アリババ 株価 AliExpressでアマゾンを猛追!

アリババ 株価 AliExpressでアマゾンを猛追!

アリババは主にB2Bの企業間電商取引Alibaba.comを運営していますが、下記のように多くの事業を有しています。

トレンドの事業はほぼ有しています。

  • オンラインショッピングのTaobaoやTmall (楽天に相当)
  • オンライン決算のアリペイ
  • クラウドビジネスのアリババクラウド
  • タクシー配車サービスの滴滴出行 (Didi Chuxing)
  • 動画サービス 優酷-土豆 ( Youku-Tudou, Youtubeに相当)
  • インド通販大手のSnapdeal、東南アジア通販大手のLazada
  • ネット出前

Taobaoサイトより

以下アリババの株価を示します。

2018年後半に、Tencent株の下落や、アメリカとの関税合戦によって大きく株価を下げましたが、最近はだいぶ持ち直しました。

PERは52と高値です。Amazonの80に比べればまだいい方です。

配当はありません。

中国企業ですがニューヨークにADRとして上場しているため、楽天で買い入れ可能です。

アリババはだいぶお世話になりました。

2015年当時は、売り上げ、利益ともに爆上げだったのですが、なぜか人気がなく、安値で放置されてていたため、1株70ドル程度で全力で買い入れました。

そして、株価が2倍から3倍になり、2018年9月の少し落ち始めた時点で売却を行い、数百万円の利益を得ることができました。

アリババ収益と今後

アリババの売り上げと利益を示します。

売り上げが、まだまだすごい勢いで上昇しています。2018年と比較し、2020年では売り上げがほぼ倍になっています。

中国の景気減速という言葉からは想像できない売り上げです。

利益も上昇していますが、もう少し増加が欲しいところです。

アリババのすごいところは利益率で40%近くにもなるところです。

現在、中国都心部の市場飽和から、クラウド事業やエンターテイメント事業にに力を入れており、クラウド事業では84%の伸びとなりました。

また、先ほど述べたようにインドや東南アジアに力を入れています。

インドではオンラインマーケットや電子決算のPaytmや、食品オンライン販売のBig Bascket、物流プラットホームのXpressbeesに投資しており、今後も業績が拡大していくものと思われます。

先日、アマゾンは中国から撤退することを発表しました。

アリババと、JDドットコムが82%のシェアを占めており、中国勢の牙城を崩すことができなかったようです。

また、下記のようにインターネットモールAliExpressを世界へ広げています。

アリババのInvestor Presentationはこちら

ただ、Tencent株が中国政府のゲーム規制によって大きく下落したように、中国株は中国政府よる影響が大きいです。

なかなか手を出しにくい銘柄ですが、 また、機会があれば買いたい銘柄ですね。