米国株(アメリカ株)の複利運用 計算方法と実際のやり方!

複利による運用を一度もしかしたら聞いたことがあるかと思います。

複利による運用とは、天井に向かって急激に大きく増加することを意味します。

私も下記のように複利による運用で大きく資産を増加させています。

今回、具体的な計算方法とやり方について説明します。

エクセルによる計算方法

元金が100万円とし、3%の複利による運用をシミュレーションしてみました。

下記のように、比例して大きくなるのではなく急激に大きくなっていることが分かります。

天井に向かって急激に増加していることが分かります。

これが複利による運用になります。

これはExcelをつかって簡単に計算することができます。

100に1.03をずっと掛け続ければいいだけです。

こんな運用ができたらうれしいですよね。

基本的に株はこのように運用することが可能です。

その方法を以下で説明します。

米国株における複利での運用のやり方

複利による運用のやり方はいたって簡単です。

所有している米国株から得られた配当金を全く使わずに、その米国株をその配当金で買い増すだけです。

具体的には例えば100万円のコカコーラ株を有していたとします。

配当利率が簡単に3%として、その年に約3万円の配当金が得られたとします。

この3万円でそのコカコーラ株をそのまま買います。

すると103万円のコカコーラ株を有することになります。

次の配当金は3.1万円になります。

この3.1万円でまたコカコーラ株を買うと106.1万円となり、雪だるま式にコカコーラ株が増加していきます。

上記のグラフのように、20年後は80%も増加することになります。

米国株の配当金ランキングは下記をどうぞ。

NISAを使うと配当金に掛かる税金を少なくすることができます。

特にADR銘柄と組み合わせることで税金をゼロにすることも可能です。

詳細は下記を参考にしてください。

Top 15 Biggest Companies by Market Capitalization 1993 – 2019

複利運用と資産運用額の組み合わせ

複利の影響は資産運用額が大きいほど顕著に現れます。

100万円では180万円。

1000万円では1800万円。

1億円では1.8億円となり、資産運用額が大きいほどこの効果は大きく効いてきます。

優待の神様 桐谷さんが選ぶ人生最高優待ランキングベスト5

まとめ

私は配当金はすべて米国株の買い増しに回しており、一切配当金を別の用途では使っていません。

つまり複利による運用を行っています。

皆さんもぜひ複利による、運用を行ってみてください。

短期的には結果は小さいですが、長期的に行うことで大きな差が生まれます。

米国株における有望銘柄や私のポートフォリオは下記を参考にしてください。

株の選び方は下記の記事をどうぞ。