アメリカ株 グーグルの今後の株価!

グーグル ロゴ

アルファベット(グーグル)のポートフォリオ

アルファベットはご存じのようにグーグルの検索における広告事業が大きな柱です。

最近ではクラウドビジネス、ストリーミングゲームやスマートウオッチの事業へ拡大しています。

インターネット広告とクラウドの収益

下記はインターネット広告の収益を示します。

Googleのインターネット収益は右肩上がりで上昇しています。

Searchでは検索における広告に加え、GmailやMapにおける利益を含みます。

Networkではアドセンスなどの記事内の広告による収益です。

OtherではGoogle Playからの収益になります。

さらにCloudによる収益も確実に伸びています。日本の政府もグーグルのクラウドを選定しています。

Network, Other, Cloud, Youtubeが急成長しており、 合計するとSearchに追いつく勢いです。

ストリーミングゲーム Statiaのリリース

またGoogleはストリーミングゲームサービスであるStadiaをリリースしました。

ゲーム端末機器やソフトを買う必要がなく、オンラインでゲームをいつでもどこでも楽しむことができます。

What is Stadia and How It Works – Everything You Need To Know

潤沢な利益による企業買収

さらに得られた利益で企業買収も盛んです。

最近ではスマートウオッチ大手のフィットビットの買収を行い、医療関係への進出も開始しました。

フィットビットは心拍数や運動アクティビティー、消費カロリーをモニタリングするだけでなく、睡眠の質も管理するスマートウオッチです。

グーグルの株価

私も保有しているGoogleの株価を示します。

きれいな右上がりですね。

理想的です。

2018年後半に株価が落ちましたが、現在ほとんど回復しています。

これは、消費者独占型の株の特徴です。

消費者独占型の株は、何らかの要因で一時的に下がっても必ず元に戻ります。

PERは28と少し高めです。

配当はまだ成長中ということもあり、出していません。

Googleの売り上げと利益

Googleの売り上げと、利益を下記に示します。きれいな右上がりです。2018年は売り上げで約14兆円になります。利益だけでも3兆円と稼ぎまくっています。

検索や、Youtubeの広告事業が非常にうまく回っており、売り上げの約85%程度を占めます。クラウドサービスはまだまだですが、36%の増加で、売り上げは4700億円になりました。

利益率も26%と圧倒的です。

中でも驚きは流動比率が390%です!!。これは手元に稼いだお金がたくさんあることを意味します。手持ちのお金(流動資産)が13兆円もあるのです。

グーグルの詳細な売り上げと利益の内訳は下記を参考にしてください。

Google Investor Relations

グーグルの今後の株価予想

この記事を書いていて、2018年後半に買い増ししておくべきだったと、思い始めました。

大抵、事業には競合がいますが、Googleにはほぼ、皆無で無双状態です。

BingやYahooもありますが、やはり一度使ってしまうと離れられないのですね。

この数年は利益の増加とともに、株価も上昇することが考えられます。

今後も広告収入だけでなく、ストリーミングゲームや医療関連の収益も積み重なっていくのものと思われます。

おすすめのアメリカ株に関する記事は下記を参考にしてください。

マクドナルドに関する記事は下記をどうぞ。

P&Gに関する記事は下記を参考にしてください。

コカコーラに関する記事は下記をどうぞ。

ユニリーバに関する記事は下記をどうぞ。

この記事の執筆者:ユウ

投資歴20年以上。アメリカ株(米国株)をメインに投資を行っており、世の中に役に立つ情報の発信を行っている。アメリカ株、日本株、REIT、外国通貨の投資運用を経験。ボロアパート住まいから、投資額として数億円を運用するようになる。経済的自由を得ながら質素な生活を楽しみつつ、世の中のためになるしくみを構築中。

アメリカ株 個別銘柄
ユウカレッジ
タイトルとURLをコピーしました