アメリカの企業ランキング!有名企業は?

アメリカの企業ランキング 1位 – 10位

アメリカ企業のランキングを時価総額で行いました。

トップ30位についてご紹介します。

それでははじめにトップ10です。

順位企業名ティッカー時価総額 億ドル
1Apple IncAAPL24723
2Microsoft CorporationMSFT18793
3Alphabet Inc Class CGOOG13673
4Alphabet Inc Class AGOOGL13673
5Amazon.com, Inc.AMZN12920
6Tesla IncTSLA9154
7Berkshire Hathaway Inc. Class BBRK.B6134
8Facebook, Inc. Common StockFB4115
9NVIDIA CorporationNVDA3270
10Johnson & JohnsonJNJ4242

トップ10は超有名企業ですね。

時価総額も桁が大きすぎて、もうよく分からない数字になっていますが、1位のアップルは約200兆円になります。

昔WindowsによってApple PCが縮小しました。携帯も同様な結果になるのではないかと考えましたが熱烈なファンによって支えられていますね。

さらにAppleTVなどの事業の多角化を進めています。

2位のマイクロソフトは、AZUREのクラウドビジネスで大きな成長をしています。

5位はアマゾンです。クラウドビジネスのAWSや広告事業の成長期待大です。さらには処方箋の配送ピルパックや、ロボット掃除機のアイロボット買収などまだまだ成長にかげりが見えません。

3,4位のアルファベットはグーグルですね。誰もが必要とする検索サービスを永続的に提供できる企業と考えます。クラウドビジネスも少しづつですが成長しています。Youtubeも圧倒的です。 誰もがかじりついて見ていますね。さらに動画も有料配信するようになり、ますます収入の増加が見込まれます。(株が2つに分かれているため、このような順位になっています。)

10位のジョンソンエンドジョンソンは、ベビーパウダーの訴訟で揺れていますが、別会社にすることで本体に影響がないようにしています。なんとか生き延びそうです。

アメリカの企業ランキング 11位 – 30位

以下にトップ11 – 30位までリストアップします。まだまだ超優良企業が並びます。

順位企業名ティッカー時価総額 億ドル
11UnitedHealth Group IncUNH4807
12Visa IncV4131
13Exxon Mobil CorporationXOM3973
14JPMorgan Chase & Co.JPM3418
15Procter & Gamble CoPG3296
16Mastercard IncMA3145
17Walmart IncWMT3670
18Home Depot IncHD2845
19Pfizer Inc.PFE2592
20Bank of America CorpBAC2732
21Coca-Cola CoKO2615
22Verizon Communications Inc.VZ1753
23Adobe IncADBE1724
24Walt Disney CoDIS2037
25Comcast CorporationCMCSA1477
26Oracle CorporationORCL2026
27Cisco Systems IncCSCO1812
28Intel CorporationINTC1203
29AT&T Inc.T1199
30Paypal Holdings IncPYPL1099

14位の JPモルガン・チェースは銀行です。米国で時価総額No1の銀行です。

20位のバンク・オブ・アメリカも銀行になります。

12位のビザ、16位のマスターカードは世界でクレジットカードのサービスを展開しています、最近では中国でのサービスも開始しました。

21位コカコーラは言うまでもありませんね。最近では得られた利益でイギリスコーヒーチェーンのコスタを買収しました。アルコール飲料にも参入し始めており、コカ・コーラはまだまだ成長しています。

24位のディズニーは今後、 Disney + を立ち上げ、ストリーミング事業に乗り出すので気になるところです。ピクサー、スターウォーズ、マーベルなどの優良コンテンツを有しています。また、FOXの買収も終え、コンテンツの拡充を行いました。

全く関係ありませんが、今回、FOXから出るアリータバトルエンジャルは、およそ25年も前の日本の漫画、銃夢が原作です。

優良なコンテンツは、淘汰されずに残っていくのですね。

29位 AT&Tは通信事業を軸としていますが、最近では成長性が期待されています。通信事業においてはアマゾンのインターネット事業参入に対し、なんらかの対応を迫られるでしょう。

まとめ

アメリカにおける有名企業ランキングについてお話ししました。

しかし企業の実際の価値を時価総額だけで判断するのは危険です。

私たちが良く使うサービス、商品を永続的に提供している企業が重要と考えます。

米国株における有望銘柄の記事は下記を参考にしてください。

米国株の選び方は下記を参考にしてください。

複利で運用することで資産を大きく伸ばすことができます。詳細は下記の記事を参考にしてください。

この記事の執筆者:ユウ

投資歴20年以上。アメリカ株(米国株)をメインに投資を行っており、世の中に役に立つ情報の発信を行っている。アメリカ株、日本株、REIT、外国通貨の投資運用を経験。ボロアパート住まいから、投資額として数億円を運用するようになる。経済的自由を得ながら質素な生活を楽しみつつ、世の中のためになるしくみを構築中。

アメリカ株への投資
ユウカレッジ
タイトルとURLをコピーしました