投資で初心者にもできるおすすめ!

初心者でもできる投資を探しているかと思います。

私は米国株における投資で数憶円の資産を構築でき、配当金で経済的自由を得ることができました。

今回、初心者におすすめの投資を説明します。きっと投資を理解できて自分の資産を大きくすることができるでしょう。

初心者にもできるおすすめの投資は株式投資

初心者にもできるおすすめの投資は株式投資です。

例えば、私はグーグルに投資しています。

グーグルを応援するために自分の費用を出し、グーグルのオーナーの一員(株)となっています。

この投資を意味するところは、例えばグーグルの検索やYoutubeにおいて便利に使いやすくすることを意味します。

皆がこのグーグルの検索やYoutubeをたくさん使うようになると、それに伴って広告による収益が増加し、グーグル自体の収益も増加することになります。

収益が増加すると、株価も増加していきます。

特に米国の企業は世界規模で展開している企業が多く、企業の成長を期待できることから魅力的な投資先と言えます。

米国株におけるおすすめの有望銘柄は下記の記事をどうぞ。

初心者に投資として株式投資をおすすめする理由

株式投資をおすすめする理由は下記のように3つあります。

特に注目は株式を所有していると配当金が得られることです。

それぞれについて説明したいと思います。

  • 少ない資金でも始められる
  • 配当金を得ることができる(インカムゲイン)
  • 株の値段が上がる(キャピタルゲイン)
  • 株主優待を受けることができる。

配当金を得ることができる

企業は、儲かったお金の中から株を持っている人たちにお金を分けます。

例えば100万円分の株を持っていたとすれば、年に3万円程度のお金(配当金)を得ることができます。

この場合、配当率は3%となります。この額は企業によって異なります。

株を持っているだけで、お金をもらえるなんて、すごいことだと思いませんか?

もちろん株を持っていなければ、このお金はもらえませんね。

2019年6月時点の配当率は下記のようになります。

  • コカコーラ 3.26%
  • マクドナルド 2.34%
  • クラフトハインツ 5.79%

米国株における高配当銘柄はこちらを参考にしてください。

高配当を安定して出している企業は下記を参考にしてください。

株価が上がる

株の魅力は配当をもらえるだけではありません。持っている株の値段も上がる可能性があります。

企業が成長し拡大すると、その企業の価値は上がります。

先ほど話したように、企業の一部が株です。そのため、株の価値も上がることになります。

下記にマクドナルドの株価を示します。

マクドナルドは世界で店舗数が増加し、成長を続けています。

このため2015年から2019年にかけて、株価は約2倍になっていることが分かります。

もし、2015年にあなたが、100万円分のマクドナルドの一部(株)を持っていただけで、2019年現在、約200万円になっているということです。

さらに自社株買いによる株価上昇も期待できます。特に米国企業では株主を大切にする文化があります。このため企業自体が自社株買いを行い、株価上昇につながります。

キャピタルゲインを得る方法は下記を参考にしてください。

自社株買いの詳細は下記を参考にしてください。

株主優待を受けることができる

米国株では株主優待はもらえませんが日本株では様々な株主優待を受けることができます。

たとえばマクドナルドではハンバーガーの無料のチケットをもらうことができます。

吉野家でも同様に無料のチケットをもらえることができます。

吉野家の無料チケットは、吉野家だけでなく、はなまるうどんなどでも使用することができます。

投資のやり方について

投資のやり方について難しく考える必要は全くありません。あなたが、普段よく使ったり、食べているものに注目してみてください。

それはあなたにとって非常に重要なものであるはずです。そのような商品、サービスに投資をすればよいだけなのです。

かの有名な投資家ピーターリンチも

「ドーナツを食べることが株式の調査になると理解できない投資家が多い」

と言っています。

つまり、投資先はあなたの目の前にすぐあるということなのです。

(そのドーナツがおいしければ、そのドーナツを作っている企業に投資をするのも一つの方法ということです。)

私も、どのお店が良く売れているのか、またスーパーでの棚を見ては何が良く売れているのかなど観察するようにしています。

銘柄の選び方はこちらを参考にしてください。

株式投資のためのおすすめの本は下記を参考にしてください。

株式におけるリスク対策

株で怖いことは、株価が暴落することだと思います。

これに対する対策を下記に示します。

  • 消費者独占力の有する株を選択する。
  • できるだけ安値で買っておく。
  • 5つ以上の株に分散しておく。

消費者独占力の有する株を選択する

消費者独占力を有した企業とは先ほど述べたように皆が必要とする商品、サービスを永続的に行う企業を言います。

消費者独占力を有した企業であれば、一時的に株価が下がっても必ず元にもどります。これはこれまでの歴史から明らかです。

なぜなら昔の悪いことは忘れてしまうからです。株価は力強く回復します。

この内容は下記の投資の神様であるバフェットの本から学ぶことができます。詳細は下記からどうぞ。

出来るだけ安値で買っておく

また、大きく下がったそういった時こそ株式を購入します。

株価が下がっているところはバーゲンセールと思うことが重要で、そういう時こそ株式を買い増すチャンスです。

私はコロナで大きく株価が下がった時に買い増ししました。みんなが売りに出しているときに買ったのです。

そのおかげで、今私のキャピタルゲインは自分でも信じられないほどのパフォーマンスを出しています。

私のアメリカ株の収益は下記を参考にしてください。

5つ以上の株に分散して買っておく

さらに5つ以上の株に分散投資しておけば、1つの株の値段が下がっても大きな損失にはなりません。

私は一部重点的に投資を行っていますが、同時に分散して投資しています。

リスク対策をきちんと理解すれば恐れることはなくなります。

以上のようにリスク対策をきちんと理解し、対応することが重要です。

株の買い方は下記の記事を参考にしてください。

おすすめの証券会社

自転車は実際に乗らないと乗れるようになりません。株式も同じです。少しずつ進めていくことが重要です。

証券会社はDMM証券がおすすめです。

DMM証券の米国株における手数料は無料です。

下記から証券会社への登録が無料でできます。

手数料の安い証券会社は下記でまとめているので参考にしてください。

他の投資について

他の投資としては高利回り通貨、 不動産投資、太陽光発電などがあります。これらの投資は初心者は手を出さない方がいいでしょう。

高利回り通貨はトルコやブラジルなどの後進国のお金で金利を稼ぐ方法です。現在トルコ リラの金利は16%と魅力的です。

しかしこれらの後進国の財政が悪化した場合に通貨の価格が暴落する可能性があります。

下記はトルコリラの価格ですがもう目も当てられないほど価格が暴落しています。

不動産投資、太陽光発電は大きな金額が必要です。資金のない初心者がお金を借りてまでこの投資を行うのはとても危険です。

さらに不動産や太陽光は売却するのが困難であるため、もし売却が必要となった時、必要な資金を回収できない場合には自己破産してしまう可能性があります。

初心者はこれらの投資には手を出さない方がいいでしょう。

不動産投資の危険は下記の記事を参考にしてください。

まとめ

初心者向けの投資とおすすめについて説明しました。

働きながら得られたタネ銭をコツコツと投資していくことが重要です。

私も投資し始めた初期は働きながら貯めたわずかなお金からはじめました。

きっとあなたの資産を大きくしてくれるでしょう。

NISAを使うと配当にかかる税金が少なくなるのでオトクです。詳細は下記の記事を参考にしてください。

投資は複利で行うと資産の増加が急激に伸びていきます。投資を複利で行う詳細は下記の記事をどうぞ。

ドルでもらった配当金を円に換える方法は下記の記事を参考にしてください。

この記事の執筆者:ユウ

投資歴20年以上。アメリカ株(米国株)をメインに投資を行っており、世の中に役に立つ情報の発信を行っている。アメリカ株、日本株、REIT、外国通貨の投資運用を経験。ボロアパート住まいから、投資額として数億円を運用するようになる。経済的自由を得ながら質素な生活を楽しみつつ、世の中のためになるしくみを構築中。

アメリカ株への投資
ユウカレッジ
タイトルとURLをコピーしました