AWS 証明書の発行 LightsailやEC2での方法を分かりやすく紹介。

パソコンと認証

LightsailやEC2での方法を分かりやすく紹介。

Lightsailと、EC2の証明書の発行のやり方について説明します。

Lightsailのおおまかな手順は下記になります。

EC2の場合は1)~3)までになります。

証明書の発行手順

1)証明書のリクエスト

2)ドメイン名入力

3)Route53でのレコード作成

4)Lightsailで、名前と値の入力

まずはAWSのマネジメントコンソールを開きます。

下の方のCertificate Managerをクリックします。

検索で Certificate と入力してもOKです。

右上の地域がバージニア北部になっていることを確認し、証明書のリクエストをクリックします。

パブリック証明書ののリクエストをクリックします。

次にドメイン名の入力を行います。

ドメイン名がwww.example.comの場合、

example.comと、*. example.com の2つを必ず入力してください。

DNSの検証を選択、続行をクリックします。

下記の画面で2つの▶をクリックします。

EC2のみRoute53でのレコード作成をクリックします。Lightsailの場合は行いません。

もう一方でも、同様にEC2のみRoute53でのレコード作成をクリックします。 Lightsailの場合は行いません。

EC2の場合は以上で完了です。

Lightsailの場合は、以下を進めます。

下記の赤い部分で示した名前と値をLightsailのDSNにコピーペーストで入力するため、Lightsailのページも開きます。


Lightsailのネットワークをクリックし、下の赤枠の自分のサイト名をクリックします。

下記の画面が現れますので、レコードの追加を行います。

CNAMEレコードを選択します。

サブドメインに名前、マップ先に値をコピーアンドペーストします。

名前のコピーアンドペーストの際には、サイト名が2つになってしまうので、一つを消してください。

*******************.example.com.example.com ➡ *******************.example.com

入力後、右の緑チェックをクリックします。

下記のようになります。

入力後、証明書のリクエストに戻り、右下の続行をクリックします。

30分から1時間程度で発行済みと表示されるはずです。

もし、1日以上たっても発行済みにならない場合は、どこかで間違っている可能性があるので、もう一度やってみてください。

Certificate vector created by fullvector – www.freepik.com