AI人工知能ができること。身近な内容から最先端の内容を徹底解説!

AIで今どんなことが実際にできるのか知りたいと思います。

私はサイト運営で年間100万円以上稼いでおり、現在、世界のトップIT企業で働いています。

今回、AIでできることについてお話しします。

TickTokはニュースのおすすめからはじまった

みなさんご存じのTickTockはバイトダンスという会社によって運営されています。

このバイトダンスは実はニュース配信から始まりました。

しかしただニュース配信するだけでは他の企業と変わりはありません。

そのため、バイトダンスは視聴者の好みに合わせてニュースを配信できるようにしました。

AIを使って視聴者の好みを判別できるようにしたのです。

このニュース配信によってバイトダンスの会社は大きく成長することになります。

そしてこのAIの技術を動画にも応用しました。

これがTickTockになります。

TickTockでは視聴者の好みに合わせておすすめの動画を提供できるようになりました。

視聴者の好みに合わせた動画を提供できるようになったため、爆発的にTickTockを使用する人が増えたのです。

このようにバイトダンスはAIにより人の好みを抽出することで大きな成長へとつながったのです。

Fronteoではメールやチャット、音声通話をAIで監視

最近話題の日本におけるAIの企業ではFronteoという会社があります。

この企業ではメールやチャット、音声通話において違法な言葉が使われていないかAIで監視するサービスを行っています。

監視される側はあまり気分がよくありませんが、内部不正行為や情報漏洩を防ぐことが可能になります。

このサービスはマイクロソフトのクラウドであるアジュールに搭載され、いつでもどの会社でも使用することが可能になりました。

この技術は三菱UFJモルガンスタンレー銀行などの多くの銀行で採用されはじめています。

人間が膨大なメールやチャットのやりとりを監視をするには限界があります。

このようにAIは人間では対応しきれないような膨大な仕事をしてくれるようになったのです。

中国のAI企業

中国においても多くのAI企業が誕生しています。

しかし、収益においてかなり厳しいのが現状です。

先日、中国においてとある医療系のAI企業が上場しましたが、株価がさえない結果になりました。

その理由は利益がほとんど出ていないためです。

この企業は眼底をAIで診療するサービスを行っています。

株価にその期待が反映されなかったのはこれまでに上場してきたAI企業も同様に利益が出ていないためです。

まとめ

AI自体はとてもすばらしい技術です。

しかし、目的はAIを使うことではありません。

社会を解決する目的が先にあり、その目的を効率よく達成するためにAIが存在することを認識する必要があります。

先に述べたようにAIは人間にできないような膨大な仕事をしてくれます。

社会の問題を効率よく解決をするためにAIの良さをどのように組み合わせていくかがカギとなります。

AIを学びたい方は下記の記事をどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました