AWS 証明書の発行 LightsailやEC2で分かりやすく説明

パソコンと認証

AWS 証明書の発行 LightsailやEC2で分かりやすく説明

Lightsailと、EC2の証明書の発行のやり方について説明します。

Lightsailのおおまかな手順は下記になります。

EC2の場合ははじめの3つまでになります。

  • 証明書のリクエスト
  • ドメイン名入力
  • Route53でのレコード作成
  • Lightsailで、名前と値の入力

AWS 証明書のリクエスト

まずはAWSのマネジメントコンソールを開きます。

下の方のCertificate Managerをクリックします。

検索で Certificate と入力してもOKです。

右上の地域がバージニア北部になっていることを確認し、証明書のリクエストをクリックします。

パブリック証明書ののリクエストをクリックします。

ドメイン名の入力

次にドメイン名の入力を行います。

ドメイン名がwww.example.comの場合、

example.comと、*. example.com の2つを必ず入力してください。

DNSの検証を選択、続行をクリックします。

下記の画面で2つの▶をクリックします。

Route53でのレコード作成

EC2のみRoute53でのレコード作成をクリックします。Lightsailの場合は行いません。

もう一方でも、同様にEC2のみRoute53でのレコード作成をクリックします。 Lightsailの場合は行いません。

EC2の場合は以上で完了です。

Lightsailで、名前と値の入力

Lightsailの場合は、以下を進めます。

下記の赤い部分で示した名前と値をLightsailのDSNにコピーペーストで入力するため、Lightsailのページも開きます。


Lightsailのネットワークをクリックし、下の赤枠の自分のサイト名をクリックします。

下記の画面が現れますので、レコードの追加を行います。

CNAMEレコードを選択します。

サブドメインに名前、マップ先に値をコピーアンドペーストします。

名前のコピーアンドペーストの際には、サイト名が2つになってしまうので、一つを消してください。

*******************.example.com.example.com ➡ *******************.example.com

入力後、右の緑チェックをクリックします。

下記のようになります。

入力後、証明書のリクエストに戻り、右下の続行をクリックします。

30分から1時間程度で発行済みと表示されるはずです。

もし、1日以上たっても発行済みにならない場合は、どこかで間違っている可能性があるので、もう一度やってみてください。

まとめ

めんどうなところがありますが、慣れればうまくできるようになります。

Lightsailの使い方は下記の記事を参考にしてください。

WinSCPによるAWS EC2への接続は下記の記事をどうぞ。

Tera TermによるAWS EC2への接続は下記の記事を参考にしてください。

AWS EC2のSSL化、HTTPS化は下記の記事を参考にしてください。

この記事の執筆者:ユウ

IT企業に20年以上勤務。行ってきた仕事で奨励賞やGrand Awardを受賞。博士号取得。現在、マネージャーとして勤務し、外国企業とのやり取りを英語で行いながら開発を進めている。個人のサイト運営も20年ほど行っており、年に約100万円程度の収益のあるサイトに育てる。現在、クラウドシステムはアマゾンAWSを使用しており、AWSや役に立つサイト運営情報も発信中。AWSに関する情報発信ではグーグルトップページで表示。

プログラミング
ユウカレッジ
タイトルとURLをコピーしました