アメリカ株価の今後!

アメリカ株価の今後の予想と見通しについて知りたいと考えておられると思います。

私はアメリカ株で金融資産1憶円を達成することができました。アメリカ株による配当金で経済的自由も得ています。

今回、アメリカ株価の今後の将来性と見通しについて、またアメリカ株を所有することで得られるメリットとデメリットなどについても話したいと思います。

アメリカ株価の今後の予想!

下記はアメリカの株において主要500銘柄を用いた株価指数S&P500を示しています。

このようにアメリカの株は10年に1回程度下がる時がありますが、その後必ず力強く回復し上昇をし続けています。

たとえば1985年にアメリカの株を買ってさえすれば、約30年後の現在のその価値は19倍にもなっているのです。

1000万円持っていれば1億9000万円に増加です。

テンバガーどころの話ではなく、非常に魅力的なゲインであることが分かります。 

アメリカ株価

一方で以下は日経平均株価です。

同様に考えてみると、増加はほとんどありません。

リーマンショックの落ち込みから見てもせいぜい2倍から3倍です。

このように日本株と比較し、アメリカ株価の予想と今後の見通しは、非常に有望であることが考えられます。

日本株価

アメリカ株価がアメリカの人口増加によって影響される

下記はアメリカの人口の推移を示しています。

アメリカの人口は下記のように増え続けていることが分かります。

2006年には3億人を突破しました。

これは他国からの移民が増加しているためです。

メキシコの人口を見ても分かりますが、メキシコの人口の増加とほぼ一致しています。

このようにアメリカの人口が増加することで、モノやサービスの需要が比例して増大します。

これに従い、アメリカ企業の利益も増加し、株価の上昇も期待することができます。

アメリカ人口

一方、下記は日本の人口を示しています。

日本の人口は1990年から飽和しており、2010年からはむしろ減り始めています。

このように日本の市場はほぼ飽和していることが考えられます。

このアメリカの人口と日本の人口を比較すると将来の市場の伸びという意味ではアメリカが圧倒的に有利であることが予想されます。

日本人口

アメリカ株価は自社株買いにより上昇

アメリカの企業は日本の企業と比べ高ROE*の企業が多く、企業の理念として株主への還元を最優先としています。

*株主資本でどれだけ利益を得たかという指標

このため企業は配当だけでなく自社株買いを行い、株価の増加を行うことで株主への還元を行っています。

自社株買いとは、企業が自らお金を出して自分の企業の株を購入することです。

こうすることで、株価を上昇させ、株主に還元するのです。

アメリカ株における自社株買いの詳細は下記を参考にしてください。

まとめ

アメリカ株価の見通しを述べました。

今後もアメリカの株価は力強く上昇していくものと思われます。

その理由はアメリカにおける人口増加、さらにマクドナルド、アマゾンやグーグルなどの優良なビジネスにおける自社株買いです。

さらに現在、ドル高に移行しつつありドル資産をもつことが何よりも重要になってきています。

このようにアメリカ株価は今後も有望であることが予想されます。

アメリカ株におけるおすすめの有望銘柄の記事は下記を参考にしてください。

アメリカ株の選び方は下記を参考にしてください。

アメリカ株を複利で行う方法は下記の記事を参考にしてください。

この記事の執筆者:ユウ

投資歴20年以上。アメリカ株(米国株)をメインに投資を行っており、世の中に役に立つ情報の発信を行っている。アメリカ株、日本株、REIT、外国通貨の投資運用を経験。ボロアパート住まいから、投資額として数億円を運用するようになる。経済的自由を得ながら質素な生活を楽しみつつ、世の中のためになるしくみを構築中。

アメリカ株への投資
ユウカレッジ
タイトルとURLをコピーしました