているものや予算規模、ビジネスの成長度や未来像など、職務経歴書の作成や面接の助けとなる詳細な情報をできるだけ提供してほしいと依頼しました。手間のかかる作業だと思いますが、それにしっかり応えてくださったヘッドハンターといいお付き合いができました」。応募したのは2社だけだったが、信頼の置けるヘッドハンターが万全な情報収集をしてくれたおかげで、2社とも内定を得ることができた。

【ビズリーチ】ヘッドハンターサミット2017 Official Movie

ビズリーチの効果的な使い方は下記の記事を参考にしてください。

キャリアカーバー(リクルートのハイクラス転職)おすすめ!

キャリアカーバーはリクルートの転職エージェントでハイクラスの領域を担当しており、年収800万円から2000万円の案件が多数あります。

キャリアカーバーは非常に高収入の案件を提供してくれます。

1つはプラス50%ほどの高収入だったのでとても驚きました。

こちらも土曜日にもかかわらず面談していただきました。

キャリアカーバーの転職エージェントはメールのやり取りで、とても優秀な印象があります。

下記はキャリアカーバーの取り扱い案件の一部です。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)サービスのご紹介

マイナビAGENT

引用元: マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代で一番信用されている転職エージェントです。

ITをはじめとして金融や営業への転職案件が豊富で、この分野での転職を強力にサポートしてくれます。

特にIT、通信系の案件は33.6%と一番多く占めています。

ITや通信などの仕事に関わっている人にはぴったりの転職エージェントです。

口コミ!

 働きながらの転職活動だったのですが、求人紹介からスケジュール調整、面接対策と多くのサポートをしていただけたおかげで、仕事に支障なく活動ができ、とても助かりました。

 転職活動における多くの不満を排除していただき、短期間での転職を成功することができたため。履歴書・職務経歴書・面接対策資料の添削は無知だった自分にとっては非常にありがたいものであった。

 率直に、こんなに良いとは思っていませんでした。最初は他の会社にもお願いしようと思っていたのですが、想像以上に親身で、本当の意味で二人三脚で転職に臨めたように感じました。出来ればやりたくないですが、今度もし転職をするとなった時もお願いしたいなと思えたので、転職を希望している知人がいれば是非紹介したいと思います。

 対応も迅速で、求人も幅広くご紹介いただき大変助かりました。また、自分のキャリアや今後の考えなど、とても上手にまとめていただき、転職活動の軸をしっかりと持つことができました。また、内定承諾前に迷いがありましたが、背中を押していただき決断することができました。退職交渉などの内定が出た後のフォローについてもしっかりとしていただき、とてもありがたかったです。

パソナ

PASONAでは5万件以上の求人案件を有しています。

さらに転職後の年収アップ率は67%にもなります。

これまで25万人の転職サポート実績があり、無料でサポートしてくれます。

登録は簡単で職務経歴書を添付するだけで3分で完了します。

口コミ!

 こちらの希望を詳細に汲み取っていただけて、書類選考、面接前、面接後とあらゆる局面での細かなフォローがあったことが良かったです。

 定期的に電話で連絡してくださったので、とても信頼できた点が良かった。直接お話しすることで、疑問点や不安がすぐに解消できたし、コミュニケーションが取り易かった点も良かった。

  希望業界とのつながりの深さを感じられました。他のエージェントと比較して有利な条件で応募できた点も良かったです。企業担当エージェントから直接お話を聞けた点や、面接対策に丁寧なアドバイスをもらえたのもさらに良かったです。

 独占案件があり、良い企業を紹介していただけました。また、随時進捗状況を報告していただき、対応が早く助かりました。

Type転職エージェント

Type転職エージェントでは、利用者から非常に高い満足を得られています。

リクナビNEXT エージェントランキングにおける総合満足度は第2位です。

実に利用者の87%が満足した結果を得ています。

転職では書類選考を通過できないといった様々な悩みがあるかと思います。

転職エージェントがこういった転職に関する悩みを解決してくれます。

口コミ!

 面談を通じて自分の望むキャリアパスはどのようなものなのか一緒に考えて頂けけました。特に嬉しかったのは、エンジニア志向というよりもITコンサル志向で転職活動を進めていくことに決めた旨を連絡したところ、すぐにITコンサル関連の求人情報を追加で提案して下さったことです。類似の求人を2~3くらい紹介頂けるのかなと想定していたところ、10を超える数を提案してもらえた事に驚きを感じました。

 業界内での自社の立ち位置や、周りの企業の採用状況・経営状況を教えてくれたのがtype転職エージェントだけだった。私が「おっ、ここ良さそうじゃん」と思える企業ばかり紹介してもらえてありがたいですし、実際にそれで何社か応募しました。
各企業から聞いた話なども教えてもらい、企業と担当者の繋がりが強い印象を受けました。

 以前他社の転職エージェントも利用した経験がありますが、type転職エージェント様の親切丁寧なご対応に驚きました。親身になって話を聴いて下さり、面接対策のセミナーもご案内して頂きtype転職エージェント様にお願いして本当に良かったです。私が話し過ぎてしまい、面談の時間が少々オーバーしてしまいましたが忙しい中でも最後までわかりやすく丁寧にご対応頂きました。

転職に失敗しない方法

転職先を事前に調べておく

転職先が実はブラックだったということがないようにしなくてはなりません。

転職する前に会社の状況を調べることができます。

おすすめは会社の評判です。

登録なしに、会社の内情、給与などを確認することができます。

会社の評判

転職口コミサイトの詳細はこちらを参考にしてください。

転職先の会社の利益を確認

私が転職で理解したのは年収は結局のところ自分の実力に大きく関係しないということです。

つまり、年収はその勤めている企業がいかに社会に貢献して稼いでいるかによって決まります。

このため、転職の際には利益を出している企業への転職が重要になります。

利益の出ていない企業への転職は避けた方がいいでしょう。

現在の企業の利益と転職先の企業の利益の大きさを把握しておくとよいと思います。

詳細は下記の記事を参考にしてください。

今住んでいる地域で就職を希望する場合

今住んでいる地域で就職を希望する場合は公的機関であるハローワーク(公共職業安定所)で検索することで、多くの求人を見つけることが可能です。

ハローワーク

東京における転職エージェントは下記を参考にしてください。

大阪における転職エージェントは下記を参考にしてください。

Q&A

転職エージェントとの面談は?

転職エージェントとの面談は主に電話、スカイプまたは対面で行われます。

事前に自分の聞きたいことなどをまとめておくといいと思います。

対面の場合はきちんとした服装で面談を行った方がいいでしょう。

転職エージェントは企業に人材を責任もって紹介する立場です。

このため、いい加減な人と思われないようにすることが大切です。

転職エージェントの面談で注意したいことは下記を参考にしてください。

私の転職体験記は下記を参考にしてください。

転職エージェントとの面談の前におさえておくポイントは?

面談する前に事前に案件を教えてもらうことをおすすめします。

よく面談後、あるいは面談中に案件を紹介するといったことがあります。

私の経験では、こういった案件が自分の期待する案件でなく、せっかく忙しい中で時間を取って面談したのに期待外れになったことがありました。

このため、面談前に事前に案件を教えてもらい、自分の期待する案件なのか確認してから面談へ進むことをおすすめします。

また、転職理由や自分の聞きたい点などを簡単にまとめておくといいと思います。

まとめ

転職で私は数百万円の年収アップにつながりました。

やはり利益を出している企業への転職を検討することが重要かと思います。

利益の出していない企業への転職は年収低下だけでなく、 付加価値がない商品、サービスの仕事に携わることになり、キャリアの行き止まりになってしまいます。

利益を出している企業への転職により、年収アップを期待することができるでしょう。

女性のための転職エージェントは下記の記事を参考にしてください。

第二新卒向けは下記の記事を参考にしてください。

もし、今ブラック企業で働いている方は、新しい未来のために退職代行を使う手もありますので下記を参考にしてください。

プログラミングを学びつつIT企業へ転職する方法もあります。

詳細は下記の記事を参考にしてください。

この記事を読んでいる方の成功を祈ります。