ギリアド 株価 GSKの エイズウィルス治療薬が認可され、きびしい状況が続く。

ギリアド ロゴ

ギリアド 株価  GSKのエイズウィルス 治療薬が認可され、きびしい状況が続く。

ギリアドサイエンシズは世界第2位のバイオ製薬会社。治療薬の開発と商品化を行っています。

主にHIV、 C型肝炎、 B型肝炎、インフルエンザといった抗ウイルス製剤の事業を行っています。

以下にギリアドの株価を示します。

2015年の中ごろから、現在株価は半減してしまいました。

これは、以下に示すように利益が低減してしまったためです。

このことから分かるように、必ず株の購入の際は、利益が増加、あるいは少なくとも維持している株を選択するようにしましょう。

人道的立場から株を購入するというのは、また別の話ですが…

このことは下記の記事でまとめていますので参考にしてください。

PERは15と比較的割安な水準であり、配当は4%となかなかです。 

ギリアドの収益と今後

ギリアドの収益を下記に示します。

2017年から、利益が半減していることが分かります。

これが株価が大幅に低下した原因です。

日本では高額薬が問題となり、C型肝炎治療薬の薬価が32%も引き下げられたためです。

ただ、流動比率は338%と、しっかりと稼ぎをため込んでいます。

また、利益率はまだ35%と高い水準です。

2月の発表では、エイズウイルス治療薬は、34億ドルから41億ドルに増加しているものの、C型肝炎治療薬は、前年の15億ドルから7億ドルに急減しており、利益の維持がやっとの状況です。

先日、グラクソ・スミスクラインの エイズウィルス治療薬において米国販売が認可されました。

現在、ギリアドが エイズウィルス 治療薬で首位ですが、ギリアドにとって厳しい状況が続きそうです。