安いレンタルサーバーのおすすめと比較!

ブログやサイト運営を始めたくて、安いレンタルサーバーを検討していると思います。

ただ、安いレンタルサーバーといってもコスパの良いものがいいですよね。

私はいくつかのサイトをこれまで構築し、1年半ほどで月20万円ほど稼げるようになりました。

私の経験を元に、おすすめの安いレンタルサーバーについて説明します。

きっとコスパ良いレンタルサーバーを見つけることができると思います。

安いレンタルサーバーの選び方

高速の頭脳をたくさん持ったサーバーを選ぶ

サーバーにはCPUが内蔵されており、CPUとはいわばサーバーの頭脳です。

この頭脳が多く入ったサーバーを選びましょう。

頭脳がたくさんあった方が処理速度が速くなるためです。

この頭脳の数はコア数と呼びます。

例えば1コアと48コアのCPUを比較したとします。

1つの仕事がCPUに入ってきたときに1コアであれば対応することができます。

では20の仕事が一度に入ってきたときはどうでしょうか。

1コアのCPUは処理しきれなくなってしまい、仕事がたまってしまいます。

一方、48コアのCPUでは20の仕事が入ってきたとしても、20の頭脳が一度に処理することができ、さらに28の頭脳の余裕があります。

このため、CPUはできるだけコア数の多いサーバーを選ぶようにしましょう。

ストレージメモリは読み出し書き込みの高速なSSDを採用しているサーバーを選ぶ

ストレージメモリはHDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)の2種類があります。

HDDは読み出し、書き込みが機械的な動作になるため、速度が遅い欠点があります。

HDDは磁気の円盤が回っていて、円盤に針を当てて磁化させたり、させなかったりすることでデータを書き込みます。

この針が機械的に動くので、速度が遅くなります。

一方、SSDの読み出し、書き込みは電気的な動作になるため、速度が非常に速い特徴があります。

SSDでは電子を非常に小さな領域に入れたり出したりすることで、データを書き込みます。

SSDでは機械的に動作することはなく、電気的に動作するのでHDDと比較して速度がが非常に早くなります。

このため、ストレージメモリはSSDを採用しているサーバーを選ぶと良いでしょう。

ストレージメモリ容量の多いサーバーを選ぶ

できるだけメモリ容量の多いサーバーを選ぶようにしましょう。

ブログであれば最低でも20Gほど欲しいところです。

10Gほどしかない場合、余分なデータがたまってサーバーが動かなくなってしまう可能性があります。

実際私は、バックアップファイルが知らない間にたまっていて、サーバーが動かなくなってしまった経験があります。

このため、100G以上のメモリ容量を持ったサーバーを選ぶようにすると良いと思います。

安いレンタルサーバーの費用について

レンタルサーバーはブログであれば月額500円のもので十分です。

固定費はできるだけ抑えた方がいいでしょう。

まずはこの500円を回収するブログの構築を目指すと良いと思います。

逆に無料のレンタルサーバーは広告が付いてしまったり、いつ無くなるか分からないで避けた方がよいと思います。

以前、私も無料のレンタルサーバーを使っていましたが使用不可能になってしまった経験があります。

安いレンタルサーバーの賢い選び方
  • コア数の多いCPUを搭載。
  • ストレージメモリはSSDを搭載。
  • 容量の多いメモリを搭載。できれば100G以上。
  • 費用は月額500円程度で十分。無料は避ける。

安いレンタルサーバーの比較

月額料金が500円前後におけるプランでスペックを比較してみました。

SSDの搭載、ストレージメモリ容量、CPUのコア数はもとより、バックアップ機能の有無、サポート体制についてもまとめています。

おすすめはコアサーバーです。

その名の通りCPUコア数は64つ有しており、SSDメモリも400Gと十分な量があります。

このスペックで月々440円で提供してくれるのは本当にありがたいです。

220円のミニプランもあります。

しかも大手企業のGMOが運営しているので安心です。

また30日間無料で使用することができます。

 コアサーババリューお名前さくらスターRolipopAmazon
メモリSSDSSDSSDSSDSSDSSD
容量400G100G250G100G 100G250G20G
CPU64コア8コア1コア
保存自動手動自動自動
サポート24時間24時間24時間
月料金440円334円720円524円400円500円400円
お試し30日間10日間15日間14日間14日間10日間1ヵ月

無料のレンタルサーバーは下記を参考にしてください。

高性能のレンタルサーバーについては下記の記事を参考にしてください。

コアサーバー

コアサーバーの魅力はなんといっても高性能であることです。

CPUは64コア、メモリ容量は400Gと他のレンタルサーバーを圧倒しています。

これまでレンタルサーバーの設定は難しく非常に時間が掛かっていましたが、コアサーバーであれば最短1分で立ち上げ可能です。

初期設定を代行してくれるサービスもあります。

一番おすすめのレンタルサーバーです。

名称コアサーバー
メモリSSD
容量400G
CPU64コア
バックアップ自動バックアップ
SSL無料SSL
サポート
月料金440円(220円のプランもあり)
メールメール設定可能
ブログワードプレス
ショップ
お試し30日間
ドメイン独自ドメイン
コアサーバー ホームページを1分でつくろう!

コアサーバーの評判と口コミ!

バリューサーバー

バリューサーバーはその名の通り、すべてをいいとこどりしたサーバーです。

高スペックではありませんがSSD 100G, CPUは8コアで月額334円と非常にバランスの取れた内容になっています。

趣味でブログを始めたいような方におすすめのサーバーかと思います。

名称バリューサーバー
メモリSSD
容量100G
CPU8コア
バックアップ
SSL無料SSL
サポート
月料金334円
メールメール設定可能
ブログワードプレス
ショップ 
お試し10日間
ドメイン独自ドメイン

お名前.com

お名前.comはGMOが運営しているサーバーの一つです。

SSDを採用しており、ストレージメモリも250Gと十分な量を搭載しています。

一方、残念なことにCPUのコア数が開示されていません。

しかしお名前.comでは大きなメリットがあります。

それはドメイン料金が無料になることです。

ドメインとは.com, .net, .orgなどのサイト名になります。

このサイト名は通常年に1000円ほど掛かりますが、お名前.comでは無料になります。

名称お名前.com
メモリSSD
容量250G
CPU
バックアップ14日分自動バックアップ
SSL無料SSL
サポート24時間サポート
月料金720円
メールメール設定可能
ブログワードプレス
ショップショッピングカート
お試し15日間
ドメイン独自ドメイン

SAKURA internet

さくらのレンタルサーバーは残念ながらSSDやCPUのコア数が開示されていません。

しかし、料金は524円と非常に低料金が設定されています。

さくらのいくつかあるプランの中でライトの場合、ストレージは10Gですが料金はなんと131円になります。

それほどサイトのコンテンツが多くなく、訪問者も少ない場合はこのライトでも問題ないと思います。

名称さくらサーバー
メモリ
容量100G 
CPU
バックアップ手動バックアップ
SSL無料SSL
サポート24時間サポート
月料金524円
メールメール設定可能
ブログワードプレス
ショップ
お試し14日間
ドメイン独自ドメイン

スターサーバー

スターサーバーではSSDを搭載していますが、CPUのコア数が開示されていません。

一方、スターサーバーも低料金が魅力です。

プランではスタンダード、ライトとエコノミーがあります。

スタンダードではストレージメモリが100Gで月額400円。

ライトではストレージメモリが50Gで月額200円。

エコノミーではストレージメモリが10Gで月額120円になります。

コンテンツの内容が多くなく、訪問者がそれほど多くない自社紹介サイトを検討されている方に向いているかと思います。

名称スターサーバー
メモリSSD
容量100G
CPU
バックアップ
SSL無料SSL
サポート
月料金400円
メールメール設定可能
ブログワードプレス
ショップショッピングカート
お試し14日間
ドメイン独自ドメイン

ロリポップ

ロリポップはSSDストレージメモリ容量の大きさと低料金が魅力的なサーバーです。

ストレージメモリ容量はSSD 250Gで月額500円です。

一方、残念ながらCPUのコア数が開示されていません。

さらにスタンダード、ライト、エコノミーではそれぞれ150G, 100G, 20Gで、料金は500円, 250円, 100円になります。

名称ロリポップ
メモリSSD
容量250G
CPU
バックアップ自動バックアップ
SSL無料SSL
サポート24時間サポート
月料金500円
メールメール設定可能
ブログワードプレス
ショップショッピングカート
お試し10日間
ドメイン独自ドメイン

アマゾン Lightsail

アマゾンのlightsailはストレージメモリがSSD 20Gで、CPU1コアと限られていますが、低料金が魅力的なサーバーです。

3.5ドルから使用することが可能です。

サーバーは見る人に近い方が表示速度が速くなります。

アマゾンのLightsailはアメリカ、インド、ロンドン、シドニーなどの世界中にあるサーバーを自分で指定することができるので、外国向けのサイトを構築する場合はLightsailが良いかと思います。

私もLightsailでサイトを構築した経験がありますが、英語表記があったり、設定の情報が少なかったりと初心者が構築するには障壁が高いかと思います。

このため、私が立ち上げ方をまとめたので参考にしてみてください。

名称アマゾンLightsail
メモリSSD
容量20G
CPU1コア
バックアップ自動バックアップ
SSL無料SSL
サポート
月料金3.5ドル(約400円)
メール
ブログワードプレス
ショップ
お試し1ヵ月
ドメイン独自ドメイン

まとめ

おすすめはコアサーバーです。

その名の通りCPUコア数は64つ有しており、SSDメモリも400Gと十分な量があります。

しかも大手企業のGMOが運営しているので安心です。

また30日間無料で使用することができます。

申し込みは下記からどうぞ。

アフィリエイトのやり方については下記を参考にしてください。

アフィリエイトのツールに関しては下記の記事をどうぞ。

この記事の執筆者:ユウ

IT企業に20年以上勤務。行ってきた仕事で奨励賞やGrand Awardを受賞。博士号取得。現在、マネージャーとして勤務し、外国企業とのやり取りを英語で行いながら開発を進めている。個人のサイト運営も20年ほど行っており、年に約100万円程度の収益のあるサイトに育てる。現在、クラウドシステムはアマゾンAWSを使用しており、AWSや役に立つサイト運営情報も発信中。AWSに関する情報発信ではグーグルトップページで表示。

副業
ユウカレッジ
タイトルとURLをコピーしました