アメリカ株 IBMの今後の株価!

IBMのポートフォリオ

IBMは主に現在、完全にハードからは撤退し、ソフトウエアやデジタルトランスフォーメーションへのコンサルへ注力しています。

セグメントとしてはコンサル、ソフトウエア、インフラの3つに分かれます。

セグメントとしてはソフトウエア事業が一番稼ぎが大きく、ワトソンを採用している企業は4万社にもなります。

コンサル事業におけるクラウドのエキスパートはなんと8万人もいます。

IBMのインフラ事業において世界のTOP50の銀行のうち45の銀行がIBMのサーバーを使用しています。

IBMのInvestor Relations

IBMのInvestor Relations2

IBMは2016年に気象情報大手のザ・ウェザー・カンパニーを買収し、2017年に企業向けの気象予報サービスも始めています。

株式会社オクト + IBM 「気象データ × ビジネス変革」

IBMの株価

IBMの株価を下記に示します。

全体的に右下がりです。

バフェットもIBM株を有していましたが、ついに手放してしまい、株価は低迷しています。

PERも12と割安です。

配当は4.4%です。

IBM+JAL

IBMの売り上げと利益

IBMのを売り上げと利益を下記に示します。

売り上げ、利益ともに低下しています。

利益率は14%ともう少し欲しいところです。

流動比率も128%と手持ち資金は問題ありません。

IBMソフトウエア

下記はIBMソフトウエアの売り上げの内訳です。

ソフトウエアでは多くの分野で収入があります。

Red hat, Automation, AI, Transaction Processingなどが主力です。

多くの企業でIBMのソフトウエアが採用されています。

Red Hatの顧客としてAdobeが使用しています。

IBMコンサルティング

下記はIBMコンサルティングの売り上げの内訳です。

DXが主力の売り上げになっています。

IBMインフラ

こちらはIBMインフラの売り上げの内訳です。

サーバーを売るだけでなく、その後のサポート費用も大きな割合を占めています。

IBMは昔からサーバー用のチップを開発しています。

設計に特化しているので、ROIは向上していると予想します。

コカコーラやUPS、バンカメなどででIBMのサーバーが使用されています。

IBMの今後と株価予想

このように今後、クラウド化が進み、IBMの利益は安定して推移するものと思われます。

今後、収益化が大幅に進む可能性があるので、ウォッチングしていたほうがいいかもしれません。

おすすめのアメリカ株に関する記事は下記を参考にしてください。

マクドナルドに関する記事は下記をどうぞ。

P&Gに関する記事は下記を参考にしてください。

コカコーラに関する記事は下記をどうぞ。

ユニリーバに関する記事は下記をどうぞ。

この記事の執筆者:ユウ

投資歴20年以上。アメリカ株(米国株)をメインに投資を行っており、世の中に役に立つ情報の発信を行っている。アメリカ株、日本株、REIT、外国通貨の投資運用を経験。ボロアパート住まいから、投資額として数億円を運用するようになる。経済的自由を得ながら質素な生活を楽しみつつ、世の中のためになるしくみを構築中。

アメリカ株 個別銘柄
ユウカレッジ
タイトルとURLをコピーしました